ベーグルの穴から見えた日記

Happy Thanksgiving!

サンクスギビングデー(感謝祭)が明日に迫りました。つまり、社会人的に言いますと、待ち焦がれた休日というわけです。

気がついたことは、サンクスギビングってやっぱり大きな行事なので、今週はもう、みんな浮き足立ってるってこと。街中でも、「あなたはサンクスギビング、どうするの?」という話題をあちこちで耳にします。日本のゴールデンウィーク前みたいな気分なのかなあ? 一応家族行事の日なので、実家に帰るという人が大半だけど、連休を利用して旅行に行く人も。
それから、感謝祭というだけあって、みんなこの機会に、いろんなことに感謝の意を表明したりするようです。私も、この国に来てから出会ったすべての人に、感謝を表明したいと思います。

私はといえば、今年は我が社の社長のおうちにお呼ばれしておりまして、10数名でのパーティです! 社長がターキーを仕込んでるそうです。わくわく!

社長宅に行く前に、午前中のサンクスギビングパレードの時間に起きられたら、テレビでその模様も見ることにします~。Macy's主催のこのパレードに備えて、前日の今日、セントラルパークで様々なキャラクターの巨大バルーンにガスが注入されて、今頃はぷかぷか浮いているはずです。(アメリカに来て最初の年に、見に行った時の記録がこちらにあります。この年は、なぜか教会で伝統的サンクスギビング・ディナーもごちそうになったのでした~。)

パレードでは、バルーンたちが、セントラルパークからMacy'sまで順番に下ってきます。


しかしながらその一方で。

サンクスギビングを待たずして、街中のクリスマス用デコレーションも、今週に入ってどどんと増えました!

003_20091126135744.jpg

この画像は、今週じゃなくて先週のいつかにMacy's前で撮ったものです。月曜だったかな? クリスマスの準備中! 街のクリスマスの様子こそ、もっと撮っていたらよかったんだけど、そこはそれ、あすかまるですので、ご容赦くだされ・・・。

それから、ロックフェラーセンターに毎年飾られる、大きなツリー。今年の点灯式は、来週の水曜だそうです。点灯式には行かないけど、毎年いちどは観に行ってます。使用する木も毎年厳選されているし、装飾用の電気の様子も毎年少しずつ違う趣があります。そして毎年、大きさと迫力に、感動しちゃいます。
街の様子におされるようにして、私も、mp3プレイヤーにクリスマス用の音楽を入れて、聴き始めました!

ああ! イベント満載、街中が魔法にかかったみたいに浮かされていて、NYの冬は、ほんとに楽しいのです! (寒いけど。)

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

NYでモツを食らう

現在NYは、日曜から、月曜に日付が変わっちゃった夜中です。なんだかんだやってると、すぐに週末は終わってしまい、「さあー、そろそろ寝ようかなー・・・げげ、日記書いてない!」というパターンに陥ることが多い、今日この頃です・・・。

別に日記をさぼっても、誰に怒られるわけでもないんで、寝たけりゃ寝りゃあいい話なんですが、しかしながら今日は、おいしい記録を残しておかなくてはならないので、ちゃちゃっと書くのです!

004_20091123142051.jpg

この、豚のマークが、ぶた好きの私にはたまりません。このお店、Hakata Tontonという豚足とモツ鍋のお店。ずっと気になっていたこのお店に、とうとう行けてうれしい!

005_20091123142051.jpg

これは豚足を、スパイシーに味付けしたもの。皮のぱりっとしたところがおいしい~!

しかしながら、この日は2人で行ったので、あれもこれもと頼むわけにもいかず、早々に目的の品である、モツ鍋をオーダー!

モツ鍋、こちらです!!


007_20091123142051.jpg

・・・すみません、気がついたら、空になってました。ああーーー、わたしって、ほんとダメなやつ・・・!!

あちこちのきちんとしたNYブロガーの方が、こちらのお店のモツ鍋のお写真を撮ってますので、そちらを参考になさってください・・・。とほほ。

で、画像なしで感想書くんですけど、んまー、これがおいしいこと!! 出汁はカツオと鶏ガラでとっているそうですが、なんとまあ、モツとあいまって、いいお味になってます。
モツは、丸腸を使ってるらしく、ドーナツ型。あーん、モツ! モツが食べたかったのですー!!
味のしみ込んだ野菜もすごくおいしく、大満足。

しかし、鍋はこれだけでは終わらないのであった。
この鍋を食べきった後は、麺を投入することもできちゃうのです!!
味付けは2種類。スープを足して麺とニラを入れるか、麺にスープを吸わせて、すりごまを絡めるか。

最初は、迷った末にごま麺に狙いを定めていたのだけど、よそのテーブルのスープ麺を見たら、やっぱりあっちも、なかなかおいしそう・・・。で、いちかばちかで、「両方ってできますか?」と聞いてみたら、できるって!! やった!!
しかもこの段階でなぜか、スープ麺2人前、ごま麺1人前の計3人前食べることに決定。だって、せっかくの麺だしねー!

というわけで、1番、スープ麺!

010_20091123142051.jpg

おいしそうでしょう?
でも・・・、これは、実を言うと、あんまり好みじゃなかったのです・・・。韮に熱した油をじゃっとかけているとお店の人が教えてくれたけど、その油が強すぎて、ケンカしてるように思えたのです。

で、麺は半人前ほど鍋の中に残したままで、2番、ごま麺に移行してもらうことに。

全部お店の人がやってくれるので、興味しんしんで手元を見つめちゃいます。スープをだいたい煮詰めたところで、すごい勢いですりごまをどびゃっと入れちゃう! いやーん、おいしそう!!

011_20091123142051.jpg

こうしてできあがった、この一見汚らしくも見えるこの麺が、ほんっとに、ほんっとにおいしかったのです!!
ああ、やっぱり私の最初の勘は正しかったのね。でも、両方の麺を試せてよかった! 心残りはありません!

いや、まだあった!

014_20091123142051.jpg

デザートも、行っちゃいました。
抹茶の生豆腐と抹茶アイスクリーム。ほのかに杏仁の香りがする、抹茶豆腐。これまた、おいしいんですー。

NYに、こんな日本っぽいモツ鍋やさんがあるなんて、なんてすばらしいんでしょう! しかもおいしい! あの鍋を食べに、ぜひまた行きます。クセになる味です!!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

いつかのエンパイア

えーと、えーと、今週は何をしたんだったか・・・???

あれよあれよという間に、1週間が過ぎていきました。12月も毎年あっという間に過ぎるけど、11月もなかなかやるもんです。

001_20091116133234.jpg

いつかのエンパイアステートビル。老舗デパートのMacy'sのあたりからふと見上げると、エンパイアが真っ赤に染まっていたので、写真撮っておきました。

前にも言ったかと思いますが、エンパイアステートビルって、毎晩いろんな色になるんです。最近だと、ヤンキース優勝記念で青と白、とか。

で、この真っ赤はなんなんだろうなー、家に帰ったら調べようっと・・・と思ってて、何日も経っちゃったわけなんですけど、このサイトに行けば、さかのぼって調べることができますよ。

で、真っ赤の日はなんだったのかというと、11月9日(月)、Big Apple Circusのオープニングだったとのことでした。リンゴだから、赤なんだね、きっと!

なんでもない日はただの真っ白のライトアップで、そういう日のほうが多いんだけど、11月17日は、Radio Cityのオープニングで、白・白・赤のクリスマスカラーになるそうです! いぇいいぇい!

ああー、クリスマスもやって来ますねー。こちらはまだ、サンクスギビングという大物が先に控えているので、クリスマスの気配は全く見られませんが、私の心は、だんだんクリスマスに先走り気味です!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

私が歯医者に行く理由

もう11月・・・はやいものです。
NYの空気は、どんどん冬の気配を強めています。

というわけで、先週書いた記事に引き続き、「今週のケーキ」。
今週は、おめでたごとがあったので、めでたそうなケーキを探しておりました。

007a.jpg

で、見つけたのがこれ。ろうそくを吹き消して、明るくしたらこんなかんじ。(ちとロウが右下のところにたれちゃってる!)

012a.jpg

こちら、ユニオンスクエアのWhole Foodsで買いました、ストロベリーショートケーキです。

日本のケーキやさんでは、何はなくともショートケーキ、というぐらいに定番のケーキですが、驚くなかれ、アメリカでは日本人の感覚で通常思い描くようなショートケーキが、案外少ないのです。
一見似ているケーキでも、こってりバタークリームだったりして。

ところがこれは、とーっても花マル! 変にこてこてしてない、ちゃんと生クリームは、なめた途端に日本を感じさせますです。甘さの加減も、日本的だったんだな、きっと。イチゴが中にもたっぷり入ってましたー。丸い円筒形もまた、キュートですー。

Whole Foodsでは、もういっこチョコレートのケーキも買った。そっちはまだ食べてないんだー! はあー、ケーキっておいしいなあ!
(あっ、でも、毎日ケーキ食べてるわけじゃないですからね! 説得力ないかもしれませんが・・・!)

さて、ハロウィンはスキップした私でしたが、ハロウィン後のこの時期は、あちこちのおうちで、Trick or Treat!の残り物があふれる季節だということに今年気がついた。

職場のある人が、「うちの子、Trick or Treatingするだけしておいて、全然食べないからー」ということで、アメやグミをたんまり会社に持ってきてくれたかと思えば、人のおうちに行けば、「たっぷりお菓子を用意して待ってたのに、子供があんまり来なかったー」と言って、ボウルいっぱいのチョコレートやスナック菓子をすすめられたり。
職場に置いてある着色料たっぷりのお菓子は、アメリカ人の社員が、「なつかしー!」みたいな感じで反応していたので、ブログでレポートするのにもってこい・・・と一瞬思ったんだけど、職場でカメラ小僧やりまくるのもなんだしなあー、と自粛してしまいました。

それにしても、お子なのにお菓子に見向きもしないとは、しぶい嗜好ですなあ。子供の成長にはよくないから、おばちゃんが全部食べてあ・げ・る!
というわけで、それらのお菓子は、少しずつ、着実に、私の胃袋に収まっております。

職場のみんながそんな私を見て、「あすかが歯医者に行かなきゃいけないのは、このせいだ・・・」と言っております・・・。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

さらにニューヨークシティマラソン

午後2時になり、テレビ中継が終了しましたー。今テレビでは、今日のレースをじっくり振り返っています。
nycmarathon-map.png

NYCマラソン公式ページより、マラソンコースのマップです。
スタテン島からスタートして、ブルックリンを北上、私の住むクイーンズにちょこっと入って、そこからマンハッタンをさらに上り、ブロンクスにタッチしてセントラルパークに向けて走ります。セントラルパークについてからがまた大変! セントラルパークの中を散歩するだけでも、私には大変な運動なのに!

今年の男子チャンピオン、メッド・ケフレジ(Mebrahtom Keflezighi)は、アテネオリンピックで銀メダルを取ってる。・・・げげ、1975年生まれ、私とたったのX歳違い!

アフリカの小さな国、エリトリア出身の彼は、戦火から逃れるべく最終的に87年、家族でアメリカにやってきた。言葉の壁を乗り越えて学問に励み、98年には市民権取得。エリトリアと米国の二重国籍を持っているそう。(公式ページのバイオグラフィーより。)ゴール前では、胸のUSAマークを指し示していました。
男子は20数年ぶりにアメリカ人がチャンピオンに、そしてトップ10のうち半分がアメリカ人ということで、よろこび勇んでおります。(後で追記:半分より1人多い、6人でした!)

女子のチャンピオンはエチオピアの37歳、デラルツ・ツル(Derartu Tulu)、2位がロシアの41歳!
んまあー・・・すごいわ。でも、マラソンって、そういうところがまたいいんだよねー。
デラルツ・ツルさんも、1992年と2000年に1万メートルで金メダルを取っているようですね。わたくし、オリンピックというものには極めて疎いものですから・・・。

それから女子は、9位に加納由理さんが入ってます! 日本人がトップ10に入ってるなんてーーー!! すごい!!
私がテレビを見始めた時には、彼女はすでにトップ集団から離れていたので、走っている姿をリアルタイムで見ることはできませんでしたが、画面上のトップ10を知らせるラインに、日本国旗のマークと、Kanoという文字を見て、ドキドキしておりました!

そして、今、レースのハイライトを見ていると、なんと最初のほうで、転倒に巻き込まれてしまっていたようです・・・。
でも、加納さんについては、中継の中で何度も注目が集まっていたようです。日本人として初のトップ5を狙っていることももちろん、彼女の小ささについても! 確かに先頭集団で走っているのを見ると、その小ささが際立っている!
この人、ほんとに小さいなー・・・と思って公式ページを見ると、彼女の身長は、152センチ。げげ、私より大きい! 私って、すごく小さく見えてるのね・・・。

中継中にも言っていたけど、小さな者にとっては、フィールド競技は勝ち目がない。長距離は、その点いいのです。足が短くても、努力と戦略で、勝ち目が出てくる。自慢じゃないですが、私も中学生時代は、コロコロした身体を転がして、校内マラソン大会ではトップ10に食い込んでました。えっへん。

そんな規模の小さな私の思い出話はいいとして・・・。
トップランナーはみな、お昼前にゴールしちゃいましたが、その後2時まで何をテレビでやっていたかというと、今回NYCマラソンに参加しているランナーたちのいろいろなストーリーの紹介。今年は42,000人(一般ランナーは、希望者の中から抽選で選ばれます)が参加しているそうです。アナウンサーの人が言っていたとおりですが、いろいろな人が、いろいろな理由でこのマラソンに参加しているんです。

ああ、なんか、マラソンって、とってもいいな!
フルマラソンはとてもとても無理だけど、ハーフか、いや、10キロぐらいなら、ちょっとやってみたいかな・・・と、若干の興味がわいてきたりして。いや、たぶんうそですけど。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事