ベーグルの穴から見えた日記

ショック・・・

お仕事前に軽く日本のニュースをチェックしてたら、なんと女優の深浦加奈子さんが、S状結腸癌で25日、亡くなったそうです・・・。

深浦加奈子の名前を聞いてもぴんと来ない人でも、顔を見たら絶対見たことあるはず。
いろんなドラマに出てすばらしい演技をしていて、ほんとにすてきな人でした。
私は、この人の大ファンだったんです。

48歳・・・若い。若すぎる。

はあー・・・ショックです。でも仕事しよう・・・。

いいぞマリオ!

FI2616412_1E.jpg
ワシントンDCからNYに遊びに来た私のお友だち、Nさん。
で、今回はブルックリンをぐるぐる歩く1日に同行させていただくことに。ブルックリンにはずいぶんおしゃれでおいしいお店があるとの噂は、かねてから聞いていた。やっと今回、行って確かめることができる!

でもその前に、マンハッタンで腹ごしらえ。これまたずーっと行きたかった、OTTO Enoteca Pizzeria!
アメリカ版料理の鉄人のひとりでもある、マリオ・バタリのカジュアル・イタリアンのお店なのです~!

店名にもピザがついているぐらいだから、ピザは外せない。これ、ボンゴレ・ピザ! シンプルなチーズピザの上に、バターで蒸されたでっかいあさりちゃんが、殻ごとどっさり乗っている。こりゃあうまい・・・。貝の汁が生地に染みておいしく、生地の耳の部分がまた、おいしく・・・。
あさり、いやんってほど食べた。しあわせ・・・!

このピザを頼む、っていうとこまでは、わりに早く決まったんだけど、さてあと1品何にしようかというのが、結構悩んだの。
Nさんが「パスタは?」と言ったのだけど、マリオ・バタリのレストランBabboで以前食べたいまいちパスタの記憶が蘇り、ちょっと待ったーーー、と、懸念を表明してみた。あの衝撃は忘れがたい・・・。

でも・・・、やっぱり・・・、せっかくだから・・・、ということで、結局はパスタも1品頼んでみた。

FI2616412_2E.jpg
Penne alla Norma。トマトとなすとリコッタチーズのペンネ。

そしたら、あんた、これがまあ、大正解!!
アルデンテのむっちりペンネにソースがしっかりなじみ、なすはくたくたのくたくたになるまで油でじっくり炒められて、というより、もう痛めつけられて大変濃厚なお味になってて、それだって、バジルがきいているから、妙にさわやかなの!
それから、とってもとってもクリーミーな、リコッタソース! これまたヨーグルトのようになめらかで、さわやか。

お見事です。あの日の、黒パスタの悪夢を完全に忘れ去ることができた・・・! そして、選んでくれたNさん、ほんとうにありがたうーーーーーー!!

しかし、このお店に来た真の理由は、ピザでもパスタでもなく、この後にあるのだった・・・。

それは、ジェラート!

FI2616412_3E.jpg
フレーバーを3種類まで選べるので、ふたりで1つのジェラートを頼んでシェア、という選択肢も一瞬浮かんだが、お互いの望むフレーバーが選べないとケンカになり、今日1日を台無しにしかねないので、それぞれで頼むことに。

私はね、家でメニューを見て、3つのうち2つはもう決めてきたの。ソルト・キャラメル、バルサミコ・ストロベリー。そして、最後の1つに選んだのが、レモン・バジルのシャーベット。
Nさんも、2つまでは既に決めてあるという。オリーブオイル、チェリーラム。(ほらね、これでシェアなんかしたら、ケンカになりかねない!)そして最後の1つが、ネクタリンのシャーベット。

はあー、これがもう、ほんっとに、来てよかったなあ・・・な、お味。6種類、ぜんぶおいしかった!!(はい、しっかりひと口ずつ交換しました~)

ソルトキャラメルは、塩みというか、ほのかな苦味が大変によく、バルサミコ・ストロベリーは、うっとりするほどリアルなイチゴ。
びっくりしたのは、レモン・バジル。ちょっと飛び上がるぐらい、すっごく酸っぱいの!!! 1口目だけじゃなく、最後まで、食べるたんびに飛び上がりそうになるほどの酸っぱさ。ちょっとマリオさん、やりすぎ!! ・・・いやいや、これ、あくまでよい意味! よくぞここまでやった! バジルもちゃんと感じます。ストロベリーのジェラートとこのシャーベットを混ぜて食べるとまたおいしい。

ああー、こんなとこに、こんなによいイタリアンがあったのね。おいしいのもすばらしいが、何がいいって、こんなにちゃんとしてる割に値段が安い! 絶対また行くーーー!

で、あまりの満足度に放心状態になりながらも、ふたりは電車でブルックリンへ。
ブルックリンは、探索探索・・・というかんじで、すてきなレストランを見て歩くのがメインみたいになってしまったけど、かなりブルックリンの魅力を思い知った! すてきだ! また来なくては。(今度は腹ペコ状態で!)

FI2616412_4E.jpg
自分自身の備忘録も兼ねて記録しておくと、Atlantic Ave.駅で下りて、5th Ave.をぐんぐん南下、9th St.で右に折れて、Carrol Gardenのほうに向かおうとして、途中、人っ子ひとりいない工場地帯で路頭に迷ったりしながらもCarrolle St.経由で無事にSmith St.までたどり着き、そこからお隣に平行して走っているCourt St.とをじぐざぐしながら北上、再びAtlantic Ave.に着き、疲れてカフェにでも入りたいが、ふたりのお眼鏡にかなうほどにステキな場所でないと入りたくないのでAtlantic Ave.をずんずん歩くうち、スタート地点の5th Ave.にまた戻り、5th Ave.2周目の途中でやっとお店に入って休んだのです。(それが画像のコーヒーやさん。)

すみません、こんなことを書いても、ブルックリンに住んでる人以外誰も分からないとは思いますが、まあつまり、3時間半ぐらい、ぶっとおしで歩き続けたわけです! パンやケーキのお店を中心に、あちこちのチェックポイントをたどった結果、このようになりました。いいお天気で、気温は30度弱、少し暑いけどまあよい散歩日和でした!
FI2616412_5E.jpg
(右画像は、この日の数少ない収穫の1つ、Sweet Melissaのお菓子。オレンジのスコーン、ほのかな甘味とよい香り、おいしい~!)

そんな怒涛の行進の末に入った、西日差すコーヒーやさんの店内で私たちが話し合っていたこと。それは・・・。

「・・・ブルックリンブリッジ、歩いとく?」

だってだって、Nさんたら、私がこのニューヨークでいちばん愛している場所、ブルックリンブリッジを、歩いたことがないというのです!! ああ絶対に連れて行かなくては!

おいしいアイスコーヒーで十分に活力を入れた後、駅に向かう。最寄り駅は、A/CラインのHigh St.駅。ブルックリン側からマンハッタンに向かって歩くほうが、絶対にオススメなの。あーん楽しみ、そろそろ着く頃だわ、この駅かな・・・と思っていたら!

East Broadway駅、と書いてあるではないか!! それってつまり、いつの間にやらマンハッタン!! うそ、どうなってるの?!

実は、NY地下鉄お得意の路線変更攻撃により、Aトレインは、違うライン(Fライン)の線路を走っていたのだ・・・。
Nさんは、「全然いいんですよ、ブルックリンブリッジはまたの機会に」とやさしく言ってくれたが、ショックが大きく、しばしうなだれる私。だってだって・・・私が行きたかったんだもん!! あーん、最高のお天気、夕暮れの高層ビル群、うわーーん!!

あたしだっていちおうニューヨーク住民、ブルックリン旅のお供にしていただけたなら、少しは道案内に貢献できますぞ!・・・と思っていたのだけれど、ふたを開けてみれば、間違えてばかりで、むしろ足手まといになっていた私・・・なさけない!

しかも、ちっともお役に立ってない、犬・サル・キジにも劣る私なのに、数々のきびだんごまでもらってしまった! 私が前の日記に、「もちくいてえー」と書いたから、おすそわけしてくれたの!
なんというお気遣い・・・、あなたさまは桃太郎にも勝ります!!(私って、失礼千万・・・。)大事に食べます~!
Nさーん! 足手まとい、自分勝手、調子がいい、と3拍子揃ってる私と、また懲りずにあそんでね!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

久々のフラッシング

FI2616411_1E.jpg
肌に感じる強い陽射し、でもあくまでからりとして気温も30度には届かず、まっ青な空には夏らしい雲がもくもくと浮かんでいる。ねちねちと夕方~夜にかけて雨が降るパターンの多かったこの夏の天気を全部なしにしてあげたっていいと思いたくなるような、すばらしい夏の土曜日!そんな日に、超久々に、クイーンズの巨大チャイナタウン、フラッシングに出かけました。

引っ越したおかげでぐっと近くなったフラッシング、しかし、電車やバスに乗らずとも中華マーケットやベーカリーがあふれているご近所のせいで、かえって足が遠のいていた。
そんな私をひきつけたのは、「フラッシングに味千ラーメンができたらしい」との一報。
味千ラーメンとは、前にこのブログでも書いたことがあるけど、日本にもあるラーメン屋さんチェーンの支店で、ちぃちゃんという少女がひとりで切り盛りしている(嘘です、ちぃちゃんはただのキャラクターです・・・)。

NYではマンハッタンのチャイナタウンに支店があって、何度か行った。日本にいる時のように、値段的に気軽な気持ちで食べられるラーメン、とってもありがたい!

しかし。実は、引越しして遠くなった場所が、ユニオンスクエア以南のロウアーマンハッタン。最近とっても活気のある、おしゃれなエリアとして有名なロウアーイーストサイド、行けば新しい発見がいくつもあるだろうに、クイーンズからだと何だか遠く感じる。そして、ロウアーイーストサイドのすぐ南(というか、半分溶け込んでいるけど)が、チャイナタウン。すっかり行かなくなっちゃったなあー・・・。
そんなわけで、味千ラーメンもご無沙汰。

そんな味千ラーメンがフラッシングにあるなんて! ぜひ行かなくては!

出かけたのが遅かった上に、あちこち寄り道しながら行ったので、フラッシングに着いたのはもう夕方だったけど、日が暮れるのは7時半。まだまだ楽しめる!

FI2616411_2E.jpg
味千ラーメンがあるという場所は、大駐車場の前にそびえる、大きくて新しいビルの中だった。普段あんまり私が歩かなかった通りにあるので、このビルが建つ以前に何があったかは全く覚えていないのだけど、すっかりおしゃれな感じになっている。
ビルの1階の半分はフードコートになっていて、いくつかのお店が出店している中の1軒が味千ラーメンだった。屋外にもテーブルと椅子がたくさん設置されている。着いた時は、ビルの広場でパフォーマンス中だった。

ビルの中のフードコートを偵察。

FI2616411_3E.jpg
おしゃれ風味なパン屋さんもあるが、私の心を捉えたのは、これ。いやーん、懐かしすぎる、クレープのロウ人形!じゃないね・・・、これ、なんていうんだろう??? とにかくこの、サンプルのクレープたち!
ラーメンは夜ご飯なので、後でまた戻ってくるとして、今はクレープを食べよう!

生地を丸い鉄板の上に落として、クレープの焼ける甘いいい匂いがしてきた~。微妙に日本のクレープと作り方が違ったりして、興味深く眺める。生地をくるくる丸めてから、具を入れるんだよ? おもしろいー!
気のよさそうな青年店員が、威勢のいいおばちゃん店員に、「あんたこれ違うじゃないのー、だーめねえーまったく! しゃんとしなさいよ!(セリフは全て私の想像だけど)」と豪快に叱咤されている様子などを見ながら待つ。こういう構図、よく見るよなあ。

FI2616411_4E.jpg
そしてやってきたのがこれ。マンゴーと生クリームのクレープ! 受け取った時にあまりの重みにおののいたんだけど、食べてみると実際、生地が分厚い!
これは・・・クレープなのか?と突っ込みたくなったが、まあそこがまたおもしろく。

端っこのばりばりっとした、縁日のソフトせんべい(梅ジャムつけて食べるやつ・・・私はあれが大好き!!)のような食感にも、目を白黒させてしまったけど、中盤からは、溶けた生クリームと、マンゴーと、適度にふやけた分厚い生地が、三重奏を無事に奏でておりました~。
中の具も、後載せだけど、たーっぷり入ってます! 食べ応えありすぎ、でも、おいしかった!

マンハッタンにも原宿を彷彿とさせるようなクレープやさんができたんだけど、どうやらお値段もお高い・・・。私は、高いものはあまり食べません。でもここのクレープは、シンプルな味なら値段も良心的。

FI2616411_5E.jpg
さて、腹ごなしにいくつかのお店をめぐる。日本の100円ショップのグッズを多数取り揃えているBanzaiというお店で、すり鉢など買う。 外はすばらしい夕暮れ。さーて、そろそろあのビルに戻って、夜ご飯にするかな? ちなみにこの画像で左側に見えている炎のようなライトアップとカラフルなトップのビルが、その新しいビルです。

というわけで、味千ラーメン。(画像は割愛、以前の画像でお楽しみください~) マンハッタン店では可能な「Kotteriにしてください」が通じず、悲しかったのだけど、フードコートなので仕方ないかな。それでも、とっても満腹で、とっても満足!

どうやらこのビルの下の階には、いろんな造花を売っているお店があったようで、ぜひ行きたかったのだけど、気づいた時にはタイムアップで閉店。ぜひ次回!
やっぱり行けば見所があるフラッシング、ご近所にはない何かを求めて、ちょくちょく訪れなくてはいけませんな!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

NYの気象速報!

世界の皆様!!!
ニューヨーク州マンハッタンからお送りしております!!!

ニューヨークは現在、11日、午前10時半すぎです。
空が暗くなり、いきなりの激しい雷雨・・・と思ったら、な、なんと、ひょうが降っております!!!
ばちん、ばちんと、窓に氷のつぶがあたっております!!!

いっくら今年のNYは涼しいからといっても・・・真夏にひょうとは・・・

うっかり外にいたら、痛いだろうなあ・・・

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

パン屋でお餅

FI2616409_1E.jpg
今、毎日の通勤途中の私の心をとらえているお花はこれ。

名前が分からずにいたのですが、ひなたぼっこさんのブログの記事の中で最近見つけたこのお花と似てるなあと思ったのです。
そこから調べてみたら、やっぱり木槿(むくげ)でした。ひなたぼっこさんのおかげで名前が分かりました! ありがとうございます!(記事のリンクをしたことは事後報告ですみませんーー・・・)

最初つぼみを見たとき、あさがおみたい!と思ったの。でも、むくげはあさがおみたいなつるの植物ではなくて、もっとしっかりした低木で、私の身長よりちょっと高いぐらいの背丈まで、何にも寄りかからずにっかり伸びている。そして、葉っぱが青々お茂る中に、たくさんの花とそのつぼみがある。かわいい顔して凛として立っているその姿は、いつも私に静かなパワーをくれます。

それまで私の心の友だったアジサイのお花は、今はすっかり盛りを過ぎて、しわくちゃな大きな頭をうなだれているばかり。これを綺麗と言う人はいないだろうけど、それでも私は、「その節は毎日楽しませてくれて感謝してます、来年もまたよろしくね!」と心の中で声をかけながら歩いているのです。
うれしいなー、季節が過ぎるごとに、どんどん気にかけるご近所の草花が増えていって!(花とばかりしゃべっていて、生身の友だちを失わないように気をつけなくては・・・。)

FI2616409_2E.jpg
いきなりですが、これ。
なんだと思います?

お餅みたいでしょう? でもこれ実は・・・

パンなんです!

Dried Seaweedパンと名づけられたこれは、近所のお気に入りパンやでずっと前から気になっていたもの。でもパンの情報が少なすぎて、このゲテモノパンの購入をしり込みしていたのです。

例えば、中には何が入ってるのか、とか。両方の側面にたっぷりまぶされている、茶色いデンブのような形状のものは、どんな味がするのか、とか。お肉の何かであることは知っているんだけど、食したことがないので怖い・・・。

でも、買いましたよ、ほぼネタ作りのために! えらいぞ、私!

で、割ってみました・・・!

FI2616409_3E.jpg
わーお・・・。これは・・・。
パンだ! とってもシンプルな!

そして、中に入っていた具は、マーガリン。
やわらかく、そしてほの甘い(←中華のパンの特徴ですな)パンに、マーガリン。それは当たり前によい組み合わせだけど、そこに海苔が合わさることで、・・・・・・

・・・・・

・・・・マーガリンのついたほの甘いパンと海苔、でしかないぞ!!

さらに側面の茶色いデンブは、それはまあ別に取り立てて文句つけるようなものではなかったが、味が濃いわけでもないし、ほんのちょっとの量しかないので、基本的に飾り用だろう。

雲をつかむような不思議な気持ちで、私の逃しているかもしれない組み合わせの妙、パンの輪郭を必死で探索してる間に、パンは全て胃の中に消えていった・・・。
ああ、このパンの言わんとすることは、一体なんだったんだろう・・・。

しかもこのパン、限定品ではなく、私が引っ越してきてからずっと(だから・・・半年弱か?)、ちゃんと、ある。このパン、実は人気なのか?

今後は、このパンがいつか陳列棚から消えるのか、はたまたロングセラー商品となるのかどうかを、しっかり見続けることにいたします。

FI2616409_4E.jpg
中華パンつながりで、こちらは有名なパン屋さん、飛達西餅。
マンハッタンのミッドタウンにも支店を拡大しているこのパン屋さん、引越しする前からあちこちの支店にお世話になってきたが、引越ししたことで飛達までもがご近所さんになったからうれしい。

この日は、持ち帰り用のパンもたくさん買ったが、コーヒーとチーズデニッシュ、タロ餅(Taro Mochiってちゃんと書いてある!)をイートインで食す。

タロイモが芋だからなのかもしれないが、このタロ餅、見た目はそんなに巨大にも見えず、またお餅部分もやわやわで軽いように感じるのだけれど、1個食べ終えると、結構おなかいっぱいになる。あと、手に来る重さも、ずしんと重い!

パンの紹介、というか、いろんな意味でお餅の紹介と言ってもいいような今回の記事でしたが、私はやっぱり、純日本風の、しょうゆつけて海苔巻いたお餅や、きなこや砂糖醤油をつけて食べるお餅が、今とっても恋しいわーーー!
(でもお餅って、夏に食べるもんじゃないか???)

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事