ベーグルの穴から見えた日記

重曹すごいのだ!

bagel.jpg

いやー、マロニーの記事を書き上げた後、鍋購入をメインイベントとして出かけたはずが、チャイナタウンをうろついてあちこちでおいしいものをを買い込んでいたら、既に真っ暗。で、行きつけの日本食やさんでゴハンを食べて、帰ってきちゃった。まあよかろう、鍋は逃げない。

右画像は、名づけて「今日のサーモン丼」。
ほんっと、毎回のように盛り付けが違う。そして、デザインに合わせてゴハンの量を変えてるのでは、と思うぐらい、ゴハンの量も毎回違う。(今回はかなり少ない! しかも、今回の酢飯は、史上最強のすっぱさだった・・・。)友はひとこと、「ここって、ワンダーランドだね」と。そうだね、ここがほんとの、自由の国。

そんなワンダーランドのこのお店も、実は少し前に、サーモン丼を含む「ランチ&ディナーセット」が、一律5ドルから6ドルに値上がりした。
切ないが、仕方ない。だって、他のお店も、ここもあそこも、どこも値上げの嵐! ゴハンが少なくても、若干値上げしても、私はまだこのお店を愛しているぞ!

そして、家に帰ってのんびり。のはずが。
何がどうなったのか、いきなり大掃除が始まったの!!
bagel.jpg

それというのも、コイツのせい。→

ベーキングソーダ、つまり重曹です。
この前、ビスケットを作ろうと思い立って買ったこの重曹、しかしビスケット初回は、コイツのせいで苦い苦いビスケットが出来上がってしまい、そのことで彼を憎んだ時もあった。

しかし。
重曹って、なんだかいろいろ掃除にも使えるらしいよ、とルームメイトが熱心に調べ始めた。
ビスケットを焼くばっかりじゃ、いつになったら使いきれるやら分からないから、ちょっと使ってみようか・・・?

注:以下、掃除の話が始まりますが、画像は全くありません。今思えば、「使用前→使用後」をやってもおもしろかったのだけれど・・・。というわけで、チャイナタウンで拾ってきたネタをひとつ。
bagel.jpg

この画像のお菓子。何のお菓子だと思いますか?
「コアラのマーチ」
ですよね。ちょっとよく見てくれた方は、「漢字が書いてあるから、中国語版だ」とお気づきかもしれません。コアラ=小熊、です。

しかし、その答えはハズレです。解説は後で~!

さてお掃除。
最初は、コーヒーメーカーについた「しぶ」を落としてみることに。
うーん、落ちない。やはり漂白剤のほうが、つけておいたら真っ白!になるから、気持ちがいいなあ。やはり身体に無害なものが、掃除にもしっかり活用できるなんて、ちょっと話がうますぎるか・・・。

と、あやうく諦めてしまうところだったのだけど、あちこちやってみるうちに、使い方がなんとなくつかめてきた。そして、おもしろくなってきた!!

以下、あちこちのネット検索(重曹についてのページ、たっくさんあります~!)から得た知識と自分の体験を総合すると・・・
重曹を水で溶かすと汚れを引き離すための反応が始まるみたい。
といっても、水に溶ける量は多くないので、むしろ粒子も残したままで、研磨剤として使うことも可。

我が家って(というかアメリカのアパートはそういうとこ多いと思う・・・たぶん)、キッチンに換気扇がない。
bagel.jpg

うちは、風通しはとってもよいので、料理のニオイはすぐに消えるのだけど、料理の油分がね、キッチン中に飛んで、薄くこびりつくの。日本のキッチンで換気扇につくべっとりした油+ホコリの汚れが、全体に薄く拡散してるかんじ・・・。無理にこすっても、のびるばっかりで・・・。ううう。

それが、すっきり落ちた!!

特に、コンロまわりの一部は、かなり年代モノの汚れがたまっていて、何度も洗剤、もしくは、ちからワザで落とそうとしたけど、無理だったのだ。
なのに、重曹で、ちゃっかり落ちた!! すっごーい!!

ちゃっかりといっても、それなりの力が必要で、金ダワシを使ってこすった。そしたら、落ちた汚れがたんまり金ダワシに絡まってしまったので、この金タワシはもう捨てるつもりでやろう、とルームメイトと話し合う。
だけどね、私がドアをふきふきしていたら、ルームメイトの「ぎゃああーーー」という声。何かと思えば、さっきまでどろどろだった金ダワシが、いつの間にか魔法のように、新品に戻っていたのに気づいた歓喜の叫びだった。
すごい!! すごいぞ重曹!!
キッチンにおいてあるふきんも、キッチンのうすーい油分を拭くうちにべっとりすることは避けられず、それは絶対落ちないので、いつも捨てては新しいのを使っていた。私はそういうふきんの1枚を手に重曹を使って掃除をしてたのだけど、そういえば私のふきんも、もみ出すほどに、白くピカピカになってるじゃないか!
bagel.jpg

日付が変わってから始めて、1時間だか2時間だか夢中でやっていた。手垢なんかは、普通の洗剤でも落ちるかもしれないけど、重曹のほうが安くて身体にも安全! ドアとか、戸棚とか、きゅっきゅっとふくと、色を塗り替えたみたいに綺麗になる~!(どんだけ汚かったんだよ、っていうツッコミはなしで・・・。)

とりあえず、夜も更けてきまくりだから、今日はキッチン程度にとどめて、今後、重曹であちこちピカピカにしよう、とルームメイトと誓い合う。お風呂と、あとは脱臭だな。最近、冷凍庫がとっても冷凍庫臭くて、まいっていたのです。

最後に、重曹の弱点をほんの少々。
最初にトライしようとしたコーヒーメーカーのコーヒーしぶは、結局落ちず、漂白剤のお世話になりました。コーヒーの汚れも落ちるって書いてあるとこもあったんだけど、ガンコな油汚れと同じぐらい熱心に対処しても無理だったので、落ちない種類だと思われます。
コーヒーって、油じゃないもんね。

それから、私は問題ゼロだったのだけど、ルームメイトが、手がちょっとつっぱると言って、ハンドクリームを塗っていました。無害、といっても、いろんな反応を起こすから、素手で使って違和感感じる人は、ゴム手袋をしたほうがよいと思います。

しかし!! これはほんとのほんとにおすすめなのだ!! 私ほどの怠け者が、夜中に爆笑しながら何時間もお掃除しちゃうんだから、ほんとにすごいのだ!!

さて、お菓子の回答。正解は、「チョレート」のお菓子、「小熊の森」です。チョコレートじゃないよ、チョレートだよ。
お味は「口感プラス!」らしい。・・・どういう意味?
しかも、「小熊」と言いながら、どうみても中年の熊みたいなものが、ビスケットに書かれている・・・。絵の微妙さ加減があんまりかわいくて買ってしまおうかと思ったけど、止めて写真だけ拝借しました・・・。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

マロニー考

bagel.jpg

何だか脳みそがとろけていた土曜の朝・・・。
ウィークデイの間は、あれもやりたい、これもやりたい、時間がないから土日にきっとやろう、と思っているんだけど、いざなってみると全部忘れてるのはなぜ・・・?

昼に起きて、カレーライスを食べて、コーヒーを飲みながらパソコンをいじって、そしたら頭も少しはくっきりしてきた。曇っていた空にもお日さまが。

んー、これはいいタイミング! おでかけすっか!

で、画像は特になにってこともないんだけど、今週もまた質素ぎみだったもので、おいしい最新画像が全然ないのー!!
というわけで、数週間ぐらいさかのぼって、小ネタを見つけた。
上の画像は、コリアンタウンのチャプチェ。
bagel.jpg

そしてこれが、おうちチャプチェ。ゴハンにのっているから、チャプチェ丼ってことになるんだろか?

麻婆豆腐がほんのちょっこり余っていたので、そこにマロニーちゃんを入れて味を調えたもの。

マロニーちゃん、って、鍋に入れたりする。しらたきみたいだけど、しらたきほどぷるぷるしていなくて、もっと食べ応えがある。じゃがいもでんぷんが入ってるらしい。(マロニーちゃんの詳細は正式HPの「マロニーって何?」をどうぞ。)

あれっ、はるさめとしらたきって、何が違うの?

・・・今、軽く調べました。どうやら違うらしい。(これ、有名なんでしょうか?)

しらたき:こんにゃくの細いもの。
はるさめ:じゃがいもやさつまいものでんぷんで作ったもの。

原料がぜんぜん違うんだー!と思ったんだけど、こんにゃくだって、こんにゃくいも。しらたきとはるさめも、やっぱり親戚みたいなもんか?

春雨・・・白滝・・・、どちらもとっても綺麗な名前だ。
しかし、「はるさめを超えた」存在(HPより引用)であるマロニーは、美しいというより、愛嬌があるなあ。それにしても、我が家になぜマロニーちゃんがあるのか、それは謎なんだけど。

あっ、いかんいかん、貴重な土曜の昼を、マロニー考に費やしてはいかん!!
今は3時半、そして5時には暗いと考えると、数時間どころか1時間ちょっとしか残されていない。

さあでかけようー!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

なべる。

今週は質素に、と決意しただけあって、ほんとにしっかり質素なかんじでした。質素ながらおいしいもの、とか、安いのに豪華なおうちごはん、とか、毎食毎食エンジョイ。私ってほんとうに平和なよいこ!

ですから今日は、食べられないもののおはなし。

っていっても、ごはんつながりなのですけど・・・!

鍋購入を、検討中なのです。むふふ。
これまで、世の皆様がルクルーゼルクルーゼと盛り上がっているのは知っていたが、キッチン用品屋さんに行ってちょっと見てみるたびに、「高っ!! 鍋ひとつでこの値段、ありえないから!」と一蹴して今に至る。
bagel.jpg

しかし。友人によるルクルーゼ煮豚の実演&試食で、目覚めた。
これは・・・よい! よいものは、よい!
うちにある鍋では、こうはできない!!

何しろ、うちにある鍋ときたら。数は多いが、どれもこれも、年季もの! 私が来るよりもずっと前からこの家で活躍してた大先輩です。だからこそ、私が鍋から全部買い揃える必要がなくて、大変に助かったのだけど。いちばん使ってる大きな鍋なんて、底がべこべこだから! そのうちほんとに底抜けるんじゃないかってぐらい!
そういうわけなので、ここらでいっこ、ほんとに立派な鍋を買ったって、何もバチはあたらないんじゃなかろうか?

と、ここまで気負わなくては鍋ひとつ買えないあすかまるって・・・とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、ルクルーゼ、高いんすよ。ほんとに。泣けるほどに。

というわけで、昨日は初めて、「ほんとに買うぞ!」という気持ちでの下見に行った。(はい、まだ下見ですよ。悪い?)
bagel.jpg

・・・いやあー、高いね、ほんと。本気で行っても高いよ。買うけどね。しかし、うーむ。くじけそう。いや、買うったら買うけど・・・。
(右画像は、ルクルーゼのココットロンド・オレンジ色。かわいいんだけど、この色はお店にはなかった。)

ふと隣を見る。
買おうとしているルクルーゼと同じCast Iron Enamel、つまり鋳鉄ホーロー鍋。
Copcoという会社が、イタリアンのアイロンシェフであるMario Bataliと作ったシリーズらしい。値段を見ると・・・ぎゃっ、安い!!! 同じサイズがないから直接対決はできないけれど、ルクルーゼの半額だよ? しかも私がほしがっているオレンジ色があったもんだから、ルクルーゼより輝いて見えちゃったりもして。

とはいえ、ルクルーゼの下見に行ったのであるからして、そっちはろくろく見もせず、ルクルーゼをじっくり吟味。うーむ。高い。しかし、みんながよいと言うのだから、やはり高い分よいに違いない・・・。ルクルーゼを買う気はあるので、現物を見てサイズや色などよく検討する。
bagel.jpg

家に帰って、また熟考。
鍋についていろいろパソコンで調べている時、マリオの鍋がまたふと気になって、ちょいと調べる。

日本語の検索では、マリオの鍋を使ってる人の声は見つからなかったけど、Copcoというのは、やかんが有名なメーカーなんですね?
そういえばこのイチゴやかん、お店で実物を見て、おののいたわよ・・・。私、ぶつぶつがだめなの! やかんの趣味は私とはちょっとずいぶん違うな・・・。

しかし、マリオの鍋はとてもかわいい!
なんたって、マリオ・バタリがもう、かっこよく、かつ、かわい気のあるおじさんなのだ。私の愛するえめりん(Emeril Lagasse)もいいが、マリオもすてきだ。(私って、ふとったおじさんに弱いのかなあ?)
マリオのお店に行ったこともある(過去記事を見たら、あれは2006年の年末だったらしい! こういんやのごとし・・・!!)。
bagel.jpg

というかね、色味とか細かいことはよく分からんので、オレンジならルクルーゼでもマリオでも、どっちの鍋でもかわいいんだけど、店頭にあるルクルーゼはオレンジ以外の色が多い気がするから、安く買おうとすると、オレンジ以外の色を買う必要がありそうなんだもん。
(画像は、マリオ鍋のPersimmon色、つまり柿色って意味。そして、マリオの鍋の公式ページはこちら。オレンジ以外もなかなか素敵な色ばかりなのー!)

マリオ鍋に関する英語のレビューを読む。むむ? けっこう満足度が高そうだぞ? ルクルーゼとの比較でも、遜色ない、もしくはこっちのほうがよい、という意見も。
・・・ルクルーゼの半額なのに、ルクルーゼと同じぐらい使えるなら、こっちがいいんじゃない?
一気にマリオ熱が高まる。あーん、マリオの鍋も、じっくり見てくればよかったー!!

その一方で、鍋に当たり外れがあるみたい。悪いやつは、数回使っただけで、はげてきちゃうんだとか・・・。そう聞いちゃうと、Amazonで買うとすごく安いんだけど、見て買えないから心配だなあ・・・
ルクルーゼもよくよく調べると若干の当たり外れはあるみたいだけど、特に日本製ルクルーゼは、さらによく焼き込んであって錆びにくくなってるらしいので、日本語だとあんまり、はげちゃっただのさびちゃっただのという声は、あがってこない。

あーん、どうしよっかなあーーー!!!

マリオ鍋使ってる方、ルクルーゼ以外のメーカーの同じような鍋を使ってる方、やっぱ結局ルクルーゼがいちばんよ!という方、ご意見あればお聞かせください。でも、今のところは、マリオ鍋購入に心が向かっておりますが。

ところで。
遅まきながら、スカイプのカメラ、つけてみたよ。
これ、おもしろーい!! ちょっと照れくさいのと、常に顔が見えてるから一瞬の表情の変化まで相手に見られちゃうからどうなのよ、ってかんじはあるけど、まあすぐに慣れるでしょう。私とテレビ電話したい方ー、お電話待ってまーす、って、嘘です、恥ずかしいから受け付けてません!!

外食マシンガン

FI2616365_1E.jpg

いやあー、寝ているうちに過ぎてしまった先週末とは180度変わって、今週末は忙しかった!!

この数日間、最も働いてくれたのは、私の胃です。
新婚旅行帰りにNYに立ち寄ってくれたお友だち&ダンナさまと共に、連日の外ゴハン! しかも毎回、満腹まで食べちゃうもんね。大変です。

(ほんとに元気になっておいてよかったなあ・・・!!)

メキシコのリゾート地で大いに羽を伸ばした後に、NYで怒涛の3日間を過ごすことになった新妻も、「先にNYに来て、その後のんびりする計画にしたらよかった・・・」とぼやいていた。今頃は、日本へ向かう飛行機の中で爆睡中でしょう・・・。おつかれさまでした~。

というわけで、食べすぎで、いっこいっこ詳細レポを作ってる場合じゃないので、ばばっと、ね。

まず1日目夜。到着直後のふたりと、仕事帰りのNY組。待ち合わせて向かうは、韓国料理。写真はないけど、チヂミが激ウマのお店。石焼ビビンバも、おこげが見事にできていて、すばらしかったな。それからここの店のチャーハンは、私のお気に入りなのだ。
bagel.jpg

2日目夜。この日が一応、メインイベント。
というのも、NY組の3人、誰も彼女の結婚式に参加していないので、代わりに結婚祝いの宴を開くのだ! ・・・って、ただみんなでおいしいものを食べるってだけなんですけど。
宴会場(!)は熟考・協議の結果、Blue Hillというレストランに決定。
このお店、NY州の郊外、マンハッタンから電車で30分だか1時間だか走ったところに、牧場と畑を持っていて、そこにもレストランが併設されているのだけど、短期の旅行でそこまで遠出できないので、その同じ店のマンハッタン店。野菜や肉は、全て自分たちで作ったものなのだ。
(画像のひめリンゴは、食後に持ってきてくれた。おなかいっぱいだったので、持ち帰りして、家で撮りましたー。)

冬なので他の季節に比べてグリーンが少なく、根菜が多いとのことだったけど、それでも、野菜の本来の味がくっきり際立っていた。しっかり甘く、しっかり苦い。
それから、鹿肉(Venison)を初めて食べた! これまた絶品! 豚、子牛、ヒツジと頼んでみんなでそれぞれ味見した中でも、私がチャレンジした鹿肉がいちばん人気だった。中はほぼ生だけど、臭みなんてほとんどなく、やわらかい~。
違う季節に、違う野菜を食べに、また行ってみなくては。それから、電車に乗って1日がかりで、郊外のお店のほうに行ってみたいな。
bagel.jpg

3日目。何を食べるかあんまり決まってなかったのだけど、なんとなくスペイン料理。スパニッシュといえばあそこ!の、いつものお店

この日記のいちばん上に載せたスープの画像(ぼけてるんですが・・・)、ガーリックスープというものを初めて頼んでみたら絶品で、みんな目を白黒させていた。というかこのお店は、ほんとに何を食べても絶品!

白ワインのサングリアもうまい。イカのグリルもうまい。スパニッシュオムレツもうまい。
bagel.jpg

そして、もちろんパエリア。

スペイン料理やさんの写真ばっかりたくさん撮っているのには、わけがあって。
このお店、レストランエリアと、社交場エリアがある、変な店なのだ。普通の人はみな、社交場エリアを一瞬通って、レストランエリアに通される。メンバー用らしい(!?)社交場エリアは、テレビでスポーツをやっていて、厨房とも近くて、飾り気ゼロの机と椅子で、食堂のたたずまい。
今まで、照明が暗すぎてこのお店の画像を上手に残せなかったのだけど、なんと今日は、レストランにパーティーの予約が入ってるとのことで、「じゃあ社交場エリア(←とは言わなかったが)に座ってもいい?」と聞いたらOKとのこと! 蛍光灯の灯りがこうこうと点いた社交場エリアだったので、写真もきちんと撮れたというわけ!

私はスペインに行ったことがないのでただ阿呆のようにうまいと繰り返すばかりだが、スペイン旅行歴のある新妻の彼女が、「本場に匹敵するね!」と言ったから、間違いないよ。まあ、スペイン人が作って、スペイン人が普通に集っている店だから、当然なのかもしれないけど。ああすばらしいお店だ!

前日も3時ぐらいまであそんでいたのだけど、この日の解散も結局、朝の8時となりました・・・。というか、日本組は、そのまま帰国ね。
bagel.jpg

で、解散の直前、明け方に空腹を感じて向かったのは、眠らない街コリアンタウン。韓国料理2、でございます。

チャプチェと、辛いスープものを2つ。到着日の韓国料理は辛いものを避けるチョイスだったけど、この時は辛さ炸裂!! HOTでございました。

ああ、こうやって振り返ると、ほんとにまあよく食べたなあ、というかんじだ。
しばらくは、質素な生活をしなくてはなりません。これから1週間のおかずは、ここ数日の記憶と画像のみにしましょう!

雪が降ったら、「今日は寒かったから、夜ゴハンは、からーいお鍋よー(画像拡大をクリック)」みたいな!

ここのところNYはずっと、生暖かい日が続いていて、その気温の差で体調を崩していたところもあったように思うのだけれど、来週はまた雪がちのお天気。
冬は冬らしく、ばしっと寒くしてくれたほうが、気合いが入って元気に過ごせます。
(なんて言ってて、ドカ雪でぎゃふんと言わされる羽目にならなきゃいいけど・・・!)

あっ皆様も、拙日記の画像を夕食のおかずに使いたい場合は、商用の場合を除きご自由にお使いいただいてかまいませんからねー!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

私の2008年(ここまで)

FI2616365_1E.jpg

はー・・・
皆様、新年早々ご無沙汰いたしました。

えーと、2日の日付で大晦日のことやら書いてますが、今日は新年に食べたものを振り返りつつ、「私の2008年(ここまで)」をお送りいたします。

前回の日記で書いたとおり、新年は純和風。刺身盛り合わせが、なんと半額に値下がりしていたので、すかさず買ったのよー!
中トロは、1さく別買いして真ん中に盛り付ける。赤身も買っちゃう。この日は、やまかけまぐろ。冬だからか肥料をやらないせいか、元気のないうちのしそちゃんたちも、悪いけどちぎらせてもらって、入れる。しそちゃん、死んだりしないでね。今度土を増やしてあげるから~!
FI2616365_2E.jpg

元旦の夜はジャズを聴きに出かけたりして、1日しかない新年休みを満喫する。(まあそう言ったって、2007年から続きで考えれば4連休の最後の日なんだけどね・・・。)

(→画像は、Mitsuwaで買ったパックのうなぎにおしゃれして、立派などんぶりに仕上げる。んまいー!)

そして、翌2日からはお仕事お仕事。新年早々、仕事が立て込みまくりでおおわらわ。嘆くヒマもなく働く。しかし同時に、カゼ菌が私の身体の中で、次第に抗えないパワーを持ちつつあることにも頭の片隅では気づいていて・・・。
FI2616365_3E.jpg

(→画像は、高菜チャーハン。Mitsuwa、そして料理のうまいルームメイトよ、いつも誠にありがとう。)

無事に仕事を終えた金曜の夜から、土曜、日曜と、寝て過ごしましたさ。症状は、熱(風邪ひいたら39度超えが基本!の私のわりには地味なねつっぷりだったように思う・・・今、体温計がないんで、正確にはわかんないんだけど!)、それから若干の咳、それぐらいなんだけど、とにかく、眠いの! 眠っちゃうの! 昏々と!
数時間ごとに起きるんだけど、10分後ぐらいにはまた寝ちゃうもんだから、いちばんひどかった土曜日なんて、ほんとに1日中寝てるはめになった。
FI2616365_1E.jpg

しかし、土日を丸々潰して、月曜にはそこそこ復帰するように身体がセットされてる、私ってばサラリーマン。この月曜は、死なない限りやすめない、ってぐらい大変な日だったので・・・。
しかし、木曜ぐらいまでは、そこはかとなく具合が悪かったなあ。仕事はこなせるんだけど、歩いてる時にふわふわしたり、電車に酔いやすかったり、ごはんがあんまり食べられなかったり。

(→画像は、きんぴらー!)
FI2616365_1E.jpg

(→画像は、すきやき? すきやきふう、ですな。肉は電動ナイフで!)

・・・なんちって、画像を見る限り、結構いろいろ食べてるみたいだけどねえ! いやほんとに具合悪かったんだってばー!

でね、金曜ぐらいからはそれでもやっと、「んー、カゼもいいかげん疲れるし、そろそろ復活のほうに行ってみよっかな?」(byあすかまるの身体)みたいなかんじになってきた。
というのもねえ、金曜の夜には、日本から来た友だちとのスペシャルな企画が待っていたのですよ! カゼひいてられねえよ!

というわけで、それが昨日。おいしかったなー、でも画像はないんです。夜更かしして、昼過ぎに起きて、それが今で土曜の昼。今日の夜も、おいしいとこに行っちゃう予感。この辺の話は、また今度。

そんなわけで、波乱の2008年(ここまで)、無事に終われるのかな・・・。さらなるどたばたに、乞うご期待???

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事