ベーグルの穴から見えた日記

NYに和の風を

仕事忙しく、瀕死のあすかまるです。
みなさまはお元気でしょうか。

日本は相変わらず暑いようですね。
そんな中、これを言うのは、ある意味大変勇気のいることなんですが・・・言わないわけにはまいりません・・・。

さぶい!!!
さぶすぎる、NY!!!!!

ほんとです、ほんとなんです。今だって、夏用のノースリーブのワンピースからTシャツ&長ズボンに衣替えして、さらにフリースを羽織って、足が冷たくなってしまったので靴下も履いてるんです。
先週末から気温がぐっと下がって、最高気温でも21度なんて日が続いたのだけど、とうとう昨日(8月21日)のNYの最高気温は、15度・・・。最低気温の13度は、同日の観測史上最低記録の1922年の12度に迫る勢い。
今日はまた少しは気温を戻したけれど、まだまださぶいです。

もう秋なのか?!と思うと、また今週末は30度前後になる模様。・・・といっても、日本は40度レベルで騒いでいるわけですから、そこから考えたらむしろ「すずしい」と報告するほうがいいぐらいですよね・・・。


天気の話が長くなりましたが、で、なんでパスタなのかというと、実は先日、冷蔵庫が壊れまして。食べかけの箱アイス2つ、泣きながら捨てましたわ。(具入りのアイスだったので、捨てるのもひと苦労だった・・・くそう!) でも他にはまあ捨てるほどの被害は出なくて、すぐに空き家になっている他の階から中古の冷蔵庫が来たので事なきを得たのですが。

冷凍庫に大事にしまっておいたたらこちゃんたちが、全部解凍されてしまった!!!

というわけで、大量にたらこパスタを作ることと相成ったわけです。超たらこボリュームありまくりの、贅沢パスタソースになりました~。

で。


シソ。
私、言いましたっけ? ミントちゃんも順調に育っているのですが(アブラムシも最近つかなくなったのでとてもうれしい・・・! ミントスプレーをしたおかげかも)、シソ兄弟も仲間入りしたのです、が・・・、シソって何に使ったらいいやら、正直言って困っていたのだ。しかしこの日、ついにシソ兄弟の出番がやってきたのだ!!


んーー!!

ちぎりたてほやほやのシソ、なんてよい香り!!! こりゃあ、いろいろ使わなくっちゃ損だわね!
というわけで、シソを使ったおいしいもの、何かオススメあったら教えてくださいね~。あ、あくまでも簡単なやつでお願いします!!

で、日本ぽいものの話をしたので、ついでに日本っぽいデザートもおつけいたしましょう。


プリン&抹茶プリンです。
プリンも、ただのプリンじゃーございません! 「なめらかプリン」タイプのプリンです。
なめらかプリン、というのは、日本のパステルという会社の有名なプリン。名前がそのまんま特徴を表しているのですが、プッチンプリンのぷるんとしたのとは違って、ママのプリンの表面がしっかりしてるのとも違って、クリーミーな、ほんとになめらかな舌触りのプリンなのです。・・・って、私は実のところ、ホンモノのなめらかプリンは数回しか食べたことがないけど。

画像のプリンたちは、NYの日本食スーパーのケーキコーナーで買えるもの。ここのケーキは今までに何度か日記に登場してます。プリンもこんなにうまいとは知らなかった~。抹茶プリンのほうは、もっとババロアっぽいもの。身体が弱っていて、なめらかプリンの重厚なクリーミーさがうれしくない時は、甘さ控えめのこっちがとってもおいしい。

まあそんなわけで、最近、なめらかプリンのおいしさを再認識。そして、ひょんなことから、なめらかプリンのレシピが公開されていることを発見。むむ・・・これは・・・なかなか簡単そうだ・・・。

いっそ、自分で作っちゃう?


で、作りました。家じゅうの、ありったけのマグカップに!

お鍋にお湯をはって、蒸し状態にするんだけど、プリンがなかなか固まらない。レシピには大体15分前後と書いてあるのに・・・。あまりに不安なのでお鍋のフタをちょこちょこあけてはチェックして、あけすぎるのも多分いけないのだが、やめられず、そうこうするうちに20分が経過!

おかしいなあ、固まらないのには何か重大な理由があるのかも? と、あまりの不安に耐えられず、インターネットで「プリン 固まらない」とか検索をかけてみる。うーむ、やはり温度が低すぎるのが原因なのかなあ、・・・おお、ここんちのプリンはなかなかおいしそうにできてるなあ、へえーこんなプリンの作り方もあるのか・・・おもしろいもんだなあ、たかがプリンされどプリン・・・

はっ!!! 私のプリンは?!

その時既に、30分が経過。慌ててプリンを取り出したけど、時既に(かなり)遅し。味はすごーくおいしいんだけど、スが入っていて舌触りが悪いー! 真ん中の一部だけが、かろうじてなめらかプリン状になっていた・・・。
思うに、20分経過の時点で、あとほんの1分、辛抱してキッチンに立ってたらよかったのよ。それなのに、ネットなんて始めちゃったのが、運のツキ・・・

というわけで、実はこの画像のプリンは、2度目の正直。でも、やっぱり時間が長すぎたのか、はたまた熱が強すぎたのか、周りはやっぱり、すこーしスが立ってしまった。なめらかプリンマスターには、まだまだだわ・・・。

で、天気の話に戻るんですが。インターネットで世界がこんなに近づいたのだから、こう、なんていうの、風をさ、日本とNYで循環する機械とかも開発されて、あつーい日本の風と、さぶーいNYの風をぐるぐる混ぜて、どっちも快適!みたいにすることは、できないものでしょうか。
夏に暑いのもいやなんですけど、夏に寒いってのも、なんだかへんてこです・・・。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

終戦記念日に

8月15日は、終戦記念日です。
もう日本は今、16日のお昼なので、ちょっとばかし遅れてしまいましたが、NY時間ではまだ15日が終わるまで20分ありますので、無理やり15日の日付で書いています。

終戦記念日に思うことを書こうと思ったわけではなくて、たまたま見つけたページをぜひたくさんの人に紹介したいと思って登場したのです。

「戦争を語りつぐ60年目の証言」というサイトです。サブタイトルに、「戦争を知らない世代の人々へ・・・」。はい、私のことです。

サイトの内容も、引用で失礼させていただくと・・・

「戦中戦後を生き抜いてきた高齢者が生々しい体験を語る<市民の証言集>をお届けします。」

似たようなサイトはあると思います。このサイトがいちばんいいというわけではないんです。正直言ってこのサイトは、どこに何が書いてあるかよく分からず、読みやすいとはいえません。
でも、どうか少しだけ時間を作って、どこでもいいからクリックして、しばしこのサイトの中に迷い込んでみてください。
どこを読んでも、痛々しく、生々しい記録ばかりです。ぜんぶ本当のことです。恐ろしい話がこれでもかと出てきます。
全部読めとは言いません。てか、私もほんの一部しか読んでません! でも実は、先週の日曜日の数時間はこれで潰れてしまいました。・・・なんていったら、誰も読まなくなってしまう? じゃあ、ひとつでもいいです。でもきっと、ひとつ読んだら、もう少し読まずにいられないと思います。

1945年が終戦ですから、「戦後60年」のこの企画は2005年のものですが、戦争の証言は、流行の情報と違って劣化することはありません。むしろ今、戦争の時代から離れるほど、大きな意味を持ってくると思います。

戦争がどんなものかを知らない私たちは、過去と同じ間違いを犯してしまう恐れがあります。

ああ、NYもあと5分で15日が終わってしまいます。
私の感想とかは特に書きませんが、もし読んだ方が何か言いたかったら、コメント大歓迎ですので。
62年前の8月15日を、日本の国民がどんな気持ちで終えていたのかを、一生懸命想像してみながら、寝る準備です。
おやすみなさい。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

暑中お見舞い

聞けば日本はとても暑いのだとか。
心から皆様に暑中お見舞い申し上げます。どうかお体に気をつけて、夏をお過ごしください。何とかやり過ごしてください。

(画像は、暑中お見舞いにはあまりにそぐわない、暑苦しすぎるイタリアの味、Nutellaを食べるの図をお送りしております。説明は最後に。)

NYも暑いは暑いんだけど、日本ほどではないと思う。そして、今週はいつにも増して天気が変!だった。


まず、8月10日(金)はどしゃ降りの雨で、寒かった。最低気温14度で、同日の最低気温記録13度(1879年!!)に迫る勢い。

その前の日には、なんとブルックリン地区で竜巻発生。

その前の日は、明け方にどっさり雨が降って、雷もすごくって、窓全開で寝ていたもんだから家の中がびっしょりになっちゃって、それに気づいてびっくりしていちど起きたりしたのだけど、会社に行く時間までには止んで、ああよかった、と家を出たわけですよ。

そしたら。

地下鉄の駅の入り口付近に、ものすごい数の人がたたずんでる。悪い予感・・・。なんとNYの地下鉄がほぼ全線ストップしてるんだと!!!!!
ほぼ全線だよ? 雨と雷で瀕死になってしまうNYの交通機関って、一体・・・。弱すぎる!!!

大変な思いをして会社にたどり着いたが、たどり着けなかった人も数人いた。テロ対策やってもらえるのももちろん大事なんだけど、そのくせ雨程度の自然災害で自滅するのでは無意味かと・・・。

さらに、これはNY全体のことではないのだけど、30度を超える暑い日もあったのだけど、そんな日に会社の冷房がつかず・・・。これは・・・地獄でした、はい。


そして、8月といえば、広島と長崎の原爆投下の日があって、終戦記念日がやって来る。今、日本がどこに向かっているのか(もしくは、他の国が「日本がどこに向かっている」と捉えているのか)、この機会に考えなくてはいけません。

安倍さんはとりあえず8月に靖国には行かない気配だけど、その一点だけとって小泉さんより優れているとは言いがたいな・・・。
どうしたらあんなふうに、この参院選大敗、支持率低迷の中で、辞めずにやっていけると思えちゃうんでしょうか。ある意味とっても強いのだろう。恐ろしい。

で、突然個人的な話に戻りますが、夏休みを取れる状況ではないので、いや取るのは自由だけど、とっても自分がつらいだけなので、秋休みでもとりたいものです。

ところでヌテーラは(と、さらに唐突にヌテーラの説明を始める)、へーゼルナッツとチョコレートの入ったクリームです。会社のイベントの時に購入して、残ったものがキッチンにあったので、しっかり拝借して写真撮影&食べました。食べるとへーゼルナッツの香りもしっかりして、おいしいよ!

この下にももうひとつ記事を書きました! 日付が古くなっていますが、アップしたのはたったさっきですので↓も続けてごらんくださいませ。
ヌテーラに続いてさらに甘い話で、歯が痛くなったらすみません~!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

しつこくもグラセン


一応、グラセンの紹介はこの前で閉じたんですが、だって行っちゃったんだもん~。
何がなんでも、sweeeeeeetなものが食べたくなっちゃったのだ!!

というわけで、この日行ったのは、地下にあるお店、Little Pie Companyです!
(お店の公式サイトはこちら! パイの紹介ありまーす。)


もちろんホールのケーキもたくさんあるんだけど、お手軽かつお得なのが、いろんなパイの1スライスを3ドル50セントで売っている。これ、なかなかいいでしょう?

でも、パイって見た目はどれもこれも茶色チックで、どれがなにやら分からなかったので、「何があるの?」って聞いてみた。

お店のお姉さんがいくつめかに、「・・・and Sour cream apple walnut pie, 」と言った瞬間、それに決めた。だって、おいしいものを全部ひとつのパイに入れたって感じじゃないか!!

ホームページで確認したら、一番人気って書いてある! やっぱりねー!


お味は、こりゃかなりの甘さは覚悟していただかないといけません。

多分、Little Pie Companyのケーキ全部が、というわけでもなくて、このケーキの上にトッピングされているブラウンシュガーくんのせいなのだ。しかし、この刺すような甘さがないと、全体がピンボケになるから、絶対に欠かすわけにはいかないの。

ウォルナッツは、数は多くないけど大きいままでごろりと入っているので、すごくよいアクセント。





断面もしっかり見せましょう~。

シナモンも入っています。やっぱリンゴにはシナモンだよね!

甘い甘いって、文句言ってるみたいですが、甘いもの苦手な人は避けてくださいね、てな意味なだけで、もっちろんおいしいのです。

で、先週はもういっかい行った。ははは、行き始めると続けちゃうんです、つい。

今度は、まっくろけっけのケーキを見つけて、これは何かと聞いてみる。Mississippi Mud Pieとな! それにします~!!



ほら、まっくろけっけ!
お店のお姉さんに「生クリームつけますか?」って聞かれてもちろんYesと答えたのだけど、お姉さんは裏に引っ込んだと思ったらしばらくして出てきて、「Sorry、クリームなかったわ」だそうで。がっくし。

これもまた、チョコレートLOVERの、しかも黒帯レベルの方でないと、ちょっとオススメしかねます。甘いっ!!! 歯が溶ける!!! しかしうまい!
ひと口めは、「これは、まじであまい・・・」なのだけど、いつの間にか、あまい中にもいくつかの味があって、それを探り当てようとしているうちに、ぺろりと食べ終えてしまうのです。よく見ると、真っ黒の中にも、いくつかの層が見えるでしょ?

でも、アップルサワークリームパイのほうは、リンゴの甘さはナチュラルだったり下のタルト生地はほとんど甘くなかったりしたのだけど、こちらのミシシッピマッドパイは、ほんとに上から下まで、全部甘いものでできております。

定番のアップルパイなどを試したいと思っているのに、つい目につくものを頼んでしまう私。「ピーチパイ始めました」とポスターが書いてあったので、そのうちピーチパイのスライスも出るかなあ?
あまーいスライス求めて、またゆきます!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

となりのグラセン駆け足


毎日グラセンに通い詰めてやるー! 安くておいしい食べ物たくさん見つけて、でもたまには、高級ランチなんかも試しちゃったりしてーきゃあ! ・・・などと夢を抱いていた私のグラセン・ランチツアー計画でしたが、週の後半は仕事が立て込んでしまい、のんびりグラセンに行くことがかなわず・・・。

正面玄関は、ちゃんと撮ってきました!
拡大すると、建物の上についてる彫刻(何やら人が両の腕を広げて、グラセンを守ってくれています)も見えるかと思います。

それから・・・
ある日に私が食べたもの・・・!


地下で買ったKnish!

クニッシュとは、でっかいマッシュポテトを丸めて焼いたり揚げたりしたもの。お肉やら他のものを入れる時もあります。
つまるところ、ポテトコロッケの異国版よね?

でも、コロッケよりも皮部分がむっちりしてる。
皮部分は、パイ生地みたいので作ってるお店もあるけど、このお店は、特にクニッシュ専門店じゃないので、もっとチープ。しかし、むしろそれがこのむっちりを生み出してて、なかなかよい。
それから、パニーニプレスであっためてくれるのがうれしい。焦げ目がそそりますっ!

クニッシュはマスタードをつけて食べます。ポテトとマスタード。あーん、おいしくないわけないじゃないかー!

ちなみに、以前、クニッシュの有名なお店を教えてもらった時の様子は過去記事にあります!・・・って、特に店名も記されていないのだけど! このクニッシュとはまたずいぶん違う顔のクニッシュを見ることができます。もう2年前のことなのね・・・しみじみ。


それから、グラセンの建物の中には、New York Transit Museum(NY交通博物館)の別館がある。

実は、ブルックリンにあるという本館には行ったことがないのだけど、ここはNYみやげを買うのにとってもよいのだ!
NY市内の地下鉄、MTAの路線図や、各路線のロゴマークって、シンプルながらもカラフルでなかなかポップなのだ。そんなデザインが、傘とか、靴下とか、シャワーカーテンとか、ありとあらゆるものになされている。

おみやげを買わなくても、模型の電車が走ってたりして、見てるだけで楽しいのだ。


そして、1階にある、Grand Central Market。これは、まさに日本のデパ地下を思わせる食品売り場。
狭い一角に、お肉やお魚、パンやケーキ、チーズ、ドライフルーツなどなどが詰まっています!

ここでお惣菜を量り売りしてもらって、地下もしくはオフィスで食べるのもいいかもしれないよな~。おいしいものに当たったら、もちろん報告します!

と、いうわけで。
前回に続き、その他のグラセンの見どころを全力疾走で紹介しましたが、他にも、イベントスペースがあってしょっちゅう何かやってるし、ちょっとした道のあちこちが美しくてお姫様気分を味わえるし、NYに遊びに来たら、見ておいて損はない場所です!

あ、もうひとついいところは、ここに来たら絶対迷子になれること! 迷子って楽しいでしょう? うろうろさまよった挙句に、びっくりするようなストリートに出ちゃうこと請け合い!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事