ベーグルの穴から見えた日記

充実の週末・一挙公開!

(注:画像がないとつまらないので、土曜日の数少ない画像を、テキストとは無関係にちりばめてみました。ずれた感じをお楽しみください。)



土曜日は、ニュージャージー州までおでかけ。主目的はもちろん、Mitsuwaで山頭火のラーメン食べることさ。

でもね、実は今まで行ったことなかったのだけど、Mitsuwaの隣にはゴルフの打ちっぱなし場があって、あ、いやいや、打ちっぱなしに行ったんじゃございません、そのすぐ隣には、巨大なショッピングモールがあるのです。文房具からPC周辺機器までデスク周りのものが揃うStaples、洋服から家具まで超お手ごろ価格で揃う何でもやさんのTarget、キッチン用品からインテリアのあれこれまでおしゃれなものが揃うBed Bath & Beyond・・・と、どれも別に珍しいお店じゃないんだけど、それらが一堂に会しているところがすごい。このモールに来たら、ものが揃いまくりだ!!
それに、別に欲しいものがなくても、TargetやBed Bath & Beyondは、ただ店内を見て回るだけで楽しくて、いつもお店の前を通りかかったら吸い込まれてしまう。
それから、この前日記で語ったNYスーパーマーケット評で何気に最下層に入っているPathmarkというお店。実は私、行ったことないのだけど、そのスーパーもこのモールに入ってる。なるほどこのモールに来れば、食料品も格安で揃うというわけね。


というわけで、今回は山頭火でラーメンを食べた後、運動も兼ねて(!?)、隣の隣のモールにも足を伸ばしてみたのだ。

Mitsuwa側から歩くと、まずビデオやさんがあって、次にStaples。次にTarget。

ああ私、とってもTargetが好き。なんてわくわくするの! Targetって、日本で言ったらなんだろう。やっぱりイトーヨーカドーかな?

最近、座椅子がないかと探しているのだけれど、こっちって日本みたいに床に座る習慣がないせいか、ぜんっぜん売ってない。いや、芝生用とか、プール用とかの売り場で代用できそうなものを見つける時もあるんだけど、高くって回避してたの・・・。
しかし、私はNJ州で見つけてしまった。格安の、すてきな座椅子を!!

あと、長いクッション! 16ドル。他と比べたらすっごく安いんだよ!

お会計の後、レジのおばちゃんが「カートを車のとこまで持っていっていいよ!」と言ってくれたのだが、いえいえ、私たち車じゃありません。そしたらでっかいビニール袋にひとつずつ入れてくれたけど、おばちゃんは、このおっきなふたつの荷物たちが目の前のちっこい女ふたりの手によって、NJどころかマンハッタンも越えた遠くへ運ばれていくとはよもや思うまい・・・。


Bed Bath & BeyondやPathmarkにも行きたかったのに、このTargetまででタイムオーバーになってしまった。だってここ、大きな駐車場を囲むようにお店が並んでいて、数軒先のBed Bath & Beyondが、遠い! Pathmarkに至っては、どこにあるのか分からず!
それに私たち、閉店時間までにMitsuwaに戻って、日本食材の買い物をしなくては!!

無事に買い物を済ませたけれど、座椅子などの大荷物にさらにMitsuwaの買い物袋が増え、いやはや無事に帰れるだろうか。これは、帰路に着く前にエネルギーを充填しておかないと・・・ね!

というわけで、閉店間際のMitsuwaフードコートの伊藤園で、抹茶ソフトと抹茶オレ・ブラックタピオカ入りを食し、万全の態勢で長い帰り道をしのいだのでした。


そして、日曜日は、のんびり家で。
日曜の夜には、見逃せないテレビ番組がある。先週からハマってるのだ。私がハマるといったら、四六時中食べ物のことばっかり放送しているFood Networkの番組に決まってる。


その名も、Next Food Network Star!!
アメリカのテレビって、American Idleを初めとして、いろんなオーディション番組があるらしい。リアリティー・ショーというやつです。で、Food Networkで現在行われているオーディション番組のひとつがこれなわけです。

Food Network Star。それは、料理のプロであり、話術のプロ。日本の食べ物の番組って、タレントと料理人がセットで出てくることが多いけど、Food Networkのプログラムは、ひとりの人が話しながら料理をするタイプが圧倒的に多い。ひとりで料理をこなし、手はすばやく動いているのに、話しぶりは気ぜわしいかんじがしない。Food Network Starsは、ほんとにすごいのだ!
Next Food Network Starは既にシーズン3で、今回は11人の候補者が、様々な課題にチャレンジして、番組の最後に、ひとり(orふたり)ずつ落とされる。最後まで勝ち抜いたひとりが、Food Network Starになれるというわけ。
料理コンテストじゃないから、料理の味だけで勝敗が決まるわけじゃない。決められた時間でどれだけ見る人に訴えかける料理を作ることができるか、そしてプレゼン能力、キャラクター、いろんなことが関係してくる。

アメリカのテレビ番組のいいところは、いちど見逃しても、再放送を何度も何度もなんっども、やってくれるところ。(「またこの番組かよ!」とうんざりすることも多いけど。)
私は、エピソード3の最初の数回を見逃しているので、ウエブサイトでしっかり番組表をチェックして、全部見なくては! ふんふん! 燃えてます!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

ホセに恋して

この前スーパーマーケットの話なんてしたもんだから、Trader Joe'sにふらりと立ち寄った時に、ついつい買い物をしてみてしまった。


この日買ったもの!
◎レーズンのスコーン(真ん中)。
こういうすてきなものは、ご近所スーパーには売ってないわけです。
◎レーズンのコーンフレーク(右)。
ご近所スーパーにもコーンフレークはもちろん目が回るほどたくさんあるけど(スーパーの陳列棚一列、上から下まで全部コーンフレーク!!)、おなじ値段なら、ちゃんとした材料を使っていそうなこのお店で買うのがいいかなと思って。
◎トルティーヤ・チップス(左)。
これはねえ、まあ、ご近所スーパーにもあるんだけどさ、つい買ってみたのさ。

で、いちばん奥中央に隠れているのが・・・


GuacaMole!!!

はいっ、なんて読むかわかりますかー?

答えは、
ワカモレ! です!
イラストにもあるとおり、アボガドをベースにしたディップなのです。

・・・と、GuacaMoleのスペルを間違えないようにと、画像をよーく見ていたら、・・・あれっ??? 私、重大なことに気がついてしまったのです!!

Trader Joe'sじゃなくて、Trader Jose'sって書いてある!!!

あれっ、私、お店のスペル間違えてた? もしかしてこの前の日記、知ったかぶりしてスペルが違ったなんて、ちょっと恥ずかしすぎない? ひえーーーーー

と赤面しながらGoogleでチェックしたのですが、公式ページも、ちゃんとTrader Joe'sって書いてあるよ・・・? じゃあ、このワカモレだけが、スペルミスしちゃったのかなあ・・・???

しかし、謎はすぐに解けました。
なんと、メキシカンフードにはTrader Joe's(トレーダー・ジョー)の代わりに、Trader Jose's(トレーダー・ホセ)という名前をつけてるんだって!(以下も含め、'sの部分はなしでカタカナを記します。)

さらに、
中華食材には、Trader Ming's(トレーダー・ミン)、
ベーグルには、Baker Josef's(トレーダー・ヨーゼフ)、
イタリア食材には、Trader Giotto's(トレーダー・ジオット)、
リップバームには、Trader Joann's(トレーダー・ジョアン・・・なんでだろう?)
ビタミン(剤・・・かな?)には、Trader Darwin's(トレーダー・ダーウィン)!!

・・・とこのように、いろいろ違うんだそうです! 芸が細かい!!
(公式ページには書いてなかったので、Wikipediaから抜粋しました~。)

では、日本食材にはどんな名前がついているでしょうか?
ななななんと、Trader Joe-Sanだって! トレーダー・ジョーさん!!

他のは全部、人名なのに、なぜ! ジョー三(じょうぞう)と読むはずが、間違えて「じょーさん」になっちゃったのか? はたまた、礼節の国・日本だから特別に人名ではなく「さん付け」にしてみたとか???

なんにせよおもしろい。やるなあ、Trader Joeさん。


と、思わぬ発見をしてずいぶん話がずれましたが、食べましょう~。

ワカモレと、トルティーヤチップス。んー、メキシカンばんざい! ホセよ、ありがとう!

冷凍食品だから、味は超一流じゃないのかもしれないけど、これ、格安なんです! 私にとって手軽に食べられるのが何よりなの! Trader Joe'sいいなあ!(と、「安い」につられて途端にファンになる私。)

チップスもハラペーニョ味のピリッと辛いもので、後をひくのだ。ワカモレも、しばらくはやりそう(自分的に)。

Trader Joe's、まだまだおもしろい発見やおいしいもの探索ができそう!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

本気で実食しました。

やはり気になって。
オープン2日目に、行ってきちゃいました、せたが屋@ニューヨーク。
だってさー、私の日記を読んだうちの父が、「早く行ってTシャツをゲットしてこいー!」とチャットで指令を出すんだもの。(と、父のせいにしてみたり。)

ええ、レポートいたしましょう。

えーと、あちこち寄り道しながら向かったので、着いたのは確か7時半過ぎかな。開店時間がイマイチ分からないまま来てしまったので、「超行列・・・? はたまた麺切れ・・・? まさか来週までオープン延期とかいわないよね・・・?」など、ありとあらゆる不幸を想像しながらお店に近づく。

2ストリート手前には、Momofukuという韓国人シェフがやっている(恐らく日本人からするとかなり斬新な)おしゃれラーメンやさんがある。相変わらず混んでいる。日本人以外の人でにぎわっており、いつ見ても満員。Momofuku客が、せたが屋に流れているということはどうやらなさそうだ。
さあて、せたが屋はどうなっているかな・・・??





うぎゃ、並んでる!!!

といっても、この画像に収まるぐらいの行列だ。こりゃあ、並ぶっきゃないでしょう!
というわけで、列の最後尾につく。店内には、フラットテレビがついていて、そこで「日本国民が選んだおいしいラーメンやさん77店」みたいなランキング番組が流れていた。音声はもちろん聞こえないが、店はガラス張りなので、並んでいる間、食い入るように見る。確か38位ぐらいから見始めた。福留さんと女性アナがアカデミー賞の司会よろしく正装していた。

私たちの前にいたのはせいぜい20名ぐらいなんだけど、日本のラーメンやさんに比べると、異様に回転率は悪い。
人の食べ方はいろいろだから、えらそーに「急いで食べて、さっさと出ろや」とは(言いたいけど)言えませんが、30分以上のロングステイはないでしょう! 本気でラーメン作っている人に対して、その食べ方はないだろ、っていう。後ろに待ってる人がこんなにいるのが見えないのか、っていう。

行列に並んでラーメン食べていいのは、本気なやつだけだぜ、っていう。

ま、それはいいんですが。ラーメンのテレビ番組見てたから、待ち時間自体は全然長く感じなかったし。確か、11位から20位の発表をしている辺りで、席に通された。

私たち、3人グループ。私ともうひとり(以下つけ麺さん)は、LOVEつけ麺同盟を結んでいるので、やっぱり、つけ麺! 残るひとり(以下チャーシュー麺さん)が、チャーシュー麺を頼んだ。

待つことしばし、まずはラーメンがやってきた。


おっ、おいしそう!

このお店は、塩で勝負のお店にするらしく、ベースになるものは塩ラーメンと塩つけ麺しかありません。

しかし、ひと口食べて、チャーシュー麺さんの顔が曇る。どうした?

「この麺・・・」

私もひと口食べる。ほんとうだ、確かに、なんかこの麺・・・。なんと言うか・・・。
言いたくないのだけど、言わなくては・・・。

「そ、そうめんみたい・・・。」
それは、少し前に食べた豚骨ラーメンで感じたのと同じ感じの麺だった。同じ麺なのか? いやでも、そんなわけない、だってあの豚骨ラーメンのお店の麺はなにやら特別らしいもの。(細かく書くと店名が分かりやすすぎるので自粛・・・。)

ショックを受ける間もなく、続いて2つのつけ麺が運ばれてきた。


あれっ、なんかこっちは・・・すごくよさそう!

だって、麺を見てください。見るからにおいしそう! ラーメンの麺とは明らかに違う!

一応半信半疑で、まずはスープをずずず。
うまいっす。
続いて、麺をむんずとつかんで、どぼんとして、ずずずず。

・・・にやーーーーーーり! うまいっすー!!!

ああー、なんか日本のつけ麺だよ、これ! うれしいーーー!!

・・・しかし、しかし、このラーメンとの格差たるや何?

ふと周りを見回せば、ラーメン注文率が結構高い。そりゃそうよね、LOVEつけ麺同盟に入っているならともかく、普通初めてのラーメンやさんでは、「とりあえずラーメンでしょ」と言う人が多いに決まってる。
そして、私の目にはみんな顔が曇ってるように見えてしまった。そういえば、なんか入った時から、お客さんが結構静かだなあという印象があった。これも気のせいかもしれないけど。

チャーシュー麺さんにもおいしいつけ麺を食べてほしかったし、私もラーメンの研究をしたかったので、半分こにすることにした。しかし、チャーシュー麺さんは静かに激しく怒っていた。そりゃそうだ。並んで、11ドル(←チャーシュー麺。普通のラーメンは9.5ドル)払って食べて、これでは。

ラーメンも、スープはおいしい。チャーシューも、おいしい(枚数は少ないが、それはこの際うっちゃるとしよう。)
つけ麺もラーメンのスープも、もう少しカドがとれてもいいかなと感じるけど、この意見既に、日本にある他のラーメンやさんとの比較で考えてますから。ニューヨークエリア(NY&NJ)のラーメンやさんの中ではもう、山頭火に並ぶ「真のラーメンやさん」でしょう! スープは。

つけ麺は、食後にスープ割りというのがある。日本そばのつゆは、そのままでは濃すぎて飲めないが、食後に蕎麦湯で割ってもらうとおいしく飲めるように、つけ麺もスープ割りがある。ここでは無理かなあ、とダメ元で頼んでみたら、ポットに入れて持ってきてくれた。
つけ麺は、スープ割りで2度おいしいのがポイントよね。はあーしあわせ。

ところで、テレビのランキングの7位は、せたが屋だった。食い入るように、画面の中の麺をチェック。まさか、「うちのラーメンには、この白くてコシのない麺が最適さ!」って思ってるわけじゃないよね? 普通の麺は大写しにならなかったが、おいしそうな平麺が出てきた。NY店でも平つけ麺、やってくれるかなあ・・・。あ、いかん話がそれた、ラーメンの麺をチェックしてたのに!

そういうわけで、私たち3人の初せたが屋は終わった。このつけ麺が食べられることには大満足だが、附に落ちない・・・。

1日150枚限定のTシャツは、まだたくさん残っていた。
お父ちゃん、ゲットしたよー!(しかし、送るのはバカバカしく思い、次回一時帰国の際にプレゼントしようと心に決める。)


私は、おいしいお店のことをあれこれ書くのは大好きだけど、まずかった店のことをあれこれ発表するのは意に反するのです。
このブログがNYの食べ物を客観的に評価する場所ならもちろん書くべきなんだけど、実際には、全くもって主観的、どんなふうにおいしかったか適切に表現できるわけでもなし、ましてお気に入りのお店は自慢はするけど住所は教えない、といった、「どう考えてもレストラン選びの参考にできないブログ」なんだから。

しかし。
せたが屋のことをこんなに追っかけていて、「せたが屋で食べました」って書かないのはおかしい。
かといって、「せたが屋でつけ麺食べました、超おいしかった~!」って書いて、ラーメンはノーコメントってわけにはいかない。
ラーメンの部分だけ、店名を伏せて書くのもずるいし。(ていうか、不可能では?)

苦渋の選択なのです。(ブログごときで苦渋の選択を無駄遣いしていると、笑いたければ笑ってください・・・。)

私はとりあえず、せたが屋を支持する方向でいきたいと思います。あのつけ麺が、あっさりNY撤退なんてことになってほしくないのです。
餃子や麺の替え玉やってなかったし、ビールも頼めなかったみたいだし、それから、Tシャツがもらえる3日間の後、18日(月)、19日(火)は、お休みするそうです。NYの皆様、ご注意あれ!
オープンがここまで遅れたこととかも含めて、こっちでお店を開くって、多分、いろいろとすごく大変なんだろう。大変だったからといって、あのラーメンを出していいのかという疑問と怒りはあるけど、それも凌駕するほどに、何かものすごい大変なことがある、のかもしれない。
とりあえず、しばらく支持します。ラーメンの麺も変わっていくようです。期待します。期待しまくりです。

このTシャツは、応援団の証だわ。(・・・多分着ないけど。)

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

NYのスーパーマーケット事情

食べ物LOVERが旅行に行って、必ず訪れる場所はどこか。

レストラン・・・うんうん、そりゃそうですけど、でも毎食毎食レストランで食べるってのも大変。
というわけで、答えはスーパーマーケットなわけです。


(あ、画像は今日の話とは全く無関係です。なんか画像がないとさびしいので、ミントスプレーになる直前の、うちのミントちゃんたちを飾りました。見てあげてください!)

NYで有名なスーパーといえば、Zabar'sやWholeFoods、あ、Deen and Delucaなんかも日本にあるし有名ですね。でもでも! スーパーマーケットはそこだけじゃない!

というわけで、NYスーパー・ランキング調査!

直接のきっかけは、少し前に私の書いたピクニックの日記。あの日の食材を買ったスーパーマーケットはFairway、私はそのお店を評してこう書きました。

「高級スーパーマーケットの中でいちばん庶民的なニオイのするあのお店、私の愛するFairway」

しかし。それに対して、
「Fairwayって、高級スーパーなんですか?」
という鋭い反論が届いたのであーる!!

そこで私は、自分のNYスーパーマーケット観とじっくり向き合うことになった。そして、職場の面々にも聞き込み調査などを行い、まとめたのが下記のランキング(ってほどじゃないんですが)。
大きく4つの階級に分けましたが、その中でも行の上下で微妙な格差(あくまでイメージの中でのことですが)があるみたい。


高級なお方のためのお店

| Dean & Deluca
| Balducci's / Citarella

| Zabar's / WholeFoods
| Garden of Eden

| Fairway
| Trader Joe's

| Pathmark / Associated
| Gristede's / Chinatownのスーパー

庶民のためのお店


続いて、職場アンケートからの声を、ここに記します。

Dean & Deluca:いつも見るだけ。高すぎて買うものがない。
Citarella:店員がきちんと品物を理解している。高いが、よいものが置いてある。
Fairway:(私の「高級スーパーじゃないの?」という問いに対して、)高級という感じでは全然ないが、近所のスーパーよりは品揃えが豊富。
Trader Joe's:モノによっては、近所のしょぼいスーパーよりも安いものも見つけられる。

他にもいろいろ聞いたんだけど、忘れちゃった・・・。
何しろ私にとっては、Fairwayは高級じゃない、っていうのが驚きだったー! 皆様、さらりと私の主観による嘘を書いてしまっており、すみませんでした~。

分かったのは、「私はこのお店にしか行かない!!」って頑なに守っている人は稀で、ちょっと食べるのが好きな人ならどのお店も行ったことがあるし、数店舗の中で、この食材はここ、あれはあっちに行ったほうが安い、などと使い分けしてるということ。

それにしても、NYのスーパーマーケットとひと口にいっても、インターネットの検索なんかもかけてあちこち読んでみるうちに、Food emporium、そんなのもあったなあ、あっ、Gourmet Garage忘れてたー、などとどんどん追加が出てきてしまい・・・。こりゃあ大変だ。
そういえば、「Food Emporiumは、Food Storeとはみなしません」なんて書いている人もいました。つまり、私のランキングでいえば、最も庶民レベル、私がいつも呼んでいるところの「ご近所スーパー」のランクだということか。

というわけで、追加で「お気に入りのあの店、入ってない!」とか「この店のランクがこんな低いなんてやだー」というのがある人は、ぜひ教えてください! あ、このランキングに書き足すわけじゃありませんが、私の心の中に書き加えます~。

ちなみにこれらのスーパーマーケットの中で、レジ待ちの行列の長さで有名なのは、WholeFoodsとTrader Joe'sの2店です。
あの行列を見ちゃうと、気軽にチーズ1個とか買う気がしなくなるのよ。
しかし、我らがルームメイト、そんな行列を耐え忍んで、我が家にもたらしてくれた夢について、最後に語らせてください!


じゃあーーーーーーん!!!
Prosciutto Ends、でございます!!!
プロシュート(ってこんなふうに書くんだ~)の、エンドでございます!!!

以前私がFairwayでサーモンの切れ端を格安販売してるのを見つけた!!と大騒ぎしたのを覚えていらっしゃいますか?(この時も、Fairwayのことを「高級スーパーの中で最も庶民寄り」とか書いているわ・・・。)
その時の記事にあるサーモン切れ端の入ったタッパーに、Smoked Salmon Ends、と書いてあります。

サーモンエンド=サーモンの切れ端=格安 ということは、

プロシュートエンド=プロシュートの切れ端=格安!!

ちなみに、このタッパーで、2.07ドル!
単価は8.99ドルと書いてあります。Fairwayで買った時の値段は・・・1ポンドで22ドル、だったよね、社長?

いやーん、か・く・や・す~~!!! スモークサーモンもプロシュートも、いつでもあるわけじゃない、ていうのが問題なのだけど、それでもこういうのがあるって分かったら、こまめにチェックするわ。

嗚呼、Fairwayを愛する私だけど、WholeFoodsにもプロシュートエンドがあるなんて、ファンになっちゃいそう!
・・・ただただ、Endsにつられてるだけの気もしますが。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

【速報】ついに、ついにーーー! (&その他ラーメン情報)

皆様、大変長らくお待たせいたしました!!

とうとう、とうとう・・・



せたが屋、正式オープンでございます!!!!!

・・・あっ、待ってたのは、私だけ?
いやいや、NYじゅうの日本人が、かなり待ってたと思うのです!(いや、こんなに待ってたのは、やっぱり私だけ? いやいやいや!!!)
うれしいので、報告させてくださいようー!

しっかしまあー、日本語フリーペーパーにこんなにどかーんと広告を打ってくれるなんて、開いてるかどうかと必死で前を通ってみたり、電話をかけてみたりしてた私は、なんなのよー。
まあいいか、オープンしてくれるんなら、なんだって!


最初の3日間は、先着150名さまにTシャツがもらえるそうです。・・・Tシャツかあー。うーむ。
とりあえず、最初の頃はすごい騒ぎだろうから、少ししたら行ってみよう。あーん、おいしいといいなあ!

ところで。
せっかく書き始めたので、ラーメンのことでも書く? 書いちゃう?

あれはコンサートを観た後、遅い夜ご飯を求めて私と友だちは思案していた。そこで思いついたのが、幻のラーメン。店は「有吉」。
幻、ってほどじゃないんだけど、このお店のラーメン、夜中の12時から唐突に販売するらしいのです。夜中にうろつかない私にとっては、限りなく幻に近いわけです。

一応飲み屋さん的なたたずまいで、ラーメン以外は安くはない値段設定、しかしラーメンは10ドル。2人で、ラーメン1杯ずつと餃子1皿だけでも、快く対応してくれた。


じゃじゃーん、来ましたあー!

味はしょうゆとんこつ、半熟たまごもお上手(・・・しかし、レンゲで肝心のたまごが写ってないじゃないかー! 私のデジカメ撮影の腕は未熟・・・)。


麺はこんなかんじ。

すごーく目が覚めるような斬新なおいしさではないものの、具もひとつひとつ丁寧に作ってある感じがして、NYラーメンにおいてはかなり上位に食い込んでしまうのではないかと。
大満足でした~。ああ、NYでラーメンを食べて、満足できるなんて、すばらしい!!
夜中にラーメン気分になることがあったら、また行ってもいいなと思いました!

さあ、せたが屋はいつ行けるかな。お楽しみにー!!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事