ベーグルの穴から見えた日記

今年の冬はおうちで

にちようび、でございます。日本は夜の11時過ぎ、日本のにちようびは、今まさに終わらんとしているのですが、現在朝9時過ぎのこっちでは、にちようびは、ここからが本番なのでございます!

そんな今日の朝ごはん。ベッドの中でずいぶん考えたのだ。うーむ・・・なににしよう・・・なんとなくレーズン入りのコーンフレークにカスピ海ヨーグルトをかけて、たっぷり食べたい気分・・・どんな気分だ? しかもコーンフレークは今ないぞ。甘いものが食べたいのかな?ホットケーキ? フレンチトースト? ・・・うーむいちいちフライパンを使うのがめんどくさいなあ・・・。おなかは結構すいてるぞ。ベーグルか? でも、もっと何か、ぐっと来るいいものがありそう・・・


で、最終的に決まったのが、これです。クロックマダム。
パンの上に、ハムを広げて、チーズをたっぷりのせて、卵をぽんと落として、オーブントースターで焼くだけ。ははは、こりゃあかんたんだ。といっても、こっちの食パンって、日本の角切り食パンよりもずっとサイズが小さいので、チーズを利用して囲いを作るような感じにして、卵が真ん中に収まるようにしなくてはいけないなど、いろいろ技術がいるのだ。(・・・あっ、大した技術じゃない? すんません・・・。)

朝ごはんのことじゃなく、先週お約束した、「アレ」の話を!

いろいろ予想してくれた方もいて、ありがたいことです。まずは答えから、いっちゃいましょう!


こちらです!
正解は、アップルサイダーでした~。

アップルサイダーというものがあることは、NYに来てすぐに知ったはずだけど、記事に出てくるのは、
(と、ここまで書いて、自分の記事を「アップルサイダー」で検索し(結果3件ヒット)、さらにアップルサイダーの記事がないかどうか拙HPの方まで行って、読むうちに懐かしくなり、2002年12月から2004年6月の日記をほぼ全部読んでしまい、しかもそのうちに眠くなってきて、中断して昼寝する。
・・・
で、起きたら、3時半だった。)

えっと、記事に出てくるのは、大したことない話ばっかりだなあ。
NYでアップルサイダーといえば、私がぱっと思いつくのは、ユニオンスクエアで週4回開催されているマーケット。食品のお店が主みたいで、オーガニック野菜だのチーズだの、あ、もちろんパンやケーキのお店もある。で、冬になると、ホットアップルサイダーを販売してるのだ。そういえば夏には、アップルサイダーを試飲で出してた時もあったなあ。(というか、ただ、ボトルと小さなコップがそのへんに置いてあった。太っ腹!)

ともかく、そのユニオンスクエアの記事は、書いたことがなかったようですが、少なくとも、アップルサイダーの存在は2004年から知っていた。で、アップルジュースとアップルサイダーは似て非なるものだということ、アップルサイダーをあっためればホットアップルサイダーは簡単に作れるようだということなど、分かってきたのだけど、2006年冬まで、自分で買ってあっためて飲もうという気には、なぜかならなかった。
リンゴジュース飲みたいなあと思っても、ついリンゴジュースのほうを買ってしまっていた。茶色くて透明な、いつものリンゴジュース。


でも、このアップルサイダーは、同じリンゴジュースでも、もっと濁っているでしょ?
この画像は、家の中が暑かったため&色をよく見るため、ガラスのコップに入れてみた。もちろん、冷たいままでもおいしいのだけど、マグカップに入れて電子レンジでチンすることのほうが多いかな。

そうすると、ほんとまさに、外でよく飲んでいた、ホットアップルサイダーになるんだもの!! (・・・まあ、当たり前といわれれば、それまでなんですが。)
ほんとに、ほんもののリンゴの味がする。甘いけど、でも結構すっぱい! あっためたほうが、すっぱさが増すの。そして部屋中がリンゴの香りに包まれる、これも、チンした効果よね。あつあつのアップルサイダーをゆっくりすすると、はあー、しあわせ。あっ、あっためたほうがなくなるまでに時間がかかるのも、いいところかもしれない。冷たいと、ついゴクゴク飲んで、あっという間に終わっちゃうんだもん!!

さらに! 私は発見してしまったのです!! このアップルサイダーに、100%オレンジジュースを、50/50で混ぜると・・・アラ不思議!!

ネクターの味になるんです!!!!!!!!

嘘だと思ったでしょう。あたしだって知ってます、ネクターっていうのは、ピーチです。でもこれがほんとなんだなあ! そいでまた、このネクターがおいしいの!

あったかくして飲もうか、そのままで飲もうか、それともネクターにして飲もうか、迷っちゃうー!!
難点は、アップルサイダーとオレンジジュースの両方を一気に買って、ご近所スーパーから家までえっちらおっちら歩くのが、ちょっと大変ってことぐらいかな・・・。


ちなみに、最初にお話したクロックマダム。食べる時は、こんなふうにします。ナイフとフォークで、半熟の黄身をぐじゃぐじゃに崩壊させて、全体にからめ、黄身をソースにして食べるのです! チーズも糸ひいちゃって、もー大変!!

それにしてもなんか、ドリンクは、ホットアップルサイダーかネクターか、そして食べ物はクロックマダムだなんて、私もそろそろ、「おうちカフェ」とか言っちゃう? 言っちゃう?

・・・とかいって、夜はラーメンかもしれないけど。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

おしゃれじゃないんだ

きた! 冬来た!

今、NYは日曜の夜9時ですが、いやー今週1週間は、さむかった! 見たい見たいと思っていた雪も、願いごとが叶い、見ることができました。・・・何度もね。雪が降らない日でも、だいたいの日が、最高気温が既にマイナス・・・。



この画像は、地面はあんまりきれいじゃないですが、役目を終え、歩道で回収を待つクリスマスツリーが、雪化粧で再び晴れ姿を見せてくれたので、思わずパチリの図。(毎年この時期に、歩道にいくつもの元・クリスマスツリーがごろんごろんと転がされているのを見るのは、少しものさびしい・・・。)

いやね、毎冬、この話を周囲の人とするんですが、ちょうど昨日も同じ話を知人としたとこなので言わせていただきます。

「日本にいる頃は、毛糸の帽子なんて、ちょっとオシャレな人がかぶるもんだって思ってた。でも、NYに来て気がついた。あれって、防寒具なんだ!!
コートについてるボアのついたフードも、あれって、かぶるためのもんだったんだ!!」

あるアメリカ人と外を歩きながら話してる時、私が寒いねと言ったら、「うん、今日は帽子をかぶってこなかったから寒いよー」とぼやいていた。でもその人は、かっこつけて帽子とかをかぶるような、いかにも「おしゃれに気をつかってます」ってタイプの人じゃないと思ったので、つい「帽子かぶったりするの?」と聞いたのだが、今思えばあの質問は、

「ねえねえ、外行くときって、ズボンとかスカートをはいたりするの?」

と同じぐらい奇妙な質問だったに違いない・・・。

冬のNYでは、とりあえず格好は気にしてはならない。みんな雪だるまみたいになって歩いてるんだから! 実際、耳がとれちゃいそうに寒い日でも、帽子で隠せばずいぶん違う。かといって、ぶらぶら散歩しよ!って気にはならないかなー。その分、昔やった「チャイナタウンにほかほかの肉まんを食べに行こう企画!」だとか、「ホットチョコレートで身体も心もあったまる~!」だとか、いやタイトルは今適当に考えたんだけど、ああいうのをやるのによい気候だわね。

つまり、冬が来たってわけですよ。

・・・で、冬の飲み物の「アレ」のご紹介にうまーくつなぐ・・・はずだったのに、あれれ、画像がない! 撮ったと思ったんだけど、撮ってなかった! 現物は、今日の昼間に、飲み終わっちゃったとこなんです。また買ってこようっと。

いや、大したこたあない、ご近所スーパーで調達できちゃう「アレ」なんですが、今年の冬はちょっとはまってます、「アレ」。というわけで、これについては近日公開!

で、代わりに小ネタひとつ。


はい、これです。サイズは50センチ四方で奥行きも少しある、ビニール製のバッグです。
こちらでは、自宅に洗濯機がないのが普通なので、みんなご近所のランドリー(こっちではよく「ランドロマット」と呼ばれる。かっこいいでしょ?)に行くんだけど、こういうビニールのバッグは、ひとり暮らしの人が洗濯物をかついで持っていくのによく使われる。

このビニールバッグには、あのおなじみの超有名人(あ、ネズミか)、名前はもちろんMikey・・・あれっ?

何か違う!!

ホ ン モ ノ : Mickey (ミッキー)
そっくりさん : Mikey (マイキー!!)

言われてみれば、なんか耳がちっちゃいし、目もすこーし寄り過ぎてるかも・・・。
では、彼女のほうもそっくりさんか?

Mim、と書いてあるので、ミムちゃん?と思ったけど、側面を見ると、これが名前の最後までいってなかったことが分かった。


Mimi(ミミ)ちゃんであったか・・・。
本家のMinney(ミニー)ちゃんとは、綴りではずいぶん違うが、音は酷似している。
お花を抱えているとこなんかも、いかにもそれらしいが、しかしよく見ればやはり、ミッキー(いやマイキーか)と腕を組んでるのかと思いきや、実はむんずと腕をひんづかまえている・・・。それに、花を持つ左手も少しバランス的に大きすぎるようにも思え、マイキーもしくは見ているこちらを挑発しているようにも見えるではないか! ミミちゃん怖いっす!! しかしマイキーのグーの手も、ミミちゃんにパンチで応戦するところのようにも見え・・・そもそもミミちゃんの手の中の、花と思ったものは、もしや戦力増強のための高麗人参!?

と、妄想は尽きず、私の頭の中では、ふたりの乱闘シーンが延々と・・・。

家に帰るバスの中で、おばちゃんがこのバッグを持っていて(ちなみにおばちゃんは洗濯に行く途中ではなさそうだったので、普通の大きめバッグとして活用しているようだ・・・)、私はそっくりさんに気づき、ひとり大興奮していたのだけど、さすがに狭い車内でデジカメを取り出し、パチリとするわけにはいかず、惜しみつつバスを降りた。そしたらなんと、ルームメイトのひとりが同じものを持っていたのだ!!

ふわあ。
眠い。あくびも出ました。少し早いが、明日に備えて寝ましょうぞ。
それでは皆様、また来週~!

・・・はい。覚悟してます週1回更新。
いやね、春以降にはね、たとえば「1ヶ月毎日日記を書こう月間」みたいなこともやりたいなーとか思ってるんです。ひとことでもいいから、なんか書け!みたいな。無理だと思ってるでしょ! いいんです、1月っていうのは、夢や抱負を大いに語る月なのです!

ではおやすみなさーい!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

食べたもの=出来事

さてさて。今日は、1つの記事の中に、いくつかの出来事をさくさくっと盛り込もうと思います。

まずは、寿司。いつも拙ブログを訪れてくださっているそこの奇特なあなたは、「あー、あすかまる御用達の、いつものあやしい日本食やさんねっ」と思ったことでしょう!!

ノン、ノン、ノーン! 今回のとこは、違うんどすえ!

寿司に田んぼと書いて、すしでん。NYに住む人なら、知らぬ人はいない、「ちゃんとした」お寿司やさんでござい!

なんでそんなちゃんとした寿司やさんに突然行く気になったのかって、そりゃーあなた、あれですよ、あのー・・・、えっと・・・、いや、実はね、

タダ券あったからさ。100ドル。

あれは年末のある日。友だちのひとりが、私を含む3人を企業主催のパーティーに誘ってくれた。なんでも、タダ飯、タダ酒だとか! そんなに期待もせずに行ってみたら、予想以上の大盤振る舞いで、超豪華商品が当たるくじ引きまでやってくれたのだ。

で、私は見事にハズレ。あたし、こういうの当たったためしがない・・・。
しかーし! 友だちのひとり(つまり2人目)が、なんと寿司田100ドルを当てたのだ! えらい! えらいぞ!! おまえのものはおれらのもの、な? な!!

というわけで、4人で山分けすることに。・・・うーむ、ひとりあたま25ドルか。いきなりちっちゃくなったなあ・・・。(私が当てたのではないのだが。)
というわけで、寿司田ウェブサイトで綿密な計画(ランチの方が有利か、どのメニューを頼めばよいか、さらには自分が高級な寿司を食べるために、あろうことか、友だち2人目を陥れようかという陰謀まで!・・・無念哉、失敗に終わりましたが)を立て、いよいよ寿司田当日と相成ったわけです!

折りしも友だちのひとり(つまり3人目)に、メデタイ出来事があったところ。タダ券でってとこがなんだけど、とりあえず、ここでいちど祝っておこう!

「お飲み物は何になさいますか?」
「お茶ください」(×4)



・・・すみません、寿司田の方。今日はどうしても100ドルに納めなくてはいけないのです! というわけで、お茶でカンパーイ! おめでとう、3人目!!(←これはただの呼びかけであって、3人目の赤ちゃんができたとかそういうことではない。)

カウンターとか座っちゃったら高いのかもしれないけど、ひとり25ドルでも十分食べられるのである。ちゃんとしたお寿司が。



お寿司は、こんなかんじ。味? んー、おいしかったけど、でも正直、寿司の味って、シャリがどうとか、ネタがこうとか、よくわかんない。
はっ!! とさせられたのは、カリフォルニアロール。鉄火巻きの手前にあるやつです。といっても、ただのカニカマとアボガドなんだよ? 何があんなにおいしいんだろう? 普通海苔が巻いてある外側には、アメリカ流にゴマがまぶしてあるのみ。こちらでは海苔の食感が好きじゃない人が多いらしく、たいてい海苔なし、もしくはインサイドアウト。で、噛むたびに、このゴマの香りがまたよいの。おぬしやるのう!

友だち(2人目)が、かっこつけて言う。「すし屋の腕は、巻き物で分かるんだよ」
そんな彼女のオーダーは、太巻き(すっごいでっかいのが8切れぐらい? すごいボリューム!)、そしてボストンロール(レタスとか入ってたよ)。さすがです!

おなかいっぱい食べて、デザートはもちろんパス、さてお会計は・・・

97ドル! 100ドル以内に納めましたー! ・・・って、実はこの国には、チップ制度というものがあるわけで。総計114ドル。いやあ、なかなかどうして、上等でしょう!

ところで。友だち(1人目)は、例のパーティーに誘ってくれた。友だち(2人目)は、タダ券当ててくれた。友だち(3人目)は、祝いごと。となれば今日は、何もない私が、足が出た分まとめて払ってしんぜよう!!
・・・って言ってるのに、誰も受け入れてくれない。あたしだって、14ドルぐらい持ってるのよ! ぐすん! で、結局4人で払うことに。ひとり4ドルぐらい払えばいいからー、5ドル払って1ドルもらうね、じゃあ10ドルで6ドルもらって、20ドルで・・・あれれ足りない? なんでだ? 5ドルと10ドルで15ドル、1ドルと6ドルで7ドルだから15-7で8・・・あれれ??? なんかよくわかんない!?

たった14ドルを4人で払うのに、1ドル札をあっちこっち渡してぎゃあぎゃあやってる私たち。短気な友だち(何人目かは伏せておこう)は、もううんざりした様子でそっぽ向いてる。ほらー、だからあたしが払うって言ったのに!!!

ともかく、最後には計算の謎も解け、チップをきっちり払ってミッション終了! おいしかったおいしかったー! またタダ券当たんないかなー!


さて、続きましてはこんなお店。

お店じゃなくて、ただのさみしい街角の風景、に見えるでしょ? でも、ちゃーんとあるんです、お店が! この画像の、ど真ん中にね!

実はここ、いつぞやに記事を書いた、スペイン料理やさん。ほんとに隠れ家みたいなとこなんです。入ると、大衆食堂みたいな、社交場みたいなとこがあって、その先にレストランスペースがあるの。

ともかくレストランスペースに通されて。前回暗くて写真が全然撮れなかった記憶があったのだけど、この日は室内がまあまあ明るくて、「しめしめ、これならうまく撮れそう」とほくそ笑んでいたら!
お店の人が、ぎゅぎゅっとスイッチをひねって、ムーディーな照明になってしまった! 暗すぎるようー、NYのレストランって、どこもここも暗すぎ!


で、パエリアはこちら。・・・暗いっす。
でも、よくよく過去記事(さっきリンクはりました)見たら、ちゃっかりパエリアの写真その他数枚、撮ってあったのね。なーんだ。
しかし以前のは10人前だか8人前だか、とにかく巨大なやつで、これが1人前。
1人前を2人でシェアして、他にタパスを頼めば、ちょうどいいのだ。

ここのパエリア、ほんっとおいしいー! お米はアルデンテで、魚介もたっぷり、チキンも入ってるんだけど、チキンにもちゃんと丁寧に、シンプルながら美味な下味がついてる。
とはいえ、スペイン料理は大人数で来るのがお得でいいなー。大人数のイベントがあるたびここを使おうか!

そろそろ寝る時間なので、これで終わります。
最近のNY、やっと1月らしい寒さになっちゃいました。そろそろ雪もふるかな? 実は、今年のNYは、それまで1月4日が最高だった「初雪が遅い記録」を更新中なんだとか。
さむくてさむくて、凍えて歩いてるけど、雪は少し待ち遠しいぞ!

それではおやすみなさーい。

*翌日追記* 1月10日に、既に初雪は降っていたようです! たった15分! 以下ニュースよりコピペ。↓

暖冬のNYマンハッタン、最も遅い初雪
 暖冬が続くニューヨークでようやく初雪です。最も遅い初雪の記録が129年ぶりに更新されました。
 ニューヨークのマンハッタンで10日、この冬初めての雪が降りました。アメリカの気象当局によりますと、マンハッタンの初雪としては最も遅い記録です。これまでの記録では、1878年1月4日が最も遅く、この冬は129年ぶりに記録を5日更新しました。
 ニューヨークでは、4日前に最高気温が22度まで上がるなど異例の暖かさが続いています。ようやく降った初雪も、15分後にはやみ、晴天となりました。(11日08:25)

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

チョコにしゅ、ごしょかーい

今週の後半は、嘘のように暑かったNY。金曜、土曜あたりは、本気で半袖の人がたくさんいましたから! なんなんだー! お正月気分がふっとんぢまうじゃねえか!!

さて。
今日はあまいもののお話です。
いただきものなんですが、これ。

なんだかわかります?
チョコレートのお菓子、なのは分かりますよね。クッキー? チョコパイ?

さあー、考えてください。考えてる間に無駄な話をいたしますが、さて今日のタイトル。頭が回らず、よいのが思いつかなかったので、テキトーにつけましたが、意味分かります? フレンチっぽく発音していただければ幸いです。というか、読むとなんだかフレンチっぽく聞こえません? うひひひ!

ちーん! あっ時間です。さてさて本題。

角度を変えれば、答えが見えます!


これです! この形は、プレッツェルです。つまりこれ、チョコレートプレッツェル。
チョコプレッツェルといえば、私が昔アイスクリームについて記事で語っていた時にチョコプレッツェルについても説明したはずなので、そこから引用。

プレッツェルというと、道端の屋台で売ってる顔ぐらいの大きさのかたいパンと、飛行機の中でドリンクと一緒によく手渡されるちっこくてぽりぽりするスナックの2種類あるけど、これはちっこいほう。塩をまぶしたしょっぱいプレッツェルにチョコがコーティングしてあるお菓子だ。

だそうです。
・・・そういえば、最近はあまりアイスクリームを買ってないぞ、私。どこか病気なのか?


ま、それはともかく、チョコレートプレッツェル。
これがおいしいんだ! 皆様にもぜひ試していただきたいっ!!
「あまい、そしてしょっぱーい」の、この感覚。ああ、図に描いて表したい(が、今はこの記事を書き上げて眠りたいので書かない)。なんていうか、あまいの2秒後にしょっぱいが始まるんだけど、甘いも10秒間続くわけで、そして最後の1秒は微妙にしょっぱいのほうが一歩出るのです。だからつい、「どれ、もうひと口」といきたくなってしまう。・・・こんな説明を、別の「あまじょっぱい」お菓子の時にもした記憶があるが、まあその図式に合致しておるわけです。

特にこのチョコプレッツェル、おそらく上等品と思われ、その証拠に、指でつかんだ途端にねろーっとチョコがすごい勢いで溶けていくの。慌てて食べなきゃいけないのだけが、難点!


そしてもうひとつ。・・・って、こちらも実はいただきものなのですが。
宝石箱みたいに、いろんなひと口チョコが入ってる!
いやーん、こういうの、困っちゃうんだよねえ!! 一体何から食べようか・・・!

ちなみに、それぞれのお味は、ちゃんと箱に説明されています。
それぞれの宝石に名づけられた、女の子のハートわしづかみの(あっ、私が「女の子」とか言ったらしばかれそう・・・、いやだから、私自身のことじゃなく、世間一般の女の子のことねっ!!)名前をご覧下さいませ!


こちらはスイス発のチョコレートやさん、Lindtのもの。Lindtといったらもう、味には定評がありますっ!
レモンタルトやクレームブリュレ、そしてティラミスはその味がベースになっているけど、マカロンやチョコレートログ、メレンゲは、その形から名づけられているようで、中に入っているのは、基本的にガナッシュ。でも、このお店のお得意はガナッシュ(だと私は思っているの)ですから、もう最高なわけですよ。

あ、思えばチョコプレッツェルのほうも、ラベルに「スイス」って書いてあったな。
じゃあー結論! やっぱりチョコはスイスよね!

最後に、甘いものつながりのお話。
日本に帰るお友だちが残していってくれた米を炊いてみたら、もち米だった・・・。
かなりぎょっとしたけど、おかげで、おしるこを食べることができました! あんこは前から用意してあるんだけど、おもちを日本食スーパーに見に行っては、「高い!」「こんなにたくさんいらないのよねえー」などと文句をたれるばかりだったのだ。お友だちのおかげで、もちが食べられたばかりか、もちつき大会もできちゃいました。ていうか、素手でこねただけなんですが。

でも実は、まだボウル一杯もちが残っている。明日も餅食うぞ、オー。

では、おやすみなさーい!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

抱負・・・ふんふん!


突然ですが、あたくしの2007年の目標。

「2007年は折にふれて贅沢をしてみる」

思い起こせばアメリカに来てから3年近くの間。貧乏をネタにいくつ記事を書いたことか! いや、さらに思い起こせば、日本にいたころから、・・・よくよく思い起こしきれば、物心ついた頃から、私ときたら貧乏性で、お金がいくらある時でも、常に5円10円をケチる慎ましやかな生活をしてきた。
イヤイヤ倹約してたのなら人生の損だけど、否、私はそんな私が大好きなのだ! それに、使いどころはちゃんとわきまえて、時にはぱーっとやってたしね。

しかし。
今年はそこから一歩すすんで、なんていうかなー、何もなくても、時々ぱーっとやっちゃう、みたいなことをあえてやってみようかな、などと考えたりしているのだ。・・・はあはあ、確たる理由もなくぱーっとやるなんて、考えただけで動悸が激しくなるのだけれど!

で、前回の日記からの続きについて書くわけなんです。大晦日にWholeFoodsに行って買ったものは、これ!


じゃん!! 我が家のおせちでございます!!

さー、順に説明してまいりましょう。まず真ん中は、ご近所スーパーのアボガドとWholeFoodsのむきえびをマヨネーズであえて作ったえびアボガドサラダ。
その右奥に見えているのが、イタリアンハーブを周りにつけてあるローストビーフ。
そこから時計回りに、スモークサーモン。昔から何度となくお世話になってる、「カテゴリ的には高級なんだけど他よりぐっとお手ごろ価格」スーパーマーケット、Fairwayの、切り落としカスの寄せ集めスモークサーモンではございませんよ。今日のは、ちゃんとしたやつです!
お次がWholeFoodsのデリコーナーより、イカとえびとお野菜のマリネ。
そして隣が、この前レストランで食べて感動した、プロシュート・サン・ダニエレ。「あの感動をもう一度」のプロシュートは、相変わらず後から後からやってくる深い味。
その奥が、タコと赤ピーマンのマリネ風サラダ。
いちばん奥が、バジル味のペンネ。赤ピーマンも入って、サラダ風に仕上げてある。松の実を入れるのなんて、自分じゃあ絶対思いつかないねえ!


それから、普段買わないこんなものも用意しちゃったりして!

パテ。チキンやらターキーやらのレバーが入って、それからダック・スキン、・・・鴨の皮? んー何だか分からないが、いろいろ入っている、と。(はあ・・・相変わらず無知な私。)・・・おっと! 語り忘れてはならない、パテの中に見えるこの黒い点、これは、とととととトリュフだそうで!!

これをちびちびと、パンにのせて食べる(いちばん最初にのせた画像の図)と、まろりんとして複雑なコクがこみ上げてくる。んーおいしい!
・・・しかしトリュフというのは、一体どこに作用しているのか? トリュフ自体は、結構しっかり入っているんだけど、「んートリュフがきいてるねえ」とか言うためには、トリュフのお味をあらかじめ知っている必要があるのだ・・・。まあともかく、パテはすごくおいしい。買ってよかったなあ!


さらにまだあって、こちらはタラのベーコン巻き。
これがまた、ご近所スーパーのものとは雲泥の差の、ぶ厚くてジューシーなベーコンの味がすごい! 慎ましやかなタラが攻撃的なベーコンをしっかり包み込んでおります。不思議だ、包んでいるのはベーコンの方なのに!
上にのったえびはオーブンでしっかりローストされたとこにたっぷりバジルソースがかけてあって、ひと口で大変な満足感。

さっきの大皿おせち料理についても、全部大満足だった。夢が叶った・・・って感じだった! 
私の行ったWholeFoodsではサーモンのスライス売りはしていなかった(サーモンをスライスしてくれる店では、切り残しカスの端っこ、つまりいつも私たちが買ってるやつ、ができるわけです)ので、サーモンはパックされたものを買ったんだけど、プロシュートやらローストビーフは、お店の人にほしい量を言って、じーこじーことスライスしてもらうんだよ! いや、人生初めてというわけではないのだけど、まだどうも緊張する。スライス買いのベテランさんなどは、味見などさせてもらいつつ決めている。私も60歳ぐらいまでには、あの域に達したいわ!


で、最後はもちろんデザート!! Payardで買った、ケーキたちでございます。

・・・と行くはずだったけど、まあ想像しうることだったけど、おせち料理を食べきる前に、既におなかがぱんぱん。冷蔵庫にもまだ、ローストビーフやらプロシュートやら、他にもいろいろ、お代わりが入ってるというのに!

というわけで、結局ケーキは年が明けてから食べた。モンブランを食べるのは確か2度目なんだけど、そして1回目の記録は日記には残されていない模様なのだけど(画像だけは去年11月の日記に残されている)、土台のタルトのすぐ上に、なぜかレモンカード・・・。前の時もこうだったかな? 確かオーソドックスなモンブランだった気がするのだけど・・・。それともマイナーチェンジ? しかし合っていないような気がするのだけど・・・。もしや・・・お店の人が、間違えたとか???
こういうとき、Payardがご近所だったら、また買いに行くついでに「おたくのモンブランってレモンを入れてらっしゃって?(場所柄、なぜか山の手言葉)」なんて聞いてみたりして、もし間違いなら何かサービスしてもらっちゃったりしちゃうかもしれないとこだけど、・・・遠いのよねえ。しかし、次回行く時には、お店の人に聞いてみたいものだ。しかしそれまで覚えていられるかな。誰か食べた方いたらタレコミくださいっ!

奥は、ティラミスタルト。3枚の羽のようなチョコの奥にまんまるバニラムースがぽこんとのってるんだけど、この中がちゃんとティラミスみたいなお酒の染みたスポンジ入りなのだ。んー、こちらは美味です。ほっ。

ケーキは元旦だけど、さっきのおせちをたらふく食べた後は、外に繰り出して、今年の新年は外で迎えました。帰りは夜中の3時4時、いつもなら人が電車の中にも街にも、人がほとんどいない怖い時間なんだけど、New Yearのこの日だけはわいわいとにぎわっていて、安心だった。年越しパーティーをした人たちは、みんな仮装したり、2007サングラス(ゼロゼロのところが目になる派手なやつ)、男性は2007シルクハット、女性は2007カチューシャなどを装着し、酔っぱらって楽しそうだった。

あ、そうだ、最後に2007年の目標もうひとつ。
今年は、「のんびり」も目標にしないといけないなあと、思っております。
2006年は突っ走ったっす。えらかったっす。でも、今年は少し、歩調を緩めて。そして、やりたいことを、しっかりやる。こんな感じでいきたいなと。
「のんびり」が板についてくれば、日記の頻度も少しは上がるはずですので、どうか皆様、2007年もくじけず、めげず、たまにはこちらのブログに遊びに来ていただければ幸いです。いや、まだしばらくは、週1回の訪問で結構です・・・。