ベーグルの穴から見えた日記

にっぽんをかんじる・その2

あまりの忙しさに、日記が進まず・・・って、これじゃあNYにいる時とおんなじいいわけじゃんーーー!!
あー、にっぽんに帰ってくれば、のんびりできると思っていたのに・・・。浅はかだった・・・。

というわけで、この前の続きを書く。(遅いっすね・・・すんませんー)
すみちゃんとのメインイベント、それはここですー→
わかるー?




つきじ、でございます!
私はつきじ初心者だけど、すみちゃんにとっては職場が近かったことで元テリトリー、だから私が一時帰国した折には必ずや築地に連れて行ってあげようと、なんと半年前からあたためていてくれた企画なのであるーーーーー(感涙・・・!!!)


あ、ちなみに行ったのはここなんですが、先に言っておくとお寿司の写真はないっす・・・。

ここは、「築地でお寿司といえば、ここかあそこ!」という、超・超・超有名店のひとつ。
見てのとおりのすごい行列。実は、2時間待ちましたー。
超有名店のもうひとつは、実はこの店の2軒先ぐらいにあるのです。そっちもものすごい行列。この区画だけ、ゆうえんち状態です。
でも、私たちのお店のほうが、お店の女性の対応もやさしくてすてきだったので、私はこっちに並んでてよかったー・・・と思った。

2時間後に、やっとこさカウンターに座れてからの、板前さんたちがお客さんを楽しませようとする気持ち、ただジェットコースターの最後の急降下みたいにしてお寿司を詰め込むだけじゃないゆったりした時間の流れ方、そしてそして工夫を凝らしたお寿司の数々、そしてそしてそして、最後の1貫、お店のすべてのメニューの中から、自分の好きなものを選べるという、粋すぎる演出! ぜんぶをとっても楽しめた~。

さて、私は最後の1貫、何を選んだでしょうか?


はい、分かる人にはかんたんすぎるこの問題、答えは・・・うに!!でございます。私の大好物でございます。うには、お任せにぎりの中に入っていたのだけど、あまりのオレンジっぷりと、あまりの濃さに、もういっかい食べずにはいられなかったのよ。

ちなみに、すみちゃんの最後の1貫は・・・コハダ。
私も、板前さんたちも、思わず「し・・・しぶい・・・」


もっちろん、食べて帰ってきただけじゃなくて、築地の場内・場外と歩きまわって、ここは何の店ー、こっちに行くとなにがあるー、って全部教えてくれた!

平日でも人がたくさんいて、その間をこんな車がすいすいと走っていく。結構なスピードで、人すれすれに走っていく。ターレット、という車なんだって。かーっこいい! 早すぎて、カメラにうまくおさまらない。これは、左右確認をしてるところを、やっとのことでパチリの図。


もちろん、ターレット以外にも自転車やらバイクやら、たくさんの人がいろんなものに乗って働いてる。

こちらは配達のお兄ちゃん。荷物積みすぎ!! でもこの高さに、ひもをぐるり、ぐるり、って巻いただけで、すいすい走ってきて、お店のお姉さんに箱の中からいくつか渡して、ぶいーんと軽快に走り去った。
あれも職人芸やね。
FI2616253_5E.jpg

最後は、つきじならではのこの風景。

これなあに?と思った人は、どうぞクリックして大きくしてみてちょうだいな。

道路にぽいと投げ捨てられた、まぐろのしっぽ!!!
にっぽんだねえー!(・・・んん? ちがうか???)

そんなこんなで、待ってる間は少しさむかったけど、お天気もよく、見るもの聞くものすべてがおもしろかった築地ツアー。日本に着いて2日後にはもうこんなとこに連れて行ってもらえて、私はしあわせものー!

・・・そうだ、これはもう1週間以上前のはなし。書くのが遅すぎるのを改めて実感・・・。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

にっぽんをかんじる・その1

帰国以来あったイベントの一部を、ざざっとご紹介。




まず、すみちゃん(・・・ってどなた?と思った人は、すみちゃん前回登場時のこのシリーズへ飛んでいってくださいませ!)とラーメン。
画像なしですごめんなさいー!(てか、この画像については後ほど解説→)
まさに里帰りして食べるにふさわしい、魚パンチなつけめんを、あつもりでいただく。

東池袋大勝軒の流れを汲むというこのお店、といっても、実は恥ずかしながら東池袋大勝軒を未食の私としては、そのへんの違いは語れないのだけど、おいしいつけめんでございました。
動物系とお魚系の合わせダシながら、比率的には魚パワー炸裂、個人的な好みとしては両者が拮抗して互いにしのぎを削るってな感じがど真ん中なんだけど、それでもこのつけめんは、なかなかよかったわあー。ほんと久々に、ちゃんとした、真摯なつけめん食べたなあーーー。
麺は、ちょっとカーリーなうどん的麺、箸で持ち上げたら先が踊ってたよ。
食後のスープ割りで、魚介のうまさ炸裂がぐぐっと活きてきたね。

いやあー、にっぽんだなあ!


次。すみちゃんとにっぽんのベーグル。
私のために、すみちゃんが自分ちの冷凍庫からベーグルをふるまってくれたのだ! さあー、ベーグル通のそこのあなた、この断面でどこのなんてベーグルか、分かるかな???


はい、正解を発表します!
左から、ブラウニーベーグルのさつまいもベーグル、同じくブラウニーベーグルのパンプキンチーズベーグル、そしてはちべえのあおさのりベーグル、だそうです。今まで食べたこともないし、自分ひとりでは食べる機会もなかったであろうこのベーグルたちを、食べることができちゃうなんて!
これらを、すみちゃんオススメの食べ方で食べたわけです。

というわけで、お待たせしました。さっきの1枚目画像の解説。
これは、あおさのりベーグルに、サーモンの入ってる、いわゆるLoxクリームチーズを挟んだもの。海+海のこの組み合わせ、確かにいける! それにベーグル自体も、ブラウニーよりはちべえのほうが、かたくて好み。ふふん、おいしいな!

ブラウニーの2種は、さつまいも+りんごジャム、パンプキンチーズ+パンプキンクリームチーズで。かぼちゃとチーズとか、ほんっと好きなんだわー、この組み合わせ。
アメリカじゃあ、まずお目にかかれない可能性が高い、この3種。すみちゃんありがとう!!


さらに、すみちゃんと銀座のお茶処で休憩。

最初にお茶代500円を払って、お茶とお茶菓子をいただくのだけど、この日はたまたまボジョレー・ヌーボーの解禁日翌日で、小さなグラスに1杯、ボジョレーの赤がサービス! やったね!

お茶処なのに、このモダンなデザイン。不思議な空間でした。


備え付けの長椅子に分厚いガラスがついていて、そこがテーブル。(座布団なのかと思って座ってしまいそうになった・・・!)
くさりかたびらのようなコースターも、新しい感じ。

もうひとつ上の階では、お抹茶が飲めるんだってー。


「それにしても」
えっ、なにかご質問ですか?

「なんでまた、すみちゃんと一緒のイベントばっかりなのさ」

むふ。
よくぞ聞いてくださいました。上記イベントはすべて、今回の帰国のサブメインといってもよい、大イベントのオマケだったわけです!

それについては次回また。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

にっぽんだあ・・・

やっとひと息。
あー、こりゃ確かに、にっぽんだよ。

私の見つけた、にっぽん。


ぶなピーちゃん。
彼女は既に、「かつての有名人」なの? あたしゃ初めて知ったよ。

鍋に入れたら、ぷるりんとしておいしかった~。



チロルのきなこもち味。

これはうまい!! なんか少し前に、チロル一族の悪口を言ってたけど、これは同じもち入りでも、すごくおいしくできてる。ちゃんと合ってる。
ほんとにきなこもちみたい! んー・・・おいしい。


私にとっては新製品でも、これはその道に詳しい人に聞くところ、実は昔のヒットフレーバーらしい。

いやー、でもこれはおいしい。餅の食感がいいかんじ。ほんとに、きなこもちみたい。でもチョコの味。

というわけで、ぼちぼち日本でのことなど書く予定です。
今はとりあえず、しみじみと「にっぽんだあ・・・」の時間。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

にっぽんか?

ご無沙汰してしまいました。いやはや。
あすかまるさんの近況をご説明いたしますと。

NYで、あまりの忙しさに目を回しているうちに・・・
突風が来て・・・飛ばされて・・・

・・・

・・・・・・

気がつけば、そこは。


にっぽん・・・か???

ハロウィン少しおすそわけ。

11/3追記 この記事の5枚目(いちばん下)の画像を差し替えました! 以前、ドむらさきの中にたたずむ魔女を見た人は、お手数ですがぜひもういっかい画像を見に行ってちょうだい!

(前回の日記からの続き・・・って、別にそんなに続いてないか?)

いやー、結局、行ってきちゃいました。
で、仮装したのかって?

それは・・・・・・もっちろん、ちゃんとやりましたっ!




あっ、この画像は、私じゃないよ。一応言っておくけどさ。→
とはいえ、ひと晩でテキトーに考えて、というか去年とベースはほとんどおんなじ、魔女。コンタクトもめんどくさいから、今年はメガネのまんまで、テーマは「魔女見習い中」! 去年のカツラつきのかっちょいい魔女に比べて、どんくさくて幼い感じだったしね。手抜きもいいとこだけど、ともかく仮装ができました!

友だちとの待ち合わせ場所に着くまではひとり、魔女帽子を手で押さえつつ街を行く。ひとりで仮装って虚しいかなー、と思いきや、ハロウィン当日とはいえ仮装率の比較的低いミッドタウンでは、魔女の私にみんなが声をかけてくれる。
cackling(cackleは、「動物が甲高い声で鳴く・きゃっきゃっと鳴く」の意だそうで、魔女の笑い方もこう表現できるんだって。ひとつおりこうになった!)してきたり、「スティックはどこにあるんだ」とか聞いてきたり。たのしいな! たのしいな!


で、いきなりピザなんですが。

友だちと合流して、ハロウィン騒ぎの中心部へ移動。そしたらもう、人の波がすごくってすごくって!! ハロウィンの日には仮装した人たちが歩くパレードがあるんだけど、大混雑のパレード見学はあえて避けて、夜にビレッジ辺りをうろつくのが吉(もっとすごいものがたくさん見られる!)。・・・と分かっていたのだけど、パレードが一体どこで何時まで開催されてるのかもよく分からずに、軽くパレードを外すつもりでWest4th駅に出たら、

うぎゃああああーーー、ど真ん中じゃん!!!!!

人の波に呑まれ、たゆたうこと10分。1ブロック移動しただけで、ぜいぜいはあはあ・・・。つ、つかれた・・・。
ということで、やっと混雑を離れ、レストランを物色し、入ったのがイタリアンのこのお店だったのです。前にも来たことがあるんだけど、ピザやらパスタを食べるのは初めて。おしゃれなレストランは、仮装の人でごった返し、店員さんも皆仮装、生のジャズ演奏があるのだけど、ちゃっかりお面かぶってピアノ弾いてたりして。今日はほんとに変な日だ!
窯で焼いてるらしいピザはとにかくサイズにびっくり!!! それからカルボナーラパスタがおいしかった!


で、このお店でデザートを・・・

って、人じゃん!!! (うふふ、さっきのピザは「食べたもの紹介」兼「前フリ」よ!)

この人は表情もしっかり作って、撮られ慣れてるかんじだった! 撮った後、「大丈夫? いいの撮れた?」と確認してくれたし。

そうよ、ここではすごい仮装をすれば、誰でもアイドルになれるのだ!


お姫様や化け物、バニーガール、頭から血を流して顔面蒼白の人、メイド、兵隊、妖精、侍・・・なんでもありの今夜のビレッジにおいては、私の魔女は取るに足らない仮装。それでも、いいの! たのしいんだなあー!

この画像は、ドラム缶(?)女と、アルコール検出器(Breathalyzer ・・・今調べたの)男、その奥にたたずむメキシカン男。

今年はまた、ハロウィンの日があったかくて、セクシーな男女も全然寒さを気にする必要がなかった。ミニスカートのシスター数名が、スカートまくりあげながら踊ってる!!・・・と思ったら、みんな男だった。(あれっ、これは気温の話と関係ないな。)
あんまり夜中までうろつくこともなく、今年は帰って来たのだけど、電車の中の仮装の面々(みんな素に戻ってる!)を見て、最後まで楽しんだ!

で。
最後にやっちゃう? てか、見てくれる? 私の手抜き仮装を!


これでございます。
題して、

「魔女、べんきょう中」

でございます。

来年は魔女を卒業して、しっかり計画立てて、何か違うのをやってみたいなー! わくわく! わくわく!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事