ベーグルの穴から見えた日記

さよなら。

もう、疲れてしまいました。やめさせていただきます。

・・・って、いやいやいや! 日記をやめるわけじゃ、ありませんから!!
このブログです! Doblog!!
メンテナンスやっても、全く動きがよくならない。
全然ブログが見られない。
やっと見られたかと思っても、記事を書こうとすると結局エラー表示に。

私も、他のDoblogユーザーも、ずいぶん耐えたのではないかと。
でも、ここに来て、あちこちで「引越し」話があがってきている。だから、私も今かなと。

私は、住んでるところが日本じゃないから、自分の使う時間がアクセス集中時間とはかなりずれてて、少しはよかったはず。もともと、「毎日書くぞー!」というばりばりブロガーじゃないし。でも、読んでくれているのは日本にいる人が多いわけだから、皆様をどれだけイライラさせたかと思うと申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

で、引越し先をとりあえず、ここにしてみます。
どっちにしろ、だらだら進むかんじですが、何卒よろしくおねがいいたしまする。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

拝啓夏様

猛暑の候、いかがお過ごしでしょうか。お変わりありませんでしょうか。

実は、昨今のNYの夏に少し勢いがないような気がして、心配になり筆を執りました。今日こそは暑くなるかと恐れていても、夕方には激しい夕立が来て、夜にはすっかり涼しくなってしまいます。それで、私の度重なる愚痴が、もしやお耳に入ってしまったのではないかと、ふと不安になったのです。いえ、別に、何も、大したことは申しておりませんよ。それでも、夏様がもし体調でも崩され弱気であったりなどすると、私めのようなとるに足らぬ者の戯言にも、深く傷ついてしまったのではないかと思った次第です。
Brighton Beach

日本や欧州、ひいては米国の他の地域においても、ずいぶん暑さが厳しいと聞きます。NY地域のみをご贔屓にしてくださる夏様には、頭の下がる思いを抱くと共に、もしやNYでご活躍できない鬱憤を他所で晴らしていらっしゃるのではなどと思い、大変心苦しくもあります。もし、もしも、夏様がそのような思いであるのならば、私共NY住民一同、もう少しの暑さでしたら、歯を食いしばって耐えられるかと思います。いえ、杞憂でしたら、もう本当にこのままで、全くもって問題は無いのですが。

これから8月を迎え、夏本番です。夏様におかれましても、お忙しくなることと存じます。風邪などひきませぬ様、ご自愛下さいませ。ご活躍をお祈りいたします。

敬具


Skype、今週末、日本への通話無料キャンペーンです! というわけで、日本に電話するぞ!とわくわくしてまずは親に電話、さて次は・・・。・・・・・・。

ぎゃっ、私って、ほんとに友だちいない!!!!! がーん・・・。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

はじめまして

FC2に引っ越してきました、Doblog難民です。
祖国にも大事なものを残してありますので、状況が改善すれば戻るかもしれませんが、今はしばし、こちらで日記を展開したいと思います。

・・・うーむ、このような中途半端な姿勢、難民などと大仰に言うより、ただ旦那に我慢できなくなった妻が「実家に帰らせていただきます!」ってな響きだな。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

うみ、ていうかロシア

何日も暑い日が続いていた先週の日曜、その話は決まった。

「来週の日曜は、海に行く!」

夏は嫌い。でも、海は好き。いやな夏をがんばってるんだから、せめて海には行かないと! それに、NYは大変な海日和だぜ! 夏まっさかりだぜ!

・・・と、決めた途端に。
NYの天気はころころと坂を転げ落ち、連日、雨が降り雷が鳴り響く意味不明に激しい天気に変わってしまったのだ。なんてこった、さすがNY。雨が続いて、気温もすっかり落ち着いてしまった。
それでも、私はめげなかった。行くったら、行く! 日曜が雨天なら、さすがに延期するが、でも、曇天結構! いや、決行! と、固く決意して、日曜を待った。
FI2616229_1E.jpg


果たして、日曜の天気予報は、1日曇天。決行!! ・・・とはいえ、泳ぐにはどうやらさぶすぎる。というわけで、水着は諦めて、海にお散歩に行くことにしたのです! ていうか、むふふ、ほんとはね、1日かんかん照りの砂浜にいるのはちょっとツライから、曇天ぐらいがちょーどいいのよ!

海の前に、朝ごはん! というわけで向かったのが、数ヶ月前に発見したご近所パン屋さん・・・って、バスに20分乗って行くんだから、ご近所でもなんでもないんだけどさ。とにかくあのパン屋さん。

しかし。事件は起こった。
うだうだ書くほどのことではないけど、むかつくから書きますけど、注文したサンドイッチに頼んだはずのベーコンが入ってなくて、もういちど作ってもらったら、今度はベーコンじゃなくてベーグルが出てきて、もういちど言いに行ったら、横にいたオーナーのおっさんが、「もう3度目だから作り直しはできない」と言ったのだ。
こっちにも落ち度はあった。「ベーコン入ってないんですけど」っていう時に、注文を取ったおねえさんじゃなくて、キッチンに直接持っていったこと。確かに、そこで話がこじれた。でも!!
おねえさんは感じのいい人だったけど、オーナーのおっさんが、一瞬でお得意さんでもない、力がありそうにもない、私たちを見て、そう判断したのだ。「でも、そっちの落ち度でしょ?」と、友だちが怒って反論したが、それはもう完全に無視して他の人の注文を取っていた。結局、お金を返してもらったのだけど、気分は最悪だった。
おしゃれなお店が他にない地域だから、日曜のお昼前のこの時間、人が途切れなく訪れる。ああむかつくあんな店が繁盛しているなんて。もう絶対行かん。

ああ、私の大事なにちようびに、いきなり水をさしやがって。取るに足らない小さな事件かもしれないけど、私はこの日曜を大変に楽しみにしていたんだから! それに、あのパン屋さんに再訪できるのも楽しみにしていたんだから!! ばかー!

こーなったら、海だ海!!
FI2616229_2E.jpg

というわけでやってきたのが、ブルックリンの下の端(地図で言うところのね)、かの有名な、独立記念日ホットドック早食い選手権の開催地・コニーアイランド・・・の隣にある、ブライトンビーチというところ。コニーアイランドからずーっと、いちばん上の画像のように、海に沿って、ボードウォークが続いてるのだ。
最初は、「NYで海といったら、コニーアイランド!」と心に決めていたのだけど、急遽お隣さんに変更したのにはわけがある。このブライトンビーチは、ロシア人街なのである! ちらりと見かけたフリーペーパーの記事のおかげで、今まで知りながら未踏の地であったロシア人街熱が、一気にヒートアップしたのである!!
天気は相変わらず、寒いぐらいの曇天。1日海辺に佇むよりも、海とロシアと、両方楽しむほうがお得~!

それでもまずは本日のメインイベント、海を拝む。なんかさびしげだ! でも、水着のツワモノも結構いる。なぜか中高年の人が多い。多分ご近所のロシア人だろう。
この地域、チャイナタウンに匹敵する異国っぷりだ。それでも同じアジア人だからだろう、中国のほうがずっと目にはやさしい。週末の昼にぶらぶらお買い物でもしようかとばかりにわらわらとご近所から出てくるロシア人の波に呑まれて、海じゃないのに溺れたわ!

ここに来た理由のひとつは、イクラ。イクラの値段を偵察に来たのだ。片っ端からスーパーマーケットをひやかす。そのうちおなかが空いてきたので、ロシアっぽいレストランに入ろうと探すのだけれど、なーんか、どこもぱっとしない。結局、限界一歩手前で、近場のレストランになだれ込む。こういうのがさ、案外すんばらしいお店との出会いだったりするのよねっ?!

・・・しかし、またしても事件は起きた。
FI2616229_3E.jpg

これ! フリーペーパーにも載っていた、この1品。クレープに巻いて食すのが、ロシア流のイクラの食べ方らしい。なかなか素敵な見た目ではないか。

しかし、端的に言おう。これは、クレープとイクラだ。
ああ。冷静に考えれば、分かるはずだった。クレープとイクラが果たして合うのかどうか。でも、これが名物だっていうから、なんかきっと隠し味かなんかしてあって、不思議とおいしいのに違いない、って思うじゃん! しかし真実は、卵のほの甘いクレープと、しょっぱいしょっぱいイクラの平行線な味わいだった・・・。ああロシア・・・。

もうひとつ、ウインナーの盛り合わせを頼んだ。「盛り合わせ」ね。スーパーマーケットにもなかなかウインナーが充実していたので、期待したのだ。そしたら、こんなかんじのが出てきた。
FI2616229_4E.jpg

ソーセージ盛り合ってないし!!
なんか、おしゃれを気取った風なんだけど、マヨネーズの変なぐにょぐにょとか、散らしたネギが微妙に大きすぎるのとか、一体何のことやらさっぱり分からない。かなり異様である。ちなみに、これ、5ドル・・・。さっきのクレープイクラ、9ドル近く・・・。

だいたいこのお店、最初から変だった。
「飲み物は?」
「お水でいいです」
「ミネラルウォーターですか?」
「いやいや、普通のお水で」
「水はありません」

水が・・・ない? 水のない飲食店?! 異国人だからなめられてるのかと思ったが、確かに周りはみんな、ビールやらワインやら変な赤い飲み物やら飲んでいて、水を飲んでる人はいなかった。

かさかさのパンを食べていたら、自分のロシア体験の記憶がよみがえってきた。なんと私、こんなところにちゃっかり、ロシアの思い出を書いてるんですねえ! とはいえ、リンク先を読んでも何のことやらわからないでしょうから、ここでご説明します。

あれは2002年。アエロフロート航空、モスクワ経由ロンドン行きの飛行機が、成田出発3時間遅れの結果、どでかい空港の係員と一緒に必死で走るも乗り継ぎ便に間に合わず、空港に数時間放置の末、やっと夕飯を食べさせてもらえると思ったら、かさついたパンと味のない蒸したチキンみたいなのが出てきて、その後はバスで近くのホテルに連れて行かれて、見知らぬ人と2人一組で宿泊(・・・実は、私は幸運にも、最後にひとり余ったので、ひとりで1部屋もらえたのだけど)。朝になりロビーに集合すると、朝ごはんだといって、果物とへんなロシアのお菓子がいくつか入ったビニール袋をもらった。そしてまた空港に戻り、やっとロンドンに着いたのは次の日の昼だった・・・。
私の、たった1夜の、しかし濃密すぎるロシア体験。

そして今、あの時感じたロシアが、確かにロシアだったことを、ここロシアで確認した。

これがロシアだ!!

いや、嘘です。こんなのはロシアじゃないかもしれない。ロシアのファンの人ごめんなさい。でも、でも、あんまりこの料理やら何やら全部が強烈すぎて、私たち、笑い倒さずにはいられなかったのだ。
料理を食べながら、げらげら笑った。友だちの頼んだアイスコーヒーは、ホット用のカップとソーサーで出てきて、味がまたちょっとありえないほど酸っぱくって、また笑った。
FI2616229_5E.jpg

今日は、食べ物運がとことん悪いらしい。笑い疲れてお店を出ると、もうイクラもウインナーも、買う気がしなくなっていた。ロシアといえばピロシキ、というわけでピロシキも食べてみたかったんだけど、・・・やめておこう。海だ海! そうだ、海に来たんだった! 海があれば、それでいいじゃん!

レストランに入る少し前から、急にお日さまが戻ってきていた。いい天気だ! 来たぜ海日和!(ピロシキは揚げパン、暑さが戻ったせいで食べる気が失せたのもあるな。)砂浜にいる人の数も、さっきよりずいぶん増えた。というわけで、最後は海に癒されて、電車とバスでおうちに帰りましたとさ。

はあー、海に行った話のはずなんだけど、他にいろんなことがありすぎて、海の記述の割合がちっちゃい!! でも、朝のパンや事件はさておいて、ロシア人街のほうは本当に心から満喫いたしました! おもしろかったの、ほんとに! あと、海ね。晴天の海ももちろんいいけど、曇天の海もやっぱりいいな。

そんなわけで、ひっさびさに、「あそんだーーー!!」と叫べる楽しい1日でした!

最後に友だちのひとこと。「ぜったいロシアには旅行に行かない・・・」

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

メロンと旅行記

はー、ずいぶん間があきましたね日記に。
生きておりますよ。こちらは。ま、ぼちぼちやっております。

暑さは、今のところまだましな気がします。そこそこ暑いんだけど、風もあって。
それでも、夏というだけで、意味もなくブルーになりがちな私。そんな私を救ってくれるのが、今夏大流行している(あ、もちろん私的流行です)、これ。


メロンです。Cantalope(カンタロープ)という赤いメロン。網目のメロンです。我が家では、親しみを込めて「かんたろっぺ」と呼んでおります。
1玉1.5ドルの涼しく甘いしあわせ。

さて。
いつもいつも、日記を書かずに溜めては、ひとつの記事の中に全部まとめてぶち込んでしまうので、せっかくのジャンルわけ機能が全く活かされてない気がしなくもないんですが、懲りずにやっちゃいます。

ここで、クイズいってみましょー!


突然ですが、ここはどこでしょう?

その下の写真が、彼が見ている景色。


まず、上の画像。ちっちゃすぎて顔がちゃんと見えないかもしれませんが、このおじさんは、リンカーン。超巨大リンカーン像です。そして、その視線の先にあるのは、ワシントン記念塔。・・・あっ、答えが出てしまった!! その後ろに議会議事堂が隠れています。この画像ではほとんど見えてないけど!

というわけで、行ってきたのは、ワシントンDCです。
といっても、所用のついでに駆け足観光できただけなのだけどね。朝9時だというのに、ワシントン記念塔のとこには長蛇の列が。多分、中に入るための列だったんじゃないかなあ?
このモールと呼ばれる広場の周囲には、スミソニアン博物館が包囲していて、さらにその外側に、ホワイトハウスを始め(ちらりとしか見えなかった)、アメリカの超重要な建物がぐるり。かもし出す雰囲気はまさに、日本の永田町のそれでした!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事