ベーグルの穴から見えた日記

丸い物体の悲劇。

数日前から突然、蒸し暑くなりました、NY。これは・・・なんでしょう、まさか・・・、あれがきちゃった、なんてことは・・・、ないですよね? あのー・・・例の、夏ってやつが。

おととしの夏、冷夏。
去年の夏、猛暑→あすかまる夏バテ。
今年の夏、・・・一体どうなるんでしょうね?

冷夏プリーズな気持ちと、夏バテでさらなるサイズダウンを狙いたい気持ちと、ちぢに乱れる乙女心・・・。

それはともかく、明日の月曜日(あっ、これを書いている今、日本はもう月曜のお昼前ですが、NYは日曜夜10時です)は、メモリアル・デー。国のために亡くなった軍人を追悼する祝日です。
ああ。今日は日曜日だった上に、明日もお休みだなんて! 連休、本当に久しぶりなのです、私!
でもね、私、今すごく眠いの。だから今日は、テンション下がり気味のネタをひとつ消化してベッドにもぐりたいと思います。



チョコレートプレッツェル味のアイスクリーム。
ご近所スーパーでひと目見た瞬間、心奪われた。ちょうどそのひと月前ぐらいに、「チョコレートプレッツェル、おいしいんですよー」と、お友だちに少し分けてもらった。プレッツェルというと、道端の屋台で売ってる顔ぐらいの大きさのかたいパンと、飛行機の中でドリンクと一緒によく手渡されるちっこくてぽりぽりするスナックの2種類あるけど、これはちっこいほう。塩をまぶしたしょっぱいプレッツェルにチョコがコーティングしてあるお菓子だ。
しょっぱいものと甘いものって、ほんとーによく合う。日本で言えば、柿の種チョコである。賛否両論あるかもしれないが、私はあれが大好きである。くせになる味である。食べず嫌いの人がいたら、ぜひ試していただきたい!
しかし今は、柿の種チョコではなく、チョコレートプレッツェル。この画像の右下のほうに、LIGHT RECIPEの下のところにイラストが描いてあるでしょ。これがそう。

あんなにおいしいチョコレートプレッツェルが、これまたおいしいアイスクリームの中に入ってるなんて!! 絶対食べたいっ!!


おお、埋まっている埋まっている! チョコレートプレッツェルらしき物体が、たっぷりと!
といっても、プレッツェルのあの形ではなく、ただの球体である。まあいっか、噛んじゃえば何だって同じだもんね。

ぱくり。
・・・ごりっ。(!?)

アイスクリームとは思えない音に、我ながらびっくりした。このチョコレートプレッツェルらしき丸い物体が、すごくかたかったのだ! 周りのチョコが、アイスクリームで冷やされて、かちんこちんになってる!


なんか汚く感じる人がいたらごめんなさい。撮影用に、一生懸命半分にかじりましたの図です。

このアイスの欠点を分析しましょう。
口に入れた瞬間、アイスクリームは溶けていくのだけど、この丸い物体は、最初の瞬間はとても噛み砕けるシロモノではない。仕方なしに、丸い物体を口の中で転がす。そのうちにアイスは全てなくなる。そしてやっと噛み砕くと、広がる塩プレッツェルの味。しかしその時、コーティングされていたはずのチョコは、残像を残して既に消えようとしているのだ。
チョコレートプレッツェルは、チョコとプレッツェルが同時に味わわれることで、甘じょっぱさのハーモニーを生み出す。それなのにこのアイスは、アイスクリーム→チョコレート→プレッツェルが、互いに混じり合って高め合うこともなく、順を追って淡々と行われ、最後は塩で終わる。アイスクリーム食べてるのに、なぜに後味がしょっぱいのだ!
しかも、これは既に何度か言っていることですが、Turkey Hillのふわふわしたアイスは、元々私の好みではないのだ。

そんなわけで、よくなかったのです、これ。おいしいフレーバーを見分ける眼を日々鍛えているはずの私が、こんなつまづきをするとは・・・。まだまだ修行が足りないわ。肌寒い気候が続いてたことも手伝ってか、全然このアイス、減らないのですー! えーん!

しかし、冒頭述べたように、数日前からはムシムシ天気。がんばってなんとか消化します。あ、スムージーにしちゃおうか? でも、あの丸い物体が邪魔かしらん。うーむ・・・。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

すくすく。

最後方からものすごい脚で2着に突っ込んできたのは、なんと無印のこのネタだあああっ!!
(あっ、すみません、前々回から引き続いて、まだネタレースやってます。)

ほんとはいろいろ立て込んでて日記書いてる場合じゃないのよ、でもあんまり感動したので。

数日前。あさがおの種を、コップに植えてみました。
でもね、私の家って庭はもちろんないし、大きな窓があるわけじゃないから、日当たりもいまいち悪いと思うのです。それで、半信半疑で、だけどそわそわして、1日に何回も、「出たかなあ」と見たりして、待ってました。
次の日の朝起きていちばんに、またコップをのぞき込んだけど、何も起こってませんでした。「出ないのかなあ」と、少し心配になったり、でもまだたったひと晩であんまり気が早いよ私、という気もしたりしつつ、またお水をたくさんあげました。

そして、その次の日に!



で、で、出たあーーーーーーーー!!
なんかちっこいくしゃくしゃの黄色いのが、よっこらしょと言いたげに、顔を出してた!

すごいすごーい!! こんなテキトーなコップにぶち込んだだけなのに、ちゃんとがんばって、芽が出てくれた!
でも、なんだかちょっともやしっこ・・・。やっぱりお日さまが足りないのかなあ。肥料も入れてないしなあ。なんとか育ってくれるといいんだけど・・・。

そして、次の日には。


うぎゃあーーー、なんかもう、しっかりふたばになってるし!! すごいっ!!

最初は、2枚の葉っぱがくっついてたんだけど、お花が咲くみたいに、ふたつに開いたんだよ。わあー、すごいなあー、ほんと!

この狭いコップの中に、種をみっつ植えたのだけど、残るひとつはまだ出ない・・・と思ってたんだけど、よーく見たら、それらしきものが、いた。


これ。(画像参照。)

どうしてすっごく見つけづらかったかというと、種の殻を破れずに、殻かぶったままでてきちゃってたのです。上から見たら、土も種も真っ黒だから、全然気がつかなかった。(何枚も写真撮っててあっと気がついたのです。)
ネットで仕入れた知識によると、こういう時は殻を人の手で取ってあげないとだめらしい。
お湯つけてふやかして、取ろうとするんだけど、これがまあ、すっごくかたいの! あさがおの種に最初に傷つけた時と同じぐらいにかたい。これ、種の殻じゃないよ。多分、種そのものだよ! 種をかぶったまま出てきたってことは、逆さまに育ってるのか・・・??? 結局、わかばの持つ底力に期待して、そのまま待ってみることにした。

でも、半日たって、やっぱり心配で、かなり無理やりこじあけた。そしたら、先っぽには葉っぱも何もなくて、それこそほんとにもやしみたいに、ぴろんてなってるだけだった。私がもっと早く緊急手術してたら、生き延びたかもしれないけど、これはもうだめです。ごめんね、といいつつ、引っこ抜く。引っこ抜くまでもなく、根っこも全然できてなくて、不思議な物体だった・・・。


それはそうと、生き延びているふたつの成長ぶりに違いがあるのがまた心配。もしかして、弱い方は、強い方に土の栄養取られちゃうんじゃないかしら?

というわけで、もういっこコップを用意して、ふたつに分けました。
といっても、うちの中には土がないのよねえ・・・。というわけで、土も折半。今度どっかから持ってきてあげるからね、今はガマンしてね。
土が減って高さも低くなったので、コップのふちが邪魔して日が当たらないと大変、とコップを切る。
のっけからスパルタでごめんね。これがママのやり方よ。それでも根性見せて、元気に育ってね。せっかく芽が出てくれたから、なんとかふたつとも生かしたいな!

しかし、元気に育てば、すぐに植え替えが必要。さて、何に植え替えようか・・・。そして、土はどこからゲットしようか・・・。ふうむ! 植物育てるだけでも、大変なものだわね!
こうして、カスピくん(何度も生死の境をさまよいつつもしっかり生きているタフな長男)、キンタくん(顔はひょうきんだが無口で忍耐強い次男)に続き、こちらは何かと手のかかりそうな、ふたごのふたばちゃんが我が家に仲間入りしたのです!

ブルックリンのパン開拓!



前回お話していた、日記ネタレース、逃げ切ったのはやっぱり大本命のこれだあああああーーーー!!
というわけで、パン屋さんの話です。なーんか、ひさびさだなあ! パン屋さんの話なんかしちゃうの!

ひょんなことからバスでブルックリンに向かうことになり、無事に用事を済ませたその帰り道、住宅街の中のとある交差点の角に、さりげなく、しかしフレンチな雰囲気をむんむん漂わせてるお店があった。
小さいけれど、10席ぐらいのイートスペースがぎゅっと作られていて、ご近所の若者と思しき数人が、雑誌など読みつつくつろいでいる。ブルックリンの住宅街の一角とは思えないオシャレっぽさ!
しかしお値段を見ると、ちゃーんとブルックリン価格なのだ。うれしいねえ! 聞けば開店して2週間とのこと、いいねー、応援しちゃうよっ!(単に安さに弱いだけかも)

というわけで、買ったもの。手前がパンオショコラ、その奥がクランベリーとヘーゼルナッツのパン、丸いのがアップルシナモンスコーン、そしてエピ。


あ、すいません、これは焼き戻したエピをひきちぎって、自分ちの明太マヨネーズを塗ったとこですっ! 明太フランス、なつかしい!

ふつう「エピ」といったら、麦の穂みたいにしずく型の小さいのが縦に連なってるフランスパンのことを指すと思うんだけど、そのしずくひとつと同じ形だから、エピと呼んでるんだろう。
外の皮が少しからっと乾いちゃってたわりには、中は水分を保ってたけど、その皮がちょっと重たいんだよね。日本にいた頃に、外はばりっとかたいのに中はみずみずし過ぎる、あの目玉の飛び出るおいしさの超・フランスパンを食べ過ぎたのかもね、私。それに、買ったのは夜だったから、時間がたちすぎていたのかもしれないよね。
私、このパン屋さんには優しいのよ。


だってこのパンが。このパンが! 笑っちゃうぐらい、おいしかったんだもん!
クランベリーとへーゼルナッツ。カウンターの後ろにカゴに入って並んでる時から、おいしそうな顔してた。50セントのしあわせ。50セントの宝石。
家に帰ってかじりつく前に、まずはこの御姿をただ眺めてしばし楽しんだよ。こんがり焼けてぱっくり十字に口があいた上面、みずみずしさを閉じ込めましたといわんばかりのこの側面、あちこちから顔をのぞかせてるクランベリーちゃん・・・。

そして食べたらもう、にっこりだった。・・・いや、嘘だな。にんまりしたんだった。
別に新しさはない。でもちゃんとしてる。クランベリーはものすごくたくさん入ってる。ヘーゼルナッツは、たまに来る。へーゼルナッツが来た時の、箸休めみたいな感覚がまた、とてもよい。
同じシリーズで、ブルーベリーもあったの。次回はあれだな!


そして、スコーン。

あっ、その前に、パンオショコラの話をしておこう。パンオショコラは、チョコがちょっと少なかったな。この話を最後にしたら、オチがついちゃうからさ。
さあさあ楽しい話に戻りましょう! スコーン!

スコーンは3種類あったのだけど、見た目ではどれがなんだか分からなかったので、お店の人に全部聞いた。見た目いちばんシンプルそうだったこれの中身がリンゴとシナモンと聞いて、速攻で決定。
あーん、見るからにほろっとしてそう!




で、かじったとこ。
シナモンは強くなく、りんごの半生アクセント以外は、もうほんと、素朴! 素朴な、粉かみしめ系の、あとはバターの香りと味がぐぐっと来て、ほの甘くやさしく、でもまわりはごろっとかたかったりなんかして、とにかくおいしい~!

こんなお店が家の数ブロック先にあったりしたら、もう飛び上がるぐらいうれしいんだけど、残念ながら、ご近所というにはあまりに遠いとこなんだよねえ。
でも、きっとまた行く! お店の人も感じよかったし、応援しちゃうぞ!
L字型のカウンターの奥には厨房もあって、お店のHPによるとシェフおまかせによるブランチもあるらしい。次回行ったときは、お店でコーヒー頼んで休憩などしつつ、ブランチ頼む人がいたりしたら横目で盗み見して、おいしそうならぜひ試してみたいわ!(応援してるんだけど、慎重派なの。)

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

アクセルゆるめて。



冬の間もあまりの忙しさに風邪をひくひまがなく、春になってもあまりの目まぐるしさに
「ちょっと今無理! もうちょっと待ってくれない?!」
と風邪を後延ばしにしてきたので、そろそろひかなきゃ申し訳ないかも、というわけで、ひいてみました。風邪。
ほら、だって、季節の変わり目の風邪さんとはもう長いお付き合いだから、あんまりご無沙汰しちゃうのも、あれだしね。

そんなわけで今週は、やらなきゃいけないこと以外の時間はひたすら寝て終わったというかんじ・・・。寝るのがあんなに嫌いな私なのに! まったくもう、季節の変わり目の風邪さんには勝てないわー。
そんなわけで、せっかくこのブログもメンテナンスを終えて動き出したところなんですが、今日は早々に切り上げます。

えーと、今後の日記のネタ予想。予想というか、ネタは全て既にあるものなんですが、書かないうちに旬を過ぎてお蔵入りというパターンもあるので、ね。

 ◎「パン屋さん発見!」 有力候補・問答無用の大本命!
 ○「続・行きつけの日本食やさん」 皆様覚えてますか? このお店の伝説の一品、まだあるの~!
 ▲「アイスクリーム」 久々に、ちょっと「あちゃー・・・」だった箱アイスの味とは?!
 △「穴」 無印にはできないが、来る来ると言われつつ持ち越しになってるネタ。
 ×「はしご」 こつこつ取りだめたはしごの写真。(おもしろいのか、それって?)

にちようは~、あるいてこない、だ~からあるいて、ゆくんだね~

せっかく来ていただいた季節の変わり目の風邪さんですから、まあ思う存分ゆっくりしていただいて、日曜をメドに完全復活する予定!

あさがおの種。英語では、Morning Gloryだって。
子どもの時にやったはずのあさがお栽培。あさがおの種はかたいから、種を蒔く前に少しだけキズをつけなきゃいけないとか、水にひと晩つけておかなきゃいけないとか、全部忘れてたよ私。
ナイフでせっせと小さなキズをつけました。この細かい作業、好きだわ。
元気に咲くといいなー!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

食い漁れ!お菓子バトン!



なーんかニオウと思ったら、バトンが回ってきてたのね! むふふ!

(1)お気に入りのお菓子

お気に入りのお菓子といったら、それはもう、「ポテトチップス・ハニーBBQ味」ということになってしまいますなあ。ポテチは、ソルト&ビネガーは2番目に好きなんだけど、それでも今まで買った数でいったら、ハニーBBQがダントツぶっちぎりの1位と思われます。(このポテチに関する私の熱い思いは、以前の記事ご参照のこと。)


(2)土地のお菓子

我が土地のお菓子といったら、「川越銘菓・くらづくり最中」なわけだが(とかいって、私の家は別に川越じゃないんですが・・・)、私の中でじいちゃんといえば思い出す、信玄餅。これもかなり好き。

アメリカの土地のお菓子といったら・・・ロリポップかな?
ロリポップとは、棒つきキャンデーのことです。疲れきった帰り道、カバンにしのばせておいたロリポップを取り出し狂ったようになめると、少しほっとするという技を、この冬身につけた私。思い出深いよ。


(3)なつかしいお菓子

んー、いろいろあるなあ!
でもなぜか今ぱっと思いついたのは、工藤静香が宣伝してた(違ったかなあ???)板チョコで、ミルフィーユ味とか、チーズケーキ味とか、中に何か入ってるやつ。今でこそ、そんな板チョコは珍しくもなんともないけど、その工藤静香のチョコは、テレビの宣伝で見てすごく食べたくなって買ったのを覚えている。
あとは、お菓子といえばおばあちゃんがたくさん買って私たちにくれるものというイメージ。黒棒、あゆの形の堅焼きせんべい(これもきっと、土地のお菓子だ! あの絶妙な堅さ加減が、かーなーりおいしい!)、あと麦ふぁーとか! 他には・・・何だろう、いっぱいあったのに、いつももらってたのに、思い出せない。見たら、「ああーーー!! これなつかしいーー!!」ってなるのにな。


やばい、もういっこ、かなりなつかしいお菓子を思い出してしまった。

さくら大根。私の大好物。小学生だか中学生だかの頃、チャリンコで30分ぐらいかけて友だちとプールに出かけて、帰りにプールの向かいにある駄菓子屋さんでお菓子買うんだけど、私、いっつもさくら大根! 大根の切り口によって大きさが微妙に違うから、大きい時はうれしかったなあー!

うぎゃああああーーーー、さくら大根、食べたい!!!!!
どうしよ、こんな異国の地で!!!!!


・・・うわ。
うわああああーーー、ちょっとどうしよう、もういっこ、やっばいのを思い出してしまった。

ビックリマンチョコ。ビックリマンチョコ!!!
何を隠そう、復刻版が出た時に、バイト先の人たちとカード集めにはまって、童心に返って毎日買っていた。童心はいいがお金は子どもの時よりは格段に持っている上、4人で力を合わせて集めているので、ほぼ全制覇というところまで行ってしまった。(そこからが難しいんだけどね。)ちなみにまだ私の家にあるはず。あれって高く売れたりしないのかなあ?
既に持ってるカードを引かないために、そして悪魔と天使を見分けるために、私は温度法を用いる。ビックリマンチョコひとつひとつに手をあてて、「なんかあったかい気がする」とか「これは冷たいから悪魔だね」と選別していくのだ。
的中率? ま、当たったり外れたりですわ。
ビックリマンチョコは、カードが楽しいだけじゃなくて、ちゃんとおいしいから好きだ。でも、バイト仲間は途中からチョコの味には飽きて、全部私に回ってきていたので、1日に3個とか食べてた日も。


(4)うまい棒の味

うわ、難しい! なんか全然頭が働かず、「なっとう味」しか思い出せん・・・!!
ちょいと検索かけてきます。

・・・ふむふむ! そうだそうだ! なるほどー!
では改めまして、ざっと解説まいります。

なっとう味や、定番のサラミ味は、なかなかおいしい。コーンポタージュ味、チーズ味もいいよ。
たこ焼き味はなあ・・・比較的後から出た味のような気がするんだけど、私的にはこれはイマイチなの。とんかつソース味も、たまに食べたくなる時はあるんだけどね。
ひとつだけ、絶対食べたはずなのに味が思い出せないのがある。めんたい味って、どんなのだったかなあ・・・???

うまい棒ってさ、ぱふってかじりつくと、四方の壁があの穴に向かって崩れてくところが、たまらなくおいしいよね!

(5)まわす・・・人いないから! いつものことですが、やりたい人カモン!

*画像協力*
1ばんめ・今日、カスピくんを婿入りさせたら、お礼にとこんなすてきなものをもらってしまいました! 「山親爺」、北海道のお菓子なんだって。へえー! ありがとうございます~。
2ばんめ・「山親爺」の字体はりりしいのに、なんだか妙にキュートな包みだなあと思いつつ、ふと側面を見ると、「!!!」・・・なんか、熊が魚を背負って歩いてるんですが?! こ、これは一体???
3ばんめ・包み紙を取ると、木の幹をイメージしたようなシンプルな模様の箱。それを開けると、小さな紙片がたくさん。「山親爺を愛す 作家・船山肇」に始まり、堀口大學の詩、中村汀女のことば、そして画像の「YamaOyaji(Bears in the Mountains)」。
4ばんめ・ことばがあったら読まずにはいられない私、やっと全ての紙片をどけると、中に何やら小さな黒いものが。異物混入が? いや違う、これは・・・熊だ!! 熊が入ってた!! 一体なんなの、このお菓子?! これは、ふつーのみやげモノじゃない!
5ばんめ・はあ、はあ、はあ・・・。やっとお菓子までたどり着いた。おせんべいの表面にも熊の絵が亡霊みたいに書かれています。さすがはみんなが愛する「山親爺」、確かに軽すぎず、重すぎず、シンプルなのに味わい深い。
・・・しかし、このセンスのよさ、すごいね北海道!!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事