ベーグルの穴から見えた日記

オフィス街のオアシス。

ミッドタウンのど真ん中、5th Ave.に面した高層オフィスでのお仕事、まだしばらく続いております。
・・・いや、はい、場所のことは既に前回の記事で言いましたよね、はい知っています、それなのにまた同じことを書いているのは、かっこいいとこで働いてる自慢をしたいからではなくて、いやまあ自慢というか、何だかその自分らしくないかっこよさがうれしくてくすぐったいことももちろん真実ではありますが、それだけではなくて、今日のお話の前フリなわけなのです。

そんなかっこよくくすぐったい体験の中にもよくない点がひとつあって、それはランチタイムなのだ。
新しい場所に勤めると、しばらくランチ難民になることは、よくあることである。そのうち、お気に入りの店ができたり、安いお弁当やさんを見つけたりと、自分なりのやり方が作られていくものだ。
しかし。ここは、マンハッタンの中でもさらに物価の高い場所。そして、たくさんの観光客でごったがえしている場所。しかも、観光客は観光客でも私のようなビンボー人ではなく、マネーをお持ちのお客様がご用事を済ませる場所である。こんなとこで毎日ゴハンを食べなきゃいけないなんて、無理無理無理!!!!!

仕事の初日は、ボスがおごってくれた。日本食レストランで日替わり定食、といったら日本のワンコインのような響きかもしれないが、実際はツーコインでも足りないお店だ。しかも、この日の日替わりはなんとすき焼き!!!!! あー、なんというしあわせ! なんというラッキー!

・・・そしてその次の日から、難民生活が始まったのである。お昼求めてさまよった挙句に、POPEYESとか。いやいや、好きなんだけどPOPEYES、でも、すき焼きからファーストフードっていうその格差がさ、なんだか物悲しいでしょ!

しかし、私は見つけたのである。私のお店を!



画像は、ラム肉と野菜をピタで巻いたもの。これだけだとサイズが分からないけど、これは相当おなかがいっぱいになる。手に持った時、ずっしり重いんだから!
ボリュームだけではなくて、味もかなりよい。自分の家では作れない、エスニックな味だ。辛くて、肉につけられた味の濃さがピタを甘く感じさせる。このピタがまた! 私の噛み口で様子が分かるかなあ? 分厚くやわらかく、けれどもしっかりしてて、受け止めてるのよねー、肉をさ!


また別の日の画像、チキンオーバーライス。
"Basmati Rice(White Red or Yellow)"とメニューに書いてあったので、Basmatiというのをネットで調べたら、何のことはない、インディアン米のことらしい。この日は最も「それっぽい」、イエローライスを選ぶ。野菜・赤いソース・白いソースと、トッピングはラムピタサンドと同じである。肉の味付けも多分一緒である。

それでも、肉の種類が違って主食が違うと、また感じが変わる。チキンのほうがラムよりもやさしい印象だ。そこにぱさっとしたライス。ラム&ピタは、全く違う味の往復ビンタだったけど、チキン&ライスは両者の絡み合った重い重いみぞおちへの攻撃というかんじ。ま、どちらもパンチがあるってことだね。おあとがよろしいようで。

・・・いやいや、まだしゃべらせて!


今の画像ではチキンが分かりづらかったかと思いますので、チキン中心のどアップ失礼します。チキンLOVERとしては、きちんと取り上げておかないとね!

この、味を含んでほぐれたチキンとごはんがぱさっと混じり合ったところに、野菜とソースのしっとりが口の中で飛び出すわけです。

さあ、最後に貧民の私を救ってくれたお店を紹介しておかなくてはいけませんね。





これです! まあなんてこじんまりとしたお店・・・っていうか、屋台です! この屋台のおかげで、私がお昼を食いっぱぐれることなく、生き永らえているのです!

緑の看板にHARAL FOOD(イスラム教の人のごはんのこと)と大書きしてメニューがずらりと書いてあって、メニューの中にはファラフェルなんかもある。肉類は、ラム、チキン、そしてビーフ。豚は食べちゃだめなのです。

安いとはいえ、毎日これ食べて腹ふくらますのもなんなので、他のお店も開拓しなきゃね。でも、近くにチェーン店パン屋&カフェ・Au Bon Painも見つけたので、「軽→Au Bon Pain/重→屋台」のローテーションがほぼ確定した。この屋台には、これからもお世話になることだろう。どうぞよろしくお願いします。値上げしないでね!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

ケーキ炊けた

私が日本にいるときから、やらねばやらねばと思っていたこと、それは、

「ホットケーキミックスを使って、炊飯器でスポンジケーキを焼く」

である。
ホットケーキミックスからホットケーキのみならずいろんなお菓子ができることは、昨今では広く知られているが、最初にそれが言われ始めたとき、私はかなり衝撃を受けた。以来、ホットケーキミックスを使ったレシピを集めた本は、私の愛読書だった。
とはいえ、「あんなものもできちゃうの?! こんなものまで!?」と、興奮しながら読むのが楽しいだけで、実際には、作るのはほとんどホットケーキのみだった。

しかし。
先日行ったチャイナタウンで、大層立派ないちごが1パック1.99ドルというのを見つけて購入して以来、心の中はいちごのショートケーキを作ることでいっぱいだったのだ!
そして、それと同時に心の中に湧き上がってきたのは、昔読んだあの記憶。「ホットケーキミックスを使って、炊飯器でスポンジケーキを焼く」チャンスが、今めぐってきたのだ!!

というわけで、炊飯ジャーにホットケーキミックスと牛乳・お砂糖などなどを、分量どおりに投入。炊飯ジャーの中に粉やお砂糖をぶち込むなんて、これだけでもかなり新鮮なかんじだ・・・。

分量をネット検索で手に入れたものの、ご存知のように計量カップもはかりもないこの家、結局は目分量・・・。しかし、これがケーキミックスもののいいところ、分量が適当でもちゃーんとふくらんでくれるんだな!
混ぜたら普通に炊飯器にセットして、炊飯ボタンをぽん!



というわけで、できたのがこれ。
まだ全然できてないのに途中で炊飯が終了しちゃって、しかももういちど押すことがしばらく不可能だったので(たぶん熱すぎると再炊飯ボタンを押せないようになってるんじゃないかなあ?)、一瞬焦った。そのせいもあってか、少し真ん中がへこんじゃったけど、まあまあいい出来です! 炊飯器の形そのまんまの、丸いフォルムがなんともお間抜けで、キュートである。


今日のスポンジは、段は1段のみ。
今回は初めてだから控えめの分量でやったけど、次回は生地の量を倍にして高さをつけて、そしたら3段にするんだー。
(既に心の中では、次回の計画も立っている!)

いちごを載せる載せる載せる。んーーーー、とても豪華!

いちごのショートケーキ、アメリカに来てから妙に好きになった気がする。こっちにだってもちろんあるにはあるんだけど、でもやっぱり、「日本のケーキ!」っていうイメージがある。それに、こんなふうにケーキの飾りつけなんてしてると、昔お母さんとケーキ作ったのを思い出すなあ。その頃はちゃんと生地も粉と卵から作っていて、私とお母さんが作るスポンジは、いつもびっくりするぐらいふわふわにふくらんで、そこらへんのお店のより断然うまいと、よく言い合っていた。


というわけで、じゃーん! できましたあー!

デコレーションにはなんの変哲もないですが、いちごがお見事な大きさだから、全体を白く塗ったくるだけで、十分すぎるぐらいに完成されて見える。
お味のほうは・・・、生クリームをもっと甘くしたほうがバランスよかったけど、初回にしては上々でしょう! 生地ももっと研究して、ホットケーキミックスから作ったとは思えないぐらいのものに、してみたいものだ! こっちのホットケーキミックスは日本のよりもずいぶんしょっぱいので、こっちのミックスを使った自分流の最適分量を探っていかなくては!

というわけで、ずぼらシェフへの扉をまたひとつ開けてしまった私なのでした。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

日米・あまじょっぱい対決!!

おとといは冷たい雨、昨日は嵐、なのに今日はまたぬるい夜。1月のNYだっていうのに日が落ちても息が白くならないの。
まだなんとか、風邪をひかずに持ちこたえている。たぶんきっと、例年よりあったかい気候と忙しさのおかげ。あ、あと、うがいね! でも、風邪をひくニ歩手前と三歩手前でステップ踏んでるようなかんじだ。いっそひいてしまったほうが、とも思ったりするが、いやいやしかし、ひくヒマがないのである。

ところで私、今週からミッドタウンの5thAve.に面した高層ビルにあるオフィスで働いてます。

・・・むふ。むふふ。かっこよくなーい?!
とはいえ、ただの短期派遣なので、来週の半ばには多分終わっちゃう、みじかいOLごっこなのであります。
で、どうして仕事ができるのかというと、学校が終わったからです! 今は、1年間こっちで修行して経験を積みたまえ!もしくは、1年間こっちで職探しでもしてみたまえ!のステイタスになりました。

あれっ、いかんいかん! 本日のお題目とぜんぜん違う内容で、日記がどんどん進んでいるっ!!

というわけで、本題。日米・あまじょっぱい対決の時間がやってまいりました~!
日本のあまじょっぱいといえば、みりんとおしょうゆ、すなわち日本の料理の基本、日本の文化であります。しかしなかなかどうして、アメリカのあまじょっぱいといえば、ケーキもクッキーも、アメリカのあらゆる焼き菓子は、有塩バターを惜しげもなく投入するゆえかこの上なくあまじょっぱく、そこがアメリカのスイーツの魅力にはまるわけでもあるわけです。
両国とも負けられないこの対決、まずは日本代表を紹介いたしましょう!



雪の宿!

今回食べたときに初めて意識したのだが、このおせんべいを食べるときはいつも、つまんだかけらを口先でひょいっとひっくり返して食べていた。どうやら、砂糖のかかっている側が舌に直接乗るようにしてるらしい。そうすると、甘いのパンチが効くのだ。
すごいな自分。まだまだ自分の知らない食べ方ルールがたくさんあるに違いない。

ところで、これが「雪の宿」という名前を持っていることも、今回デジカメ画像におさめるまで知らなかった。このおせんべいのことを言うときはいつも、「ほら、あの白いお砂糖がかかってて、サラダ味の、あるじゃん?」というのだ。

でも、雪は分かるけど、なぜにおせんべいが宿? と思ったけど、よく見ればロゴが宿のシルエット。なるほどー、宿に雪がしんしんと降っている風景に見えますねえ!

というわけで、情緒あふれる日本代表あまじょっぱいさんであります。
あー、私、ぽたぽた焼きもかなり好きだわね。あれもまた、めがねの下がったおばあちゃんかなんか描いてあって、のどかなかんじ。


うおーーーーーーっと、のんびりした気分になってるところへ、アメリカ代表あまじょっぱいさんの乱入だ!!!

アメリカ代表は、ハニーバーベキュー味のポテトチップスである。私はもう、これにめろめろなのだ。甘くてしょっぱいのだ。utzのキャラクターの女の子は、日本代表の宿やおばあちゃんに匹敵するくらいのどかでキュート、と思いきや、自分の顔も入りそうな袋(間違いなく中身はポテチである)に笑いながら手を突っ込んでいる。恐ろしい!! ひと袋まるごと食べてしまうのか!! まるで私ではないかー!!!

99セントという値段がまた恐ろしい。(スペシャルとか書いてあるくせして、いつもこの値段である。)スーパーに行くたびに、つい買ってしまうではないかー!!


というわけで、本日の日米あまじょっぱい対決、本日の勝者は・・・勝者は・・・

うう、拙者は日本人ではあるが、ハニーBBQの勝ちと言わざるをえん・・・!!

だってね、だってね、雪の宿を久しぶりに食べたら、おいしいんだけどなんだか薄味に感じたのだ。ハニーBBQポテチの食べ過ぎで、舌が日本の情緒を感知できなくなっているに違いない。それだって、いいのだ。私はハニーBBQについていくのだ。

はい、そんなわけで独断と偏見でお送りしました、今回の日米あまじょっぱい対決。確か前にも何かの日米対決をやった気がするから、今回が第2回。またあればご報告します!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

あがれ日曜日!


私が日記に最近のNYはぬるいぬるいと書きたてたのを、ハレハレ君は恨みごとととったようで、日曜日の朝にはさっそく雪を降らせてくれました。
(ハレハレ君は、コジコジに出てくるキャラクター。リンクから主要キャラ紹介ページにとべます。私的には、半魚鳥の次郎くんにシンパシー!)

日曜は、雪が降ろうと横殴りの風が吹いていようと、バスに1時間乗ってフラッシング(=クイーンズにあるチャイナタウン)に行きたかった。最近日記ではご無沙汰だったこの名前ですが、ここんとこ行く機会が急増中。といっても、主目的は図書館なんだけど・・・。
そんなわけで、ちゃちゃっと行って、レポートに必要な雑誌を借りて、いつもの店で餃子を2ドル分(10個)テイクアウトして、すぐに帰ってきました。
それにしても、さぶい! さぶかった!! みんな鼻押さえて歩いてたよ。あまりの寒さに鼻がもげるのを心配してたのだろう。
雪はやんでお日さまは出てるんだけど、積もった雪の上を通る風の強いこと&冷たいこと!! しかも前日までのぬるい日々のせいで、重ね着の備えもいつしか甘くなっていて、さらに寒さがこたえたわ・・・。

餃子やさんでは、こっちが注文する前におばちゃんのほうから「Dumpling?」と聞かれてしまった!


♪Oh, the weather outside is frightful,
 But the fire is so delightful... (Let it snow! Let it snow! Let it snow!)

外から帰ると、窓は飛びそうにガタガタ言うけど風はなんとか通さず、ヒーターがぶしゅーと陽気に音をたてているこの我が家が、楽園に感じられる。ああ、これって、冬っぽい感覚!
そんな楽園でやることはひとつ、さっそくレポート作り開始である。
1月はヒマになると思ったのに、ヒマが嫌いな自分の性格が災いして自ら再び多忙ちゃんに出戻った私。だからこのレポートは、ぜったい、ぜったい、今日1日で終わらせるのだ!!

・・・というわけで、ほとんど終わりってとこまで仕上がったのは4時。夕方じゃなくて、朝のね! 我ながら、よくがんばった。えらいぞ!(あ、もちろん、ずーっと不休でやってたわけじゃあないけどさ!)
12時1時には少し眠かったけど、今はピークを過ぎてしまい眠気ゼロ。じゃあ、がんばった自分にごほうびでもあげますか!
ごほうび=おいしいもの~・・・といきそなところだが、最近の私がいちばん飢えていたのは、エラ! 真夜中の真っ暗な部屋で(節電対策)、ヘッドホンの大音量で聴く(隣近所への配慮)、大好きな人のうた。

2年前の冬、ただ3ヶ月間こっちで暮らしてたとき、怖いぐらいのヒマにまかせて、こうやってずーっとエラを聴いてたりした。エラがいるから心強く、安心して心細さを認識できた。
どこにも属さない状態って、一時的であっても、すごく不安(もしくは不安定)なものだ。あの時のありあまる暇も、どこかに属してるゆえの猫ノ手求ムな今の忙しさも、私に必要だからそうなってるんだろうと思う。(でも、あのありあまってた暇をこっちに少し分けてもらうことができたなら・・・とは夢見たりする。)

・・・などと過去に思いをめぐらせたのが悪かったのか。
5時半前に寝るなり、悪夢の2本立てで!!
ひとつは家の前で黒いマントの大きな男の人に絡まれる話で、もうひとつは舌がだんだん腫れてきて、口に入りきらなくなって、息もできなくなってきて苦しいという話。

多分ね、前の日ずいぶんたっぷり寝た上に、フラッシングの行き帰りのバスでも寝たりしたもんだから、眠りが浅くてこうなったのだ。あー、せっかくエラを聴いて、いい気分だったのにい!!

「舌の夢」のほうは、「よく見る悪夢ベスト5」にランクインしているものだ。想像力があまりに貧困なのか、主に10種類ぐらいの夢を何度も何度も見るのだけど、そのすべてが悪夢だ。(それもあって、寝るのが嫌いなのだ私は!)

6時すぎに仕事で朝帰りしてきたルームメイトに助けを求め、夢を話して聞かせ、愚痴る。誰か話せる人がいるって、こういうときにありがたい。

その後はうとうとしたけど結局、朝8時半には行動開始。睡眠は足りてるのよね、こういうときは!
足りないのはやっぱりこれだ! というわけでこの画像。


ポーランド人街で買ったキルバーサ。(ウインナーではなく、あえてキルバーサと呼ばせて!)食パンの1枚にはブルーチーズをこれでもかと塗って、もう1枚はキルバーサと食べる用。
悪夢を吹き飛ばす切り替えスイッチ、準備完了!


ブルーチーズには、はちみつをたらーり。あー、ブルはち万歳!

この画像は、最後の5口前。この後、ブルはち・ブルはち・キルバーサ・ブルはち・ブルはち、というかんじで進んでいきました。んーー、しあわせ! あくむ? なんのことかねっ?

さらに。今日は月曜日。だけど!
むふふ。
Martin Luthar King, Jr. Dayで祝日なのです! わあわあ! きゃあきゃあ!
レポートも無事メドが立ったし、今日は日曜日らしい月曜日になりそうです。始めよければすべてよくなる、はず! 元気よくいってきまーす!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

おさんぽ日和。



我が家からは近くて遠いポーランド人街・Greenpointに行ってきた。
距離的にはマンハッタンに行くより近いのだけど、途中下車して何かする機会がなかったのだ。年末はずっと目の回る忙しさで、のんびり歩く時間もなかったし。
いちどポーリッシュプレートを食べたあの日から、もういちど行きたくて行きたくて、そうこうしてるうちに気がつけば1年近くも経ってしまっていたらしい。前回は、イースターの頃だったもの。

この前と同じ店の、同じポーリッシュプレート。どれもこれもおいしくて外せないのだから、盛り合わせになってるプレートを毎回頼むよりほかに道はないのだ!
(しかし、昔の自分の記事を読んで分かったのだけど、去年は5.5ドルだったのが6.25ドルに値上がりしてる!! ああ無情なる街・NY・・・。でも、去年よりもボリュームアップしてた気がする・・・バランスとってるのかしらん?)


サラダとプレートの中身は前回報告したのでそれをご覧頂くことにして、今日は揚げ餃子・ピエロギの中身を大公開いたします。上から、マッシュポテト、シュークルート、そしてほんのり甘いリコッタチーズ。
これらを包む皮のむっちり度といったら、本当にすごいのだ!!

前回初めてこのプレートを食べたときは、3つとも同じ中身だと勝手に思っていて、最後3つめのピエロギが突然甘いリコッタチーズだったので、かなり面食らった記憶がある。だから今回は、最初に3つともちゃんと割って確かめた(ので、ついでにこの写真も撮ることができたのだ)。
でも、前回は「んー・・・???」と思ったリコッタのピエロギも、ちゃんと中身を把握して食べれば、なんとおいしいこと!
うん、今回は敵の姿を既に知ってるから余裕を持って味わえるんだきっと。


今回は、キルバーサのぶらさがる肉屋さんにもチャレンジ。
前回は長い行列を作っていた肉屋さんだが、後にポーランド人の友だちに聞いたところによると、それはイースター前の週末だったせいだろうとのこと。
確かに今回は、どの店もそこまでは混み合っていない。・・・前回おじけづいた私でも、今回はお店の人に質問などしながら、とりあえず買い物に成功!

お天気がいいから、腹ごなしを兼ねてポーリッシュな通りをほぼ端から端まで練り歩いた。全然寒くないのだ! 春? 春が来たの? それとも、1月で油断させておいて、2月にすんごいのが待ってるのかしらん???


そのまま、ベーグルストリート・Bedford Ave.まで歩く。格安ベーグル袋(前回これを買ったときの記事はコチラ・・・うわ、10月以来かあ!!)は、あるかなあ?

安売り袋はなかった。そりゃそうよね、もう午後もいいとこだ、とっくに売り切れてるんだろう。でもせっかく来たのだからとThe Bagel Storeでいくつかベーグルを購入。
画像は、フレンチトーストベーグル。こういう甘いフレーバーは、クリームチーズも挟めないし、ベーグルというよりお菓子の魅力なんだけどね、目に入ると、ついつい買っちゃうのです。

残りのベーグルは冷凍庫へ直行。またレポートします!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事