ベーグルの穴から見えた日記

トマトは偉大だ。



イタリアで食べるパスタは、ひっくり返るぐらいおいしいとみんなが言う。イタリアに行く資金の余裕はないけど自分もひっくり返ってみたいから、安くておいしいイタリアンのお店をNYで一軒見つけなければと常々思っていた。
でも、評判のいいイタリアンって、たいてい高いのだ。貧しい私にとって、10ドル以下でなかったら、どんなにおいしかったって何度も行くレストランにはなりえない。ましてや、パスタだ。家でも作れるパスタのために15ドルも払うなんて、私として失格だわ。
さらにミートソースなんていわれたら、「あー家で食べられるアレねえ」と思えて、最も頼むのがもったい気分になるパスタだ。

・・・我ながら、パスタ歴の乏しさを露呈しているようなパスタ観である。
しかし、やっと見つけたのだ。通っちゃいそうなイタリアンを!


それは、マンハッタンの端っこのほうにある、小さな小さなお店。
友だちの持っていた本からの情報でなかったら、ぜったい行くことはなかったと思う。ああ、本を作ってくれた方と、その本を買ってくれた友だちに、感謝!!

入ってみると、狭くて薄暗くて店内・・・の向こうに、中庭がある。
庭といっても、ただビルとビルの間の、これまた小さな一角でしかないのだけど、暗いところから外に出た途端に目の前に広がった世界に、思わず声が上がった。かわいい!!
空に渡された洗濯物、カラフルな椅子とテーブル、ほどよくメルヘンと遊び心が混ざった空間。
すてきすてき! パスタを食べる前から、「ここに来てよかった!!」と満足感でいっぱい!


量がけっこう多いらしいので、3人でパスタを2つシェアすることに。

パンを食べつつパスタを待つ。
しかしこれが既においしいので、2かご来たパンは、パスタが来るまでに数切れを残してなくなっていた。
このソース。
一体何が違うんだろ? なんでこんなに、おいしいんだろ?
トマトのフレッシュ感に、オリーブオイル、バジル、ガーリック・・・入ってるものは目新しくないのに。早くもイタリアのトマト力を見せつけられている私たち。


いよいよパスタ到着です!
(屋外の席にしたから、私のデジカメ(壊)では食べ物の画像がうまく撮れなくて無念!!)
パンのソースも赤、パスタも両方赤。変わったものを頼めばよかったかなあと一瞬思ったけど、実は全然違ったの!

手前はリガトーニというパスタにトマトとバジルのソース、モッツァレラチーズとなすが入っている。
トマトの味が、モッツァレラやなすやほうれんそうなど入ってるものすべてによって大きく分厚くふくらんでいる気がする。みんなでトマトを応援してるのだ。パスタも。チーズも。だからといってトマトもでしゃばることなどなく、みんなを見事にまとめている。
このお皿、勢いがある!


そして奥にあるのが、ミートソースである。ミートソースを頼むなんて、もったいないですと? ふふふ、ミートソースのことを何もご存知ないのね!

・・・いや実はもちろん私も、「このお店ではミートソースがおいしい」という本からの情報によって、頼んでみただけです。しかも半信半疑で・・・。
でも、これが本当に衝撃の味だった。これがほんとのミートソースだったのか!って思った。
フェトチーネは自家製で、リガトーニよりもむっちり。
そこに絡んだミートソースはさっきのトマトソースの勢いとはまた違って、濃いながらもその中にあるクリーミーさのせいか、大きなものに包まれてるような気持ちになるのだ。
これは・・・、マンマだ! イタリアのマンマの想いが、このパスタには息づいているんだ、きっと!

・・・このように私が妄想にふけるということは、すごくおいしかった証拠なのです!
ああ、あのミートソースが食べたい。今すぐに! 海外の日本人が日本食に恋焦がれるように、私がミートソースのパスタを求めてしまう日が来るだなんて、思ってもみなかった。
この日のメンバー3人とも、このミートソースにはヤラレタの一言。そのあともずっと、「あのミートソースさあ、もういっかい食べたいね・・・」の会話が繰り広げられていた。イタリアにはまだ行ってないけど、イタリアンのすごさを垣間見られたような気がする。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

ぱふぱふ!ぱふぱふ!



ぱふぱふといったら、ドラゴンボールでしょー! と思ったら、はてなダイヤリーではドラクエのみの紹介。亀仙人に失礼よ!

それはともかく今日は、ぱふのお話。

シュークリームって、ケーキ屋さんに行ってもチーズケーキやチョコレートケーキにおされて、まず選ぶことがないスイーツ。
シュークリームって、私が家で作ったことのないスイーツ。
これらは、「食べ応えがない」ことに起因すると思われる。作るのには手間がかかるのに、食べ応えがないのは困る。
それでも、「シュークリームやさん」と聞けば胸がときめくのよね。というわけで、日本語のフリーペーパーで見かけて気になっていたシュークリームやさん・puff&paoに行ってみた。

おしゃれな店内は、色使いは違えど夏に行ったライスプディングやさんを彷彿とさせるかわいらしいデザイン。(あのお店、まだ生きているだろうか・・・??? そのときの話は以前の日記参照。)

puff、すなわちシュークリームのほかに、paoと呼ばれるチーズ味のころころ食事系パフがあるので、店内は焼けたチーズのいい香り。しかし、シュークリームを食べに来たのだ今日は!
カスタードクリームだけじゃなくて中がいろいろ選べるので、つい変わり種を食べたくなって、メープル味にしたけど(画像)、うーむ、ぽわぽわしすぎていて味わう前に溶けてなくなってしまう。友だちに味見させてもらったカスタードクリームのほうが好みだったな。
でも、カスタードも白くてあっさりめ。健康に気を遣うお店らしい味である。


でも、シュークリームはやっぱりここだな。くやしいけれど。日本から上陸している、おなじみのビヤードパパ!
何がくやしいって、日本での大きさとお値段を知ってると、ね。こっちのほうがひとまわりちっちゃくて、少し高いのである。ケチな私としては、くやしく思うわけです。

それでも。
食べればにっこり、突っ込みどころのない、安心のおいしさ。右側は、抹茶カスタード。これがまたねっとり美味である。
くやしいとは言いつつも、日本発のシュークリームがNYでがんばってるのを見るのは、誇らしく、応援したく思うわけです。


しかし。
すみません、今までのはすべて、次の「puff」の話をするための、いわば前フリなのであります!

我が家御用達、ご近所チャイナ。
いつも決まったものしか頼まないのだけど、趣向を変えて"Sweet&Sour Pork"に初挑戦。
つまり、「酢豚」である。甘酢あん大好きの私は、大学のカフェテリアでも「からあげの甘酢あんかけ」をしょっちゅう食べてたものだ。
結構長らく待たされたので、一体どんなに本格的なものが出てくるのだろうと、どっしり重いビニール袋の包みを開くと、これ。puff&paoのミニシューみたいにころころの丸いのが、白いチャイナのテイクアウト箱に詰められていた。

いや、ビニール袋に入っていたのは、もちろんこれだけではなかった。


別添のタッパーに、なみなみと入っていた(画像は次の日のものなので少ないけど)のがこれである。

・・・っていうか、何これ?!
しばし呆然とした後、メンバー3人による協議が行われ、どう考えてもこれがSweet&Sour Sauceだろうということになった。しかしものすごい赤さ。蛍光灯の光を浴びて、きらきら宝石のように光っている。まるでゼリーみたい。
ひとりはひと口トライするも「甘い!」と脇に追いやり、もうひとりは色を見るなり試すこともなく、肉玉のみを口に放り込んでいる。

ええ、チャレンジャーの私は、もちろん試しましたとも!!!


お皿に合わせてみました。うむ、酢豚に見えないこともない。しかし、本物の酢豚(ここではつまり日本の、という意味)は、もう少し落ち着いたオレンジだった気がする・・・。この色はちょっと・・・食べ物とは思えん・・・。

ともあれ、いただきます。ぱく。

・・・・・・甘い!!!!
ただ甘いのだ。酢は、酢はどこへ? いや、パイナップル(も入っていた)が口に入ると、幾分すっぱさを感じる。しかし、全体的には甘味の完勝である。しかも、何の甘さなのか、想像ができない不思議な甘さだ。
と言いつつ、次から次へと、このオレンジをからめて口に運んでいる私がいた。そう、甘いのとお肉というのは、ダメな人も多かれど、私は基本的にOKなのだ。そして、確かにお肉に合っていたのだ(と私には思えた)。
このきらきら光るオレンジの液体をいちど試した後だと、アメリカンドッグみたいにしっとりぱふぱふしてぶ厚い皮と中のちょっこりした豚肉だけでは、なんとも物足りないのだ。このオレンジ、媚薬である。さすがチャイナである。いろんな意味で。

しかしこのオレンジは、肉玉がなくなったと同時に捨ててしまいました・・・。他に使い道思いつかないもん!! 家中で私しか食べないし。
そして、あのお店で新たな挑戦を続けるには、今回の刺激が強すぎました。しばらくは定番モノでお世話になります。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

もぐもぐぺちゃくちゃヤムヤムぺちゃくちゃ・・・

いかん、色とりどりのバトンにかまけているうちに、グルメな話題(というほどでもないのだけど)が結構たまってしまった・・・!
前の出来事を思い出しながら日記を書くのは、あんまり好きじゃない。同じぐらいおいしかったこと、楽しかったことでも、身体にその熱を帯びたまま書かないと、暑苦しすぎるほかの記事に比べて見劣る気がして、もったいないから!
でも、チープでおいしい食べ物を求める私の強い味方になってくれそうなこのお店のことは、ちゃんと書いておかなくては!

その名は、Yum Yum Bangkok。タイ料理のお店である。
安いアジアのお店ならチャイナタウン近辺・・・と思いきや、ミッドタウンにあるところがまたよい!
平日の16時までやっているランチは、好きな食べ物に、スープ2種・サラダ・しゅうまい・春巻き・ドリンクの中から2つを選んでセットにできて、なかなかお得らしいのだ。



タイ風焼きそばのパッタイとかもいいかなあーと思ったのだけど、
「お魚やお肉を選ぶ+10種類のソースの中からひとつを選ぶ」
というのに惹かれた!(名前がないから書きづらいのが唯一の難点だ!)

ソースは、ガーリックソース・チリソース・ピーナッツソース・バジルソース・ジンジャーソース・レッドカレー・グリーンカレー・ペナンカレー・ブラウンカレー・タイ風オイスターソース・・・ああ!! ここに書き出しているだけで、また胸が高鳴るではないか!! 組み合わせる楽しさ!!
このソースにはやっぱりチキンだよな、でも今日はビーフの気分だから・・・
迷いに迷いに迷いに迷う。ああ!! 迷う楽しさ!!


2つのサイドメニューは、私がチキンココナツスープ、友だちはトムヤムクンスープで、あとは揚げ春巻きとしゅうまい(それぞれ2つ入り)を頼んでひとつずつ交換する交渉が成立する。
やれやれ、注文がやっと済んで一件落着。

スープは、マイルドだけどしっかり辛酸っぱくて(←このことば、今作りました)、タイ料理を食べに来ました~ってかんじ!
そしてしゅうまい&春巻き。どちらかひとつ選ぶなら揚げ春巻きを選んでいたと思うけど、しゅうまいが思いのほかおいしくて、私は感激! あ~ん、ふたりで来てて、ちゃんと事前交渉済で、よかったねっ!
(とか思っているのは、食い意地の張った私のほうだけだろうけど・・・。)


そしてメイン到着!!
ぽこんと盛られたごはんがなんだかかわいらしいけど、結構ちゃんとした量ですよこれは!
迷った末に私が選んだのはこちら、ビーフ+タイ風オイスターソース。
タイ料理がどんなものか本当は全然知らない私は、
Thai Oyster Sauce
とわざわざ国名がついてたからこれを選んだというのもあった。でも、普通のオイスターソースの炒めものだった・・・。
なんて書いたら悪口みたいだけど、「タイ風はどこ・・・?」と思っただけのことで、味はもちろんすごくおいしかったのです!
オレンジのプレートだから見えにくいけどソースもたくさんあるので、ご飯をひたしてぐじょぐじょにして最後の1滴まで余さず食べる。んー、ヤムヤム!


ちょっと画像が光ってしまったけど、友だちのセレクトは、ザ・タイ料理と言うべき(いや、よく知らないんですけどね)チキン+レッドカレー。

それだって、食べ物ばっかりに集中しているわけにはいかなかったのだ。しばらくぶりに会った友だちと、おしゃべりすることだってたっくさんあったのだ。
ああ、なんで目の前に大事な友だちがいて、おいしい食べ物があって、それなのに口はひとつしかないんだろうね! 私は口がひとつしかない自分を呪った。鼻の穴だって、耳の穴だって、ふたつあるのにさ!

「NYは人が次々と来ては去っていく、別れの街さ」などと人は言う。
けっ、かっこつけやがって阿呆めが!・・・などと思っていたけど、確かに1年以上もここにいると(ああ、既に、とっくに、1年を過ぎたのだ! 怖い!!)、いくら友だちの少ない私でも、周りでぼちぼちNYを去る人を見るようになった。
そして彼女もそのひとり。
それを知ったときはとてもびっくりしてとても悲しかったのけど、きっぱり決断をした姿を見たら、逆にすがすがしくなっちゃった。

そのあとマックに移動して、ソフトクリームを食べつつまたぺちゃくちゃおしゃべり。今日の店員さんは、すっごく盛りが小さかったんだけど、でもいいの。おしゃべりしたくてマックに入ったのに、ソフトクリームが巨大だったら、また口が超多忙になるとこだったもん!

では、きっとまた会いましょ! 1年間ありがとね!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

あげました。その他たわごと。


世界各地からの、2~3件ほどのリクエストにお応えして!!
とうとうあげてしまいました、萌えバトン!
(記事はこの下にあります。勇気のある方はぜひ・・・)

友だちがこれ以上減ることを恐れて、あげようか、あげまいかと葛藤したのですが、そのままどこも手を加えずに再び世に出してしまうことにしました。

話は変わって。

同年代のアメリカ人の友だちが、
「神様は信じているけど、神様に名前はつけたくない」
と言うのを聞いて、私はすごく驚いた。私と同じ! その人は、アメリカ人でもそういう人は最近多いと思うと言っていた。
神様の名前がなんなのか。どんな姿をしてるのか。何をよしとするのか。
ルールみたいに決めないで、ゆるくゆるく、みんなで共有できるなら、いつか世界がひとつになるかもなあ。

話はさらに変わって。
画像は、夏の始めに買って夏じゅう毎日お世話になったビーチサンダルと、夏の終わりに目標の10ドル以下で手に入れてこれから冬まで着倒す予定のロングスカート。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

電車男に続け・萌えバトン!

さてバトンづいている今日この頃、とうとう真打ち「萌えバトン」を、こちらからいただいてまいりました。

ドラマ「電車男」を見て毎週本気で嗚咽を漏らしつつ号泣しているあたくし。
好きなゲームはシミュレーション、中でも恋愛モノにはちとうるさいあたくし。
そんなわけで、ヲタクの気持ちには大変に共感しまくるところがあるわけです。ですから、バトンを始める前に、ヲタク用語であるこの「萌え」について、まずはひとこと言っておかなくてはいけません。

「萌え~!」ということばは、「好きだあ~!」と似ているといえば似ていますが、ヲタク道を守り続けている人にとっては、それだけではない、特別のものがあるようです。
すなわち、「萌え~!」と相手に堂々と言えるのであれば、それは「萌え」ではないのです。触りたいのに触れない、伝えたいけど言ってはいけない、はあはあはあ・・・激しく萌え! ・・・えっ、気持ち悪いと? ごめんなさい、でも今日は終始こんな調子です。

覚悟してください。今日は、私のヲタっぷりがばれます。



1、萌え属性を正直に告白せよ(妹属性とかメガネ属性とか)

属性!! 「属性」ってコトバのこういう使い方を教えてくれただけでも、このバトンに感謝だわ。

えーと、私は、いじめられっこ属性だな。
(えーと、これは、特にいやらしい話じゃないんで、くれぐれもいやらしい話に当てはめて読まないで下さい。)

小さく丸い姿かたちのせいか、私をいじめられキャラとして扱う人が大変に多く、私もめんどくさいので、大抵そのまま応じている。でも、私が輝き出すのは、「いじめ甲斐のある人」を見つけた時なのである。
自分でもいつ覚えたのか分からないのだが、ああ言えばこう、こう言えばそっち、と標的を辱めるアイディアが湯水のごとく浮かぶのだ。いじめられて悦んでいる(ように私には映る)相手の顔を見ると、もう止まらない。いじめて、いじめて、いじめ倒して、恍惚としている私・・・。

2、萌え衣装を答えよ(メイド服とか背広とか)

綺麗に着飾った女の人の集団を見ると、「ああ、女でよかったなあ」とつくづく思う。男がじろじろ見てたら「なにあの人気持ち悪い!」「ヲタクじゃない?」ってなるとこだけど、自分も女なら、じっくり観察できるもん。
・・・しかし、女に萌えててどーする!?

でも、男の人だと、うーむ、特に萌えな衣装ないなあ。男の人なんて、着せ替えして遊ぶ対象じゃないからなあ。
あ、でもユニフォーム(特に野球!!)には、萌えというほどではないが、かなり弱い。

あと、自分に着せて他の人に萌えと言ってもらえる自信があるのは、無難にメイドかな。(・・・無難か?)
あ、あと、着ぐるみはどれもかなり似合う。はげヅラも。(萌えとは言われないだろうけど。)

3、萌え小道具を答えよ(包帯とか首輪とか眼帯とか銃とか)

ぜったい、毛抜き。
あのー、すみません、これ、また違った種類の萌えなんですが、でも私にとっては、本当に萌えなんです。「毛を抜く」という、あの気が遠くなるほど細かい作業に、たまらなく萌えるのであります。没頭してると、あっという間になくなってしまって、また萌えーと叫ぶのであります。
あ、あと、おいしいベーグルの穴っていうのは、見れば見るほど、ほんとにセクシーだ。いやらしい意味では毛頭ないので、勘違いせずに読んでいただきたいのですが、私は穴が本当に好きだ。日本がアメリカに勝っている点は、コインに穴を開けたことだ。それに関してはひとつネタがあるので、また別の機会に。




4、萌え場所を答えよ(海とか山とかその二人がここにいると最高にいいって場所)

狭いとこがいいねえ。狭くて、暗いとこ。
ふたりもいいが、ひとりでいても萌えるものである。
(えー、繰り返しになりますが、いやらしい意味ではありません!!)
具体的には、押入れとか、ふとんの中とか、倉庫とか、ロフトとか。うー、考えるだけで、も、も、もえー・・・。


5、5人にまわしてみよう

こんなマニアックな内容を求めるとしたら、ちょっと5人には渡せないよ・・・。
例によって、欲しい方はどうぞ持ってって! 自分をさらけ出す勇気があるかしら?


*画像協力*
今日はめずらしく、バトンにちゃんと関係ある画像にしてみました。
1枚目・マーケットで見かけた、あまりに大胆な水着or下着に、キター!!
2枚目・松井の汚れたお尻に、キター!!
3枚目・ベーグルの穴に、キター!!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事