ベーグルの穴から見えた日記

ひさびさの本領発揮。

今NYは、なんとも物々しい雰囲気に包まれている。共和党大会である。私の学校は会場のすぐそばで、地下鉄もスルーしちゃうような有様、そんなわけで急遽1週間のバケーションがふってきたのであります。(だからってブッシュにありがとうなどとは、口が裂けてもいわないのだ。)

おとといは、日本からの友だちがルームメイトになったお祝いに、大奮発してどどーんとビュッフェへGO! コリアンタウンの裏手にある(だから結局会場にほど近かったりもする)、寿司・ロールから始まって肉料理、魚料理、点心、サラダもそれぞれたくさんの種類があって、ケーキ・フルーツ・アイスももちろん備えた、いわゆるビュッフェというやつ。ああ、でもこういうのが、NYにあるってことがすてきなの!
しかもちゃんとしたものを出そうという意気込みは随所に感じられて、好印象。ステーキ・シュリンプ・サーモンなどいろいろ選べる鉄板焼きは目の前でちゃんちゃんと焼いてくれるのだ。クレープも、目の前で焼いてくれるのだ。私の大好きな、うにもあるのだ。日本風をうたっているだけに、変なパスタやポテトみたいな「とりあえず数増やしとこ」的策略見え見えアイテムはなくて、どれもこれもきちんとしていた。

三人で行って、その三者三様っぷりがおもしろかった。NY生活の長い彼女は、寿司を中心に日本の懐かしい味を攻める。大好きないくらがあるはずだったのに、今日はないと言われて憤慨していたけど、その気持ちは痛いほど分かります。大食漢で知られる新ルームメイトの彼女は、とにかく近くのものからてんこもりによそっては、食べる食べる! ・・・圧巻。
そして私は。星の数ほどのアイテムを見たら、慎重にならざるをえない。まずはぐるりと店内を視察して、綿密な計画を立てる。そしてまずは寿司とロールをてんこもりによそって、ふたりより大分遅れて席に着く。今まで気になってたのに試せなかったロールたちが、20種類近くもずらりと並んでいて、今日はこれを全部試せるなんて、すてき!
日本ながらの寿司は、注意深く好きなネタだけにおさえる。しかしハマチがあまりにおいしかったので、二皿目で刺身のほうを持ってくる。あとは、軍艦巻きのスパイシーシリーズ。チキン・ツナ・シュリンプなど。スパイシーシュリンプってこんなにおいしいものとは知らなかったー! で、寿司をひととおり試したあとは、お肉とお魚、サラダなど。ひとくちずつごちゃごちゃとよそってくると、とても写真に耐えられる画像ではない。
さて、気がつけばおなかもかなりふくれている。ここでデザート用に胃をすげかえる。ケーキとアイスをひととおりお皿へ。アイスクリームは、あずきと抹茶なのだ。すてきすぎる。キャロットケーキがおいしかたのでリピートしまくりつつ、バナナのクレープを作ってもらって、そこにアイスをのっける。うまいー! しかしそのあと、チョコレートがある事が発覚し、チョコバナナも食べる。王道だー! さて次はブルーベリーと行きたいが、これでクリームチーズでもあればなあ。どこかにチーズはないものか・・・。あっ! クリームチーズロール!!
といっても、ロールの中からほじるのもなんなので、クレープのお皿を持ってお寿司のセクションへ。クリームチーズだけもらえますか? って言ったら、快くのっけてくれた。あーん、すてきすてきー! クリームチーズが余ったので、もう一枚ブルーベリー。ああ。至福。
しかし、調子に乗ってクレープを食べていたら、いつの間にか結構限界のずっと先まで行っていたらしい。計画ではこのあと存分にアイスクリームを堪能して幕を閉めるはずだったのに、アイスでさえも入らない! これは・・・一生の不覚! クレープなんて、家でも作れるのである。抹茶とあずきのアイスは、今たんまり食いだめしておくべきものだったのに! ああ!
ま、実を言ったら抹茶アイスは家でバニラアイスと抹茶パウダーで作っているし、小豆もチャイナタウンで手に入るから、いいんだけどね。そんなわけで、大変まじめに食べ放題の任務を遂行したのでした! なんて苦しくて、楽しい任務! 帰り道はもう何もできず家のベッドへ直通。翌日あたりからやっと、あれがおいしかっただのなんだのと、回想が始まって、そのまま数日間この余韻が続くのでした。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

音楽がすべてをひっくり返す。

夏になるとたくさんのコンサートやらイベントやら舞台が、そこらじゅうで、無料で行われる。そのひとつに大規模なジャズのイベント、JazzMobileというのがあって、トラックの荷台の部分がジャズのステージになってて、結構有名な人も含めたたくさんのミュージシャンが演奏しながら各地を回るのだ。
私はジャズの有名人なんて全然分からないけど、今日はバリー・ハリスがピアノを弾く、それはすごくいいらしいと聞いて、行くことにした。地下鉄でハーレムへ向かい、指定の場所を目指す。そこは本当に、そのへんの道端にトラック止めましたってかんじ。あたりは静かなのに、トラックの周りだけ人があふれている。
そしておもむろに始まった演奏は、それはそれは楽しいものだった! 実は今日のその時までは、あんまりいい日じゃなくて、むしゃくしゃしてたのだ。でもそれは全部すっとんでいって、気持ちいい音楽だけがぽんと落っこちてきた。

さらに言うと昨日は、こちらも無料のチャーリー・パーカー・フェスティバルにちょこっと行ってみたのだ。そこで聞かされた「最近流行りのジャズ」とやらは、私にとっては耳障りな、吐き気をもよおすような、ステージに殴り込みたくなるような音だった。でも聴いている人たちは楽しそうで、確かに世の中ではこれが流行っているようだった。情緒のかけらもない、勢い勝負・押しの一手のこれが。もし私がジャズにかかわっている友だちがいなくてただこの最近流行りのジャズを聞いたら、「ジャズはわかんないな」とつぶやいて、二度とジャズと触れ合わないだろうなって思った。
・・・えーと、好き嫌いの問題だから、人の「好き」に文句言うべきではないですね。ともかく私はそんなわけで、バリー・ハリスおじいちゃん、お願いします! っていう気持ちでいたのだ。

今日やったのは、もっと昔のジャズだ。私は昔のジャズが好きだ。そこにはコミュニケーションがある。かけひきがある。楽器を打ち鳴らしたあとの落とし方を楽しむ。私は、「あいだ」が好きだ。ジャズに限らず、他のジャンルの音楽でも、小説でも、映画でも、絵でも、あいだは人をひきつける。私をひきつける。あいだを自在に操る人が、本当の芸術家だと思っている。指が早く動くだけだったら、それは芸術家じゃなくて、楽器演奏技術者じゃん! ・・・って、いかん、また文句が。でも、だって。ううー、がるる。

ともかく、ほんの2時間弱のステージによってくるりと気持ちが変わった私は、コリアンタウンへ。ほらだって、心が満たされたら、おなかもしっかり満たさなくては! ね? ね?
韓国料理屋さんはどこでも、小皿で7~8種類出てくる前菜が食べ放題。どれもこれもおいしくて食べまくり、メイン(それ自体もすごい量!)が来てから激しく後悔・・・といういつものパターン。それでも食後のサービスのフルーツ(今日はスイカ)まで、しっかり食べてまいりました!
画像はねえ・・・ないのです。教科書が重すぎて、デジカメすらも持ち歩けない!! 日記を書くものとして、だめだわ。このていたらく。お恥ずかしい。ジャズモビールの写真も撮りたかったなあ! また次の機会に。ああそれにしても今日は、いい夢が見られそう。明日から気を取り直してがんばるぞ! おやすみなさーい!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

借りは倍にして返す。

FI434194_0E.jpg
なんだかすっかりフラッシング日記になりつつある今日この頃ですが、そのおかげで日記を書く頻度が少しは上がったのだから、良し悪しですな。というわけで、またチャイナタウン。
初めて食べたスカリオンパンケーキにすっかり魅せられたのに、その次に屋台で食べて油っぽいハズレにあたってしまった私。でもどうしても、もういちどだけ試してみたくて、他のお店に行ってみた。
ここもハズレのお店同様1ドルで大判1枚だけど、焼いてるさまを覗き込むと、油っぽくもなさそうでなかなか期待大。これ下さいっていうと、20センチぐらいのパンケーキを無造作にぐいと折り曲げて紙袋に入れてくれる。ああ、ワイルド。

FI434194_1E.jpg
このお店のパンケーキは、大正解! ああ、あきらめないでよかった!
断面の映像をよーくごらんください、なにか、ちぎるとなんとなく層を成してるのです、生地が。その層のおかげか、薄いのにしっかりしている。粉とねぎの味、ほのかな塩加減。いたってシンプル。シンプルさがあとをひく。

焼いているところを観察。
丸めてラップに包んだ生地が山積みになっていて、どうやらあれらがスカリオンパンケーキの生地らしい。おばちゃんがおもむろにひとつをつかんでラップをはずし、ぐいと手でのばすと、生地は負けずに縮もうとする。結構な弾力だ。それを「させるか!」とばかりにおばちゃん、すぐに油をたっぷりひいた鉄板にのっけてさらにぎゅうと押さえる。固め技をくらって、生地はたまらずKOである。
・・・パワフルな作り方である。その戦いの後が生地の力強さであり、隠し味に敗北の涙のひとしずくが加わっているのね。じーん。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

フラッシング探検記。

FI429011_0E.jpg
さて、すっかりおなじみになりました、週末のお約束。フラッシングでございます。チャイナタウンでございます。
今回はまた、行きつけのチャイナ軽食やさん(なんていったらいいんだろ?)で、新たなるすてきな出会いが! 前回注文時になんとなく気になっていた、白くもったりとした物体を試してみたのだ。
ライスケーキ。つまり、餅だ。買ってみて初めて気がついたことには、表面は真っ白だけど、底にはしっかり焼き色がついている。おお・・・かなりそそるその焦げ色。むにーと餅を噛み切ると、その中は高菜としいたけと小さく刻んだ豆腐。これは野菜まんの具と確か同じ。でも蒸しパン生地に入れるより、今回の餅に合わせてあるほうが全然おいしい! 野菜まんの時は、生地のボリュームに具が負けて、ちょっと味がぼやけてたのだ。いやでも、味付けが日によって違うせいもありそうだけど。餃子の味も、毎回違うもん。ともかく、野菜まんよりライスケーキのほうが断然おいしかった。私は、私は、店の前に放り置かれている椅子に座って(こういうのもテラス席というのだろうか)、身もだえしていたのだ。
しかもこれ、なんと1ドルをきって75セント! いやーーーーー!! すてき!!

FI429011_1E.jpg
そいで図書館に行って、どーんと本とビデオを借りて、ケーキを買って帰宅の途に着く。ほぼいつもどおり。夕暮れ時の帰り道、バスの車窓からマンハッタンのビル群が遠くに見える場所がある。今日は雨降りだったけど、そこを通る時には夕焼けがきれいで得した気分だった。
夜には買ってきたケーキを広げる。チャイナタウンのケーキにはぎっちり型とふんわり型の2種類がある。四角いアプリコットケーキがふんわりの典型で、小さい丸のバタークリームケーキはふんわりにプラスして回りに貼り付けられた砕いたナッツのアクセント。子回買ったチョコレートケーキは、ぎっちりタイプ。クリームのクッションで細かく何層にも連なっているこれは、一体なんなのだろう。通常のチャイニーズスポンジよりもずっと目が詰まっているのだ。今ふと思いついたのだけど、もしやスポンジの端っこの切り落としで作ってるのだろうか? いや、真偽のほどはわからない。しかも、おいしければいいし。安いし。この甘じょっぱいケーキたち4つ買っても、4ドル行かないんだから!

今回は図書館でビデオも借りてみたのだけど、これは3日以内に返却しないといけないのだ。学校のある平日じゃあ慌しいから、つまり日曜にもういちどフラッシングに行かなくちゃいけないの! きゃあ! ライスケーキ! きゃあきゃあ!

*ライスケーキ写真近日中にアップしますのでお待ちを。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

コーンブレッド讃歌!

FI421069_0E.jpg 前々から、アメリカのケーキミックスみたいなのを試したいと思っていたら、コーンブレッドミックスが安売りしてたので、さっそく買ってみた。
日本でも、ホットケーキミックスはポピュラーだ。誰でも簡単にホットケーキが作れる、魔法の粉。さらに、たまごや水の配合を変えたりしてアレンジすると、ありとあらゆるおかしが作れる。
今回のコーンブレッドミックスも、水を多めに入れてフライパンで焼いたパンケーキと、オーブントースターにぶち込んでパウンドケーキ風の2種類に姿を変えた。そいでこれがまた、おいしいの! コーンミールは、日本ではそれほど普及してないけど、私は大好き。コーンの風味とつぶつぶ感がくせになる。ひと箱25セントの粉と、たまご1個と、水が、こんなにたくさんの、こんなにおいしいものになっちゃうっていう、この手軽さもすてき!

FI421069_1E.jpg
こっちの古本屋で見かけた、「ケーキミックスでできる100とおりのこと」みたいな本も、大変気になっている。日本でも「ホットケーキミックス活用術」的な料理本を持っている。その手の本が大好きなのだ、私。
ともかく、ケーキミックスはすごいのだ。今度は中にチーズやらなにやら入れて、作ってみる予定。楽しくておいしいケーキミックスに、夢中なのだ! なにしろこの小箱、繰り返しになりますが、たったの25セントなんだから!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事