ベーグルの穴から見えた日記

あのパンがNYに!?

FI308942_0E.jpg
はあ。はあ。やっとここまでたどりついた。

相変わらずパソコンの機嫌が悪くて、HP更新にもメルマガ発行にも尋常でない労力が必要なばかりか、最終的にそれが徒労に終わる確率もかなり高かったりして、もうなんだかがっくりしていたわけです。(なんか前回渡米時もまるっきり同じこと言ってたなあ・・・)
でもそうこうしながらも、しだいにパソコンの手なづけ方が分かってきた。
そして今日はとうとう1週間近く寝かせておかざるを得なかったメルマガを出し!
こうして日記も書き始めたというわけです!
しかも明日からは学校が始まって、「故障なし・高性能・ハイスピード」(先生談)のパソコンが使い放題! ぐははははー! 私の未来は明るい!!

そんなわけで書きたいことは山ほどたまってたけど、とりあえず今日は数日前に撮ったこの画像を!
「あれ、いつのまに一時帰国して水海道に行ってたの?!」と思ったあなた! ちっちっち! これはコロンバスサークルでやってたマーケットのパン屋さんで見つけたのだ!(思わなかったあなたは、数日前の日記参照のこと。ね、似てるでしょう?)あまりの激似っぷりに、買って試さずにはいられなかった。長さが水海道より長くて3ドル。うん、値段も良心的。
肝心のお味のほうは、ひとくちめは、「んん! かなり近い!」と感動したけど、じっくり味わうとクランベリーに難あり。量が少なくて、雑味があるかんじ。生地がへたれるのも、水海道に比べたら早い気がした。
でも水海道の超一流のパンと比べたら、かわいそう。十二分においしかったのだから! ここに来ればまたフリュイもどきに会えると分かって、私はうれしくなったのでした。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

食べたもの。

FI280117_0E.jpg
チャイナタウンにある行きつけの麺屋さんで、ローストダックとわんたんが入った麺とチャーシューまん。細い細い卵麺みたいなこの麺が大好きで、帰りにはチャイナタウンで同じものの生麺タイプを買う。ちゃんと日本から持ってきた塩のラーメンスープで食べて、そのあとは冷やし中華にして。冷やし中華のたれはめんつゆとごまドレッシングのブレンド。すっごいおいしいー! あとは日本でもおなじみ、辛ラーメンも作って食べた。私にとって辛ラーメンはNYの味。
チャイナタウンのすぐ隣にあるさびれたリトルイタリーが、夏期になって一転にぎやかになっていて驚いた。道にせり出しているテラス席でみんなのんびり楽しそう、狭くなった通りもジェラートを食べながら歩く人があふれている。これが本来のリトルイタリーだったのか。私たちも負けずに夕闇せまる8時半ごろ、テラス席を陣取ってミシシッピマッドパイ(チョコとブラウニーの塊に生クリームどかーん)とコーヒーで休憩! ちなみにこれはチャイナタウンで麺をたらふく食した後のことです。

FI280117_1E.jpg

そういえばアイスクリームでもミシシッピマッドパイという限定フレーバーがあって、冬にも食べたけどまた出ていたので今回も買った。もちろん、箱で! あとは、バニラアイス(箱)にすりごまを混ぜたり、コーラに浮かべたり。今度抹茶アイスもやるんだー。あーそうだ、私はコーラフロートが大好物なので、今度ぜひコーラフロートの正しい食べ方を紹介いたしましょう。あと、初めて試してみたのが、ブラックチェリー味(箱)。もっとどぎついかと思ってたのに、案外さっぱりしてて食べやすかったな。ああ、どんどん新しい味を知っていって、我が家の冷凍庫の中は一体どうなってしまうのかしら???
ケーキでは他にも、お気に入りご近所ベーカリーのチーズケーキ、ストロベリージャムのかかったチーズケーキ、ブラウニーチーズケーキも食べた。ああ、チーズケーキがおいしすぎる素敵な国アメリカ。
手の平にとても乗りきらない大きさのクッキーも、たくさん食べた。チョコチップ・ピーナツバター・オールミーツレーズン。甘くてやわらかくてチュウイー!

FI280117_2E.jpg
おっと、チュウイーといったら忘れちゃいけないベーグル! 今のところはDAVID BAGELでエッグと、PICK A BAGELでポピー・ブルーベリーのみ。エッグベーグルをテイクアウトして家に戻り、存分に写真撮影をしたあと我慢できずにかじりつき、そこではたと気が付いたこと。「お、おもてうら逆さまだった・・・。」もうめんどくさいから、そのまま採用する予定。さてどこに採用されるのでしょうか???
甘いものと炭水化物の話ばかり続いてさぞかし不健康な印象をお持ちでしょうが、栄養のバランスは自炊でとっているわけです。野菜もたっぷりのヒヨコ豆サラダを作ったり、たまねぎとろけるヒヨコ豆の煮物を作ったり、ていうかヒヨコ豆が安かっただけなんですけど。あ、フレンチトーストもしたけどそれは料理じゃないか。あと、サンドイッチも各種作ったけど、それも料理じゃないか。ま、料理はぼちぼちね。

FI280117_3E.jpg
先週から明日までの一週間、ルームメイトのお母さんとそのお友達が来ていて、私までその一行に便乗していろいろなものを食べさせてもらったり、観光している。有名なしょうろんぽうも、おすしも食べたし、あとはお母さんお手製のスペアリブは最高だったし、お母さんの持ってきてくれた抹茶と和三盆とお茶点てセットで、NYにいながら本格お茶会まで催されてしまった!

私のNY、こんなかんじです。
食べたものを書き上げたら、私の生活っぷりが分かるかなあと思って、とりあえず食べ物を羅列。画像もいくつかあるのできちんとした形でアップしたかったけど、後日追加することにしました。今は忙しくて、きちんとパソコンに向かえないので・・・。

6/28 追記。
やっとこさ、画像をアップできましたー! 大した絵じゃないですが。
あと、ベーグルの画像も採用しました。
料理はこのときよりもう少しはがんばっています。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

気持ちも新たにNY。

飛行機は揺れたけど落ちず、懸念の入国審査もあっさり済み(気の良いお兄ちゃん審査官がひとりでしゃべりまくってくれて、私はほとんどニコニコしてるだけ!)、ロストバゲージもなく、無事に家までたどり着きました。えー皆様、到着挨拶が遅れまして失礼しました。
何しろ、着いてから数日間はだらりと寝てばかりの生活を送っちゃいました。この私が! 寝てばかりだなんて! ありえない! でも、ここに着くために今までの大変なことがあって、そしてやっとたどり着いたという安堵感で、さすがに呆けてしまったみたい。
そして、週明けの今日。部屋の中身を大移動&大掃除。今まで荷物もスーツケースから出し入れしてたけど、部屋の中に自分のスペースを確保して、なんだか気持ちもすっきり・しっかりしてきた。いつまでもだらけていられない。もうしばらくしたら、第二ラウンドが始まるわけで!

しかし、英語。私は英語が嫌いだ。NYはもちろん嫌いじゃないけど、英語は大嫌い。でもNYでは主に英語を喋るので、英語で話さないといけないでしょう! ・・・あたりまえです。NYはアメリカですから。わかってるんです。
でも、私は英語を勉強するためにここに来たわけじゃないのだ。じゃあなぜ?って言われると、漠然としてるもんだから、非常に困るんだけど。とにかく、漠然とした自分の好きなことたち・やりたいことたちをするためには英語を喋らないとダメだってことなんだ。だからがんばる。このはちゃめちゃな理屈で、どこまで行けるか、あすかくん! 皆に笑われないように、せいぜいがんばりたまへ!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

ありがとう。

FI252434_0E.jpg
最終日のバイトが終わって終電で家に帰り着き、寝支度を整えて目覚ましを5時にかけて、2時半に眠りにつく。池袋に6時半。遅れるわけにはいかない。
イベントは2つ。そのいち、千葉の大人気パン屋さん「Zopf」の2階でブランチ。そのに、茨城のパン屋さん「Nicolas」で1周年のお祝い。
Zopfは通販で試しただけで、お店に行ったのは初めて。念願の初ランチ、大人数で押しかけたおかげでたくさんのメニューを試せてラッキー!
ここのヨーグルトライの威力をまざまざと思い知ったのが、画像の2種類のタルティーヌ。ホットワインも美味だったー。他のサンドも、お料理のプレートも、食べ放題のパン盛り合わせも、いちいちおいしくて歓声が上がる。おいしさのおかげで早起きの苦労がふっとんで、でも腹がふくれるとふっとんでた眠気が舞い戻って来たりもして。それもまたしあわせ。
しかし、ここから第二ラウンド。茨城へいざ! ・・・しかし、あんなに食べたのに、次なるパン屋さんが近づくとおなかが減ってくるのはなぜ?

FI252434_1E.jpg


ちなみに、Zopfで買ったもの。
黒豆のクグロフ。スコッチケーキみたいに固い生地はこってりバターの風味、そこに黒豆の甘さがからんで高級なお味! これはおいしいー!
ココナツチョコベーグル。思えば私、他のパンばかり食べていてこれは久々のベーグル。Zopfのベーグルは大好きだけど、これはチョコ生地だからか皮のはりは少なくて、ベーグルというよりお菓子。ココナツの入りがすっごくて幸せ。
手前にあるのが、モーンケベックという、モーン(けしの実ペースト)を練りこんでカシューナッツを入れたお菓子。モーンがこれでもかと襲ってきて、モーン好きの私にはたまらない。ちょっとずつ、ちょっとずつ、大事にいただいた。

FI252434_2E.jpg

Nicolasは、今回のイベントがなくても絶対に渡米前に再訪しなくてはいけないと思っていた。「ナポリを見て死ね」ならぬ、「Nicolasを食って死ね」である。
思い思いのパンを買って、持ち寄った食べものを広げて、まだパンを焼いている職人さんを差し置いて1周年おめでとうの乾杯を。これはもう完全に、単なるパン好きの集会だわ。
ちなみに私が持っていったのは、カスピ海ヨーグルト! 手抜きもいいとこだけど、みんな喜んでおかわりしてくれて、ひと安心。おばあちゃんお手製のいちごジャムも、グルメな人々の大絶賛を受け、孫の私は鼻高々!
おいしいものが好きな人たちと、おいしいものを囲んでいると、こんなにも楽しい。ここにいる人たちと、パンのおかげでつながれたことが、すごくうれしい。おいしく食べることをしっかり教育してくれたお父さんとお母さん、おいしいものを一緒においしいねって言える友だち、私たちが絶対にうなれるパンを焼いてくれるNicolasさん。みんなにありがとうー、ありがとうー!て思いながら食べた。・・・ビール2杯で酔っ払ってたのかしらね。きゃー。

FI252434_3E.jpg

Nicolasで買ったもの。
フリュイ。NYにいた時、ずーっとかじりたかった、Nicolasのフリュイ。再会とまたしばし別れの挨拶を。
ソーダブレッド、最初に食べた時もすごくおいしかったけど、他のお店のソーダブレッドで少し経験値を上げたら、Nicolasのすごさが分かった。今日それを改めて確認した。Nicolasのソーダブレッドが私のいちばん!
セロリとチーズのリュスティックは、焼き立てむにむに。ああ、リュスはもう、Nicolasのしかいらないです私。
ライ麦生地のパンたちは、口の中でうねる。おいしいよう。ひたすらに。
クロワッサンオザマンド。はあ。おいしいです。甘いのにちっともしつこくない。アーモンドが載ってるわけでもないのに、クリームからアーモンドがぷーんと香る。何も突出してなくて、きちんとまとまってる。ああ。これで旅立てます。
クロワッサンショコラは、適度に控え目なチョコの量のおかげで、この日買えなかったクロワッサンのプレーンのおいしさまでもが存分に楽しめて、2倍うれしかった。
くるみとコショウは、焼き立ての時にはなりをひそめていたコショウの辛味が、冷めるにつれて効いてきて、家に帰って来てからかじって、ほくそえんだ。みんなもそれぞれの家でほくそえんでいるかなあって想像して、またほくそえんだ。

Nicolasのパンはどれも、ほんわか優しい気持ちになる。でも芯はどっしりしていると感じる。それは職人さんの人柄そのまんま。職人さんとお店に立つ奥様をお店の中で写したすてきな1枚は、私のお気に入りになった。この1枚を見ると、舌にNicolasのパンの味がまざまざとよみがえる。でも大事なパン屋さんの大事なその1枚は、誰にも見せないで自分でとっておくんだ。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

決別の儀式。

今日は一日家にこもって、渡米の準備。さすがに一週間きってるからなあ・・・と、やっとこさスーツケースを開いてみた。
持っていくものといっても、主に服。タンスをほじくると、懐かしの洋服が出るわ出るわ。中には、10年近くもタンスを暖め続けていてくれた洋服もある。どう考えてももう着られないデザインのものもたくさん。
でもね。10年もタンスの整理を怠っていたわけじゃない。私はモノが捨てられないのだ、もったいなくて。だから、でもいつか何かに使うかも・・・と、着ない洋服もタンスの奥に戻しているうちに、引き出しが足りなくなってどんどん増やすはめになっていたのだ。
しかしもう、家を離れてしばし海外に行くのだ。要らない洋服は片付けていかねば。それにしてもこの柄かわいいなあ、重ね着でならまだ着られるかも・・・このスカートは丈がみじかすぎるけど、ジーパンと合わせればいけるかも・・・ううう、だめだ、捨てられない!!

しかし! 私は画期的な方法を思いついたのだ!

FI245394_1E.jpg
そこらへんに転がってた厚紙で、正方形の型を作る。そして、懐かしい洋服たちに厚紙の型を合わせ、ハサミでじょきー! スカートの、シャツの、形があるからだめなのだ。切ってしまえばいいのだ。切った生地の大きさを揃えてとっておけば、パッチワークになるかもしれないし、洋服のリメイクに使えるかもしれない。
切ると心がすっとする。1枚でも心が残るなら、何枚も型をとる。でも、5~6枚もとれば、「もういいかな」っていう気持ちになる。残りはきっぱり捨てられる。もう、着られないのだ。
かくして、スーツケースの隣で私は、洋服切りに熱中。じょきじょき! じょきじょき!
右が切れ端、左が供養された洋服。うん、小さくなった!

FI245394_2E.jpg
夕方からはとうとう、洋服のお直しを始めた私。このオレンジの服、安く買ったのだけどいざ着てみたら、肩が大きくとられすぎてて、かっぽう着みたい! 結局いちども着ていなかった。
既にハサミを握っている今日の私に、迷いはない。ざくざくと袖を落とす。そして、ちくちくまつり縫い。さらに、肩の部分にひだを寄せる。どうよ? これでちったあ着られるでしょう! 針仕事は得意なのよ! 袖の部分もちゃんととっておくんだー。

いえ。もちろんね、一日家にいてこんなことばかりしていたんじゃないの。荷造りも、一応進んだの。でもなんか、荷造りというよりは部屋の片付けがやっと始まったってかんじの、今日の作業でした。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事