ベーグルの穴から見えた日記

こころの健康を考える

東北地方を襲ったあの震災から2カ月半ちょっと。

震災直後、入り乱れるニュースと混乱、それと同時に、一丸になってがんばろう!というアクションが湧き出てきて、また悲惨な状況の中でも他の人を思いやって行動する日本人の姿が驚きとともに世界に伝えられた。その後、原発の被害が明らかになり、どんどん深刻化して、レベルが最高値にまで引き上げられてからは、「チェルノブイリに匹敵」と言われた。地震、そしてそれに伴って起こった恐ろしい津波のニュースは、世界中の人を震撼させたけど、いまや福島原発の問題が日本について語られる話題の中心だ。

日本の人たちの震災後の様子は、私はニュースや人づてにしか知る由がなかったけど、一致団結の掛け声とともに、「大変な人がたくさんいるのに、私だけが・・・」と自粛ムードが広がって、でもそれが行き過ぎではと時に批判されたりで、やはり、普通の生活を送れる人は普通の生活をしながらできることをするのがよいのだ、というかんじになってきて、その推移は、いろんな人のブログのエントリにも表れてる。2か月半で、ずいぶん普通の状態に戻ったかんじがします。

それでも、あのことは多分、いろんな人の心に、さまざまに異なる形で刺さっていて、それが生活に支障を与えて(あるいは少なくとも、変化を及ぼして)いるかもしれない。
地震の後ずっと、無力感でいっぱいだったりとか。イライラしやすくなったりとか。あるいは、すっかり忘れて日々の生活に没頭していたのに、ふと被災地の惨状を思い出して、忘れてた自分を嫌に思ったりとか。

さらに今回は、福島原発の問題がある。これは、日本一丸で天災を乗り越えよう、というのとはまたちょっと図式が違って、原発vs私、あるいは、東電や国vs私、といったかんじで、相手があるように思います。
放射能汚染の問題では、いまだにみんな、先の見えない不安を抱えてる。この野菜を食べて私や家族は本当に大丈夫なのかとか、関東の人も疎開したほうがいいんじゃないかとか、福島原発の行く末は・・・などなど。
それで、原発のニュースを見るたび、心がかき乱され、落ち着かなくなったりとか。

ちょっとでも、「あるある」と思った人は、「心理学者からの、震災から心を守るメッセージ(三羽)」のページを、ぜひぜひ、ぜひ!!読んでください。

このページは、ひょんなことから出会った方に、ひょんなことから紹介してもらった、「震災にまつわる心理学的ケア」というページで、「このサイトで一番伝えたいこと」、とされているものです。

このサイトの目的は、「東日本大震災で心痛めておられる全ての方々(被災地・非被災地)の心の健康を保つために、自分でできること(セルフケア)やお互いにサポートするための方法を紹介していきます」と書いてあります。
複数の専門家の方が、この目的に即した記事をアップしていく形になっています。今後もどんどん記事はアップされていくそうですが、どれも大変興味深いものです。

「被災地・非被災地で心痛めている皆様へ」の中には、心理学者の客観的な洞察の記事がいろいろありますが、「ボランティアとは何か」についての4回シリーズは、何となくそうと思いながらも知識の裏付けがないもんですから悶々としてた部分を、心理学的知見に基づいて、余すところなく説明してくれて、これよこれ!という思いがしました。

こんなにすばらしいページ、震災の直後に私も知ることができて、皆様にもシェアできればよかったんだけど・・・。でもこれからは、何度でも戻ってこられます。

被災地の人に何ができるかという件も、それから放射能の件も、何が正しいとか間違ってるとか、そんなのは私には本当のことは分かりませんが、とにかく、自分の考えをきちんと整理する、そして他のいろいろな人の考えを取り入れる(ひとつの情報を鵜呑みにしない)、そんなことが大事だと、改めて思っています。
地震の直後にも書きましたが、インターネットはそれを大いに助けてくれます。素晴らしい時代です。(今回このサイトに辿り着いた出会いも、ネットでのものです。感謝!)
ただし、できる限り偏りのない情報にアクセスするのに、テクニックというか、心構えというか、そうね、今回のテーマに即して言うならば、自分の心が健康でないといけないと思います。でもそれは、リアルでの人づき合いとまるっきりおんなじだと思います!

もう2カ月半、という気もするけど、まだたったの2カ月半、というのが本当のところだと思う。
阪神大震災のことを考えても、被災地の人が昔の生活に戻るには、途方もない時間がかかるのだろう。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

Stay Hungry. Stay Foolish.

2つ前の記事で紹介したスティーブ・ジョブズ氏のスピーチ、「こちらをどうぞー」って原文のリンクだけ貼り付けておくのは、あまりに無礼ではないかと思い、自分の勉強も兼ねて、訳してみました。

ま、このスピーチ自体2005年ですから、既にこれまであっちこっちで取り上げられてるわけで、「3年も遅れて何言ってんだ」って思う方もいるかもしれませんが。でも、内容が古くなることはないわけで。

ネットで検索かけて他の方の日本語訳を読んでくださった方は、またこれを読むこたあないんですが、「検索かけてまでは読まないけど、ここにあれば読むよ」という方もいるかと思って・・・。
しっかし、長かったーーー!! でも、さらりと読み流してた部分をよくよく読むことができたので、よかったです。
このスピーチの動画もたくさん世に出回っていて、それも見てみましたが、結構淡々としゃべってますね。医者との話の後の部分で少し言葉が詰まっているみたいに見えるのが、ちょっとぐっときちゃったけど。

ジョブズ氏も、相当気性の荒い、独特な、性格の方みたいです。多分、ここに書かれていることを本当に日々実践して生きているのでしょう。私は・・・少しずつ。

以下、2005年のスタンフォード大学卒業式でのスピーチです。

=======

皆さんが世界有数の大学から卒業されるこの日に同席できることをうれしく思います。私は大学を出たことがありません。実のところ、これが大学卒業というものに最も近づいた経験です。今日は、私の人生の中から3つの話をしたいと思います。それだけです。大したことではありません。たった3つの話です。

1つめの話は、点と点をつなげることについてです。私は、入って6か月でリード大学を辞めました。その後も、本当に辞めるまで18か月ぐらいの間は、ふらふらと大学に出入りしていました。ならば、なぜ辞めたのでしょうか?
それは、私が生まれる前にさかのぼります。私の生みの母は、若い未婚の大学院生で、私が生まれたら養子に出すと決めていました。彼女は、私は大卒の家庭に養子に入らなくてはならないと固く思っており、生まれたら弁護士とその妻の家に養子に入ることで準備が整っていました。それなのに、私が生まれた時、彼らは最後の最後になって本当は女の子が欲しいと言い出した。そこで、順番待ちリストに名前の載っていた私の両親のところに真夜中に電話が来た。「予定してなかった男の子が生まれてしまったんですけど、いりますか?」という質問に対し、彼らは、「もちろん」と答えた。生みの母は後になって、私の母が大学を卒業しておらず、父は高校も出たことがないと知って、養子縁組の最終用紙にサインを拒みました。数か月も経って、両親が私を必ず大学に行かせると約束したことで、やっと了解したのです。

17年後、私は大学に行きました。でも、馬鹿なことに私は、スタンフォード大学とほとんど同じぐらい学費の高い学校を選び、労働者階級の両親がそれまでに貯めたお金が、全て学費に消えていきました。6か月経って、私は大学に価値を見出せませんでした。私は自分の人生で何をしたいのか全く分からずにいて、大学がどうやってその手助けをしてくれるのかも分かりませんでした。それなのに、ここで自分は、両親が人生をかけて稼いだお金を全部食いつぶしている。だから私は、大学を辞め、全てはうまくいくはずだと信じることにしました。その時にはかなり怖いことでしたが、振り返ってみれば、あれは人生最良の決断の1つでした。大学を辞めた瞬間、私は興味のない必修クラスをとる必要がなくなり、おもしろそうなクラスにふらりと立ち寄るようになりました。

すてきな話ばかりではありませんでした。寮の部屋がなくなったので友達の部屋の床で眠り、コーラの空き瓶を持って行って5セントの預かり金をもらい、それで食べ物を買い、毎週日曜日の夜にはハーレクリシュナ寺院で週に1度もらえるおいしい食事のために街を越え7マイルも歩きました。あれはとてもおいしかった。そんなふうにして、自分の好奇心や直感から出会ったものの多くは、後になって、値段が付けられないほどの価値を持っていると分かったのです。その例を1つ挙げましょう。

リード大学は当時、おそらく国内最高のカリグラフィ教育を提供していました。キャンパス中の全てのポスター、引き出し1つ1つのラベルに至るまで、美しい手書きの文字でした。私は退学して、通常のクラスをとる必要がなかったので、カリグラフィのクラスをとって、その方法を勉強することに決めました。セリフやサンセリフ体といった文字の飾り方、文字列の組み合わせによりスペースの幅を変えること、素晴らしい文体を素晴らしい文体たらしめるものは何なのか。それは、美しく、長い歴史があり、科学ではとらえられないような芸術的な繊細さを備えた、魅力的なものでした。

こうした経験を私の人生で実用的に使うなんて望みはひとつも持っていませんでした。しかしその10年後、最初のマッキントッシュを設計している時に、その全てが私に戻ってきたのです。その知識の全てが、マックに注ぎこまれました。マックは、美しい文体をもった最初のコンピュータとなりました。もし大学でそのクラスに寄り道していなかったら、マックはいくつもの文体やスペース調整フォントの機能を持つことはなかったでしょう。ウィンドウズはマックの複製品でしかありませんから、パソコンがこうした機能を持つということはなかっただろうと思います。もし私が退学していなかったら、カリグラフィのクラスに寄り道することはなかった、そうしたら今ある素晴らしいパソコンの文体が存在しなかった。もちろん、大学にいた時に、先を見通して点と点をつなげることは不可能でした。しかし、10年後になって振り返ってみれば、それはとても、とても明確なことなのです。もう一度言います。先を見通して、点と点をつなぐことはできません。できるのは、振り返ってつなぐことだけです。ですから、点は将来、何らかの形でつながるはずだと、信じていなくてはいけません。本能、運命、人生、カルマとか、何でもいいから、信じていなくてはいけません。この考え方が期待外れに終わったことは一度もなく、私の人生を全く違うものにしてくれています。

2つめの話は、好きの気持ちと失うことについてです。

私は幸運でした。人生の早い段階で、自分の好きなことを見つけました。20歳の時、私はウォズと共に、両親宅の車庫でアップル社を始めました。私たちは懸命に働いて、10年のうちにアップル社は車庫に2人の状況から、4,000人超の社員を抱える20億ドル規模の企業へと成長していました。最も洗練された創造物、マッキントッシュを1年前にまさに世に送り出したところで、私は30歳になったところでした。その時に、私は解雇されたのです。自分が始めた会社から、どうやって解雇されるというのでしょう? それはですね、アップル社の成長に伴って、私は、共に会社を運営する才能を持つと見込んだ人物を雇いました。最初の1年ぐらいはうまくいきました。でも将来の展望に相違が見られるようになり、最終的には、亀裂が生じました。その時に、取締役会は彼のほうを支持したのです。それで、30歳で私は追い出されました。しかも、公に追い出されたのです。私が大人になってからの人生全てを賭けて取り組んでいたものを失ったのですから、壊滅的でした。

数か月の間は、何をしていいか全く分かりませんでした。私は、これまでの起業家たちを失望させたと感じていました。渡されたバトンを、自分が落としたのだと。デイビッド・パッカードやボブ・ノイスに会って、こんなふうにめちゃめちゃにしてしまったことをお詫びしようとしたりもしました。誰もに失敗者として知られた私は、シリコンバレーから逃げ出そうとすら考えました。しかし、何かがゆっくりと、私の中で分かり始めました。私はまだ、自分のしていたことを好きだったのです。アップル社での展開の後でも、その思いは少しも変っていませんでした。拒絶されたけれども、それでもまだ好きだったのです。そして私はもう一度始めることに決めました。

その時には分かっていませんでいしたが、アップル社を首になったことは、私の人生で最もよい出来事だったのです。成功し続けることの重圧が、もう一度最初から手探りで始める身軽さに替わったのです。私は解放され、人生の中で最も創造性にあふれた時期を送ることができました。

その後5年間に、私は、ネクスト社という会社を作り、ピクサー社という会社を作り、後に私の妻となる驚くほど素晴らしい女性と恋に落ちました。ピクサー社は、世界初のCGアニメーション作品、トイ・ストーリーを手掛け、今では世界で最も成功したアニメーション・スタジオとなりました。驚くべき展開で、アップル社がネクスト社を買収することで私はアップル社に戻り、ネクスト社で私たちが作り上げた技術は、現在のアップル社復興の核となっています。ロレーヌと私は、素晴らしい家庭を築いています。

これらの全ては、もし私がアップル社を首になっていなかったら、起こっていなかっただろうと私は強く思っています。薬の味はひどいものでしたが、患者にはそれが必要だったのでしょう。人生は時々、頭をレンガで殴るようなことが起こります。信念を失ってはいけない。私は、私を前に進めるたった1つのことは、今やっていることを好きになることだと確信しています。あなたの好きなことを見つけなくてはいけません。仕事でも、恋人でも、同じことです。仕事の時間は人生の多くを占めることになります。真の満足を得るたった1つの方法は、良い仕事だと自分で信じられる仕事をすることです。良い仕事をするたった1つの方法は、自分のしていることを好きになることです。もしそれがまだ見つかっていないなら、探し続けてください。そこで収まってはいけない。心が求める全ての物事同様、出会った時には分かるものなのです。そして、よい関係というのがそうであるように、年を重ねるごとにどんどんよくなるばかりなのです。だから、見つけるまで探し続けてください。そこで収まってはいけない。

3つめの話は、死についてです。

17歳の時、次のような引用文を読みました。「もし、これが最後の日だと思って1日1日を過ごすなら、いつか必ずその通りになる日が来るだろう」。この言葉は印象深く、それ以来33年の間、私は毎朝、鏡を見てこう問いかけています。「もし今日が人生最後の日だったら、今日やろうとしていることをしたいと思うか?」と。そして何日も続けて答えがNoであれば、何かを変える必要があると分かるのです。

自分はすぐに死ぬのだと常に知っていることは、人生において大きな決断をする際に助けとなるツールとして、これまでに手にした最も重要なものです。ほとんど全てのもの、例えば、あらゆる外部の評価、あらゆるプライド、恥をかくことや失敗することへのあらゆる恐れ、こうしたものは死の前にあってはどこかに消えてしまいます。残るのは、本当に重要なものだけです。自分はいつか死ぬという意識は、自分は何かを失ってしまうという誤った考えの罠を抜ける、知る限り最良の方法です。あなたは既に裸なのです。心に従うことを拒む理由はありません。

約1年前、私は癌と診断されました。朝の7時半にスキャンを受け、すい臓に明らかに腫瘍があることが示されました。それまで私は、すい臓が何なのかも知らずにいました。医師が私に、この腫瘍は治療不可能な型であることがほぼ確実です、余命は最高で3か月から6か月と思ってくださいと告げました。医師は私に、家に戻り、身辺整理をすることを勧めました。つまり、死ぬ準備をしなさいという医師の暗号です。つまりそれは、子どもたちに、今後10年間で言おうと思っていた全てのことを、数か月で言おうとすることです。それは、全てをきっちり確実に整えて、家族にとってできる限り簡単に事が運ぶようにしてあげることです。それは、さよならを言うということです。

その診断を聞いてまる1日を過ごし、その夜遅く、生検が行われました。内視鏡を喉から胃、腸へと入れていき、すい臓に針を刺して腫瘍から数個の細胞を採りました。私は沈静状態でしたが、そばにいた私の妻によると、医師は採取された細胞を顕微鏡で見て、叫び始めたそうです。なぜなら、それが大変稀な種類のすい臓癌であり、その種類は手術で治療可能だったからです。私は手術を受け、今は元気です。

これが、私が死に最も近づいた経験です。今後数十年間、これ以上死に近づくことがないよう祈っています。このことを乗り越えた今、死というものを役立てながらもそれがただの知的な概念でしかなかった頃よりも、もう少し強い確信を持ってこれを言うことができます。

死にたい人などいません。天国に行きたいと思う人でも、そのために死にたいとは思いません。しかしながら、死は私たち皆が抱える運命です。そこから逃れた者はいません。また、そうあるべきなのです。なぜなら、死こそが、生の唯一にして最良の発明であると考えられるからです。それは、生による主体の変革なのです。新しいものに道を作るべく、古いものを取り除くことなのです。今の瞬間、新しいものというのは、あなた方です。でもいつか、そう遠くないうちに、あなたは次第に古いものとなって、取り除かれる。こんな劇的な話になってしまって申し訳ないけれど、これが本当のところなのです。

時間には限りがある。だから、他の誰かの人生を生きてその時間を食いつぶしてはならない。決まりきった定説の罠に嵌ってはいけない。それは、他の人の考えた結果と共に生きていることなのです。他者の意見という雑音に、自分の内なる声をかき消されてはいけない。そしていちばん重要なのは、自分の心、自分の直感に従う勇気を持つことです。どうしたことか、あなたの心や直感は、あなたが本当になりたいものを既に知っています。それ以外のものは、全て二次的なことです。

私が若い頃、The Whole Earth Catalogという名の驚くべき出版物がありました。この本は私たちの世代の人間のバイブルの1つでした。この本は、スチュワート・ブランドといいう人物により、ここからそう遠くないメンロパークで作られ、彼の詩的な文体によって形づくられていました。それは1960年代後半で、パソコンやコンピュータによる出版作業が登場する前のことですから、全てタイプライターとハサミ、ポラロイドカメラだけで作られています。その本は、Googleが登場する35年前にして、Googleのペーパーバック版といった感じのものでした。理想主義的で、端正なツールや優れた考えの洪水でした。

スチュワートと彼のチームによるThe Whole Earth Catalogは、数回号を重ね、その後ひととおりやり終えたところで最終号を出しました。それは1970年代半ばのことで、その時私はあなたと同じ年でした。最終号の背表紙には、早朝の田舎道の写真がありました。冒険好きな人ならヒッチハイクをしていて出会いそうな道です。その下に言葉が書かれています。「Stay Hungry. Stay Foolish.(ハングリーであれ。愚かであれ。)」それが彼らの別れのメッセージでした。Stay Hungry. Stay Foolish. そして私はいつも自分自身そうでありたいと願っています。今、卒業して新しい一歩を始めるにあたって、私はあなたもそうであってほしいと願っています。

Stay Hungry. Stay Foolish.

ありがとうございました。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

食い漁れ!お菓子バトン!



なーんかニオウと思ったら、バトンが回ってきてたのね! むふふ!

(1)お気に入りのお菓子

お気に入りのお菓子といったら、それはもう、「ポテトチップス・ハニーBBQ味」ということになってしまいますなあ。ポテチは、ソルト&ビネガーは2番目に好きなんだけど、それでも今まで買った数でいったら、ハニーBBQがダントツぶっちぎりの1位と思われます。(このポテチに関する私の熱い思いは、以前の記事ご参照のこと。)


(2)土地のお菓子

我が土地のお菓子といったら、「川越銘菓・くらづくり最中」なわけだが(とかいって、私の家は別に川越じゃないんですが・・・)、私の中でじいちゃんといえば思い出す、信玄餅。これもかなり好き。

アメリカの土地のお菓子といったら・・・ロリポップかな?
ロリポップとは、棒つきキャンデーのことです。疲れきった帰り道、カバンにしのばせておいたロリポップを取り出し狂ったようになめると、少しほっとするという技を、この冬身につけた私。思い出深いよ。


(3)なつかしいお菓子

んー、いろいろあるなあ!
でもなぜか今ぱっと思いついたのは、工藤静香が宣伝してた(違ったかなあ???)板チョコで、ミルフィーユ味とか、チーズケーキ味とか、中に何か入ってるやつ。今でこそ、そんな板チョコは珍しくもなんともないけど、その工藤静香のチョコは、テレビの宣伝で見てすごく食べたくなって買ったのを覚えている。
あとは、お菓子といえばおばあちゃんがたくさん買って私たちにくれるものというイメージ。黒棒、あゆの形の堅焼きせんべい(これもきっと、土地のお菓子だ! あの絶妙な堅さ加減が、かーなーりおいしい!)、あと麦ふぁーとか! 他には・・・何だろう、いっぱいあったのに、いつももらってたのに、思い出せない。見たら、「ああーーー!! これなつかしいーー!!」ってなるのにな。


やばい、もういっこ、かなりなつかしいお菓子を思い出してしまった。

さくら大根。私の大好物。小学生だか中学生だかの頃、チャリンコで30分ぐらいかけて友だちとプールに出かけて、帰りにプールの向かいにある駄菓子屋さんでお菓子買うんだけど、私、いっつもさくら大根! 大根の切り口によって大きさが微妙に違うから、大きい時はうれしかったなあー!

うぎゃああああーーーー、さくら大根、食べたい!!!!!
どうしよ、こんな異国の地で!!!!!


・・・うわ。
うわああああーーー、ちょっとどうしよう、もういっこ、やっばいのを思い出してしまった。

ビックリマンチョコ。ビックリマンチョコ!!!
何を隠そう、復刻版が出た時に、バイト先の人たちとカード集めにはまって、童心に返って毎日買っていた。童心はいいがお金は子どもの時よりは格段に持っている上、4人で力を合わせて集めているので、ほぼ全制覇というところまで行ってしまった。(そこからが難しいんだけどね。)ちなみにまだ私の家にあるはず。あれって高く売れたりしないのかなあ?
既に持ってるカードを引かないために、そして悪魔と天使を見分けるために、私は温度法を用いる。ビックリマンチョコひとつひとつに手をあてて、「なんかあったかい気がする」とか「これは冷たいから悪魔だね」と選別していくのだ。
的中率? ま、当たったり外れたりですわ。
ビックリマンチョコは、カードが楽しいだけじゃなくて、ちゃんとおいしいから好きだ。でも、バイト仲間は途中からチョコの味には飽きて、全部私に回ってきていたので、1日に3個とか食べてた日も。


(4)うまい棒の味

うわ、難しい! なんか全然頭が働かず、「なっとう味」しか思い出せん・・・!!
ちょいと検索かけてきます。

・・・ふむふむ! そうだそうだ! なるほどー!
では改めまして、ざっと解説まいります。

なっとう味や、定番のサラミ味は、なかなかおいしい。コーンポタージュ味、チーズ味もいいよ。
たこ焼き味はなあ・・・比較的後から出た味のような気がするんだけど、私的にはこれはイマイチなの。とんかつソース味も、たまに食べたくなる時はあるんだけどね。
ひとつだけ、絶対食べたはずなのに味が思い出せないのがある。めんたい味って、どんなのだったかなあ・・・???

うまい棒ってさ、ぱふってかじりつくと、四方の壁があの穴に向かって崩れてくところが、たまらなくおいしいよね!

(5)まわす・・・人いないから! いつものことですが、やりたい人カモン!

*画像協力*
1ばんめ・今日、カスピくんを婿入りさせたら、お礼にとこんなすてきなものをもらってしまいました! 「山親爺」、北海道のお菓子なんだって。へえー! ありがとうございます~。
2ばんめ・「山親爺」の字体はりりしいのに、なんだか妙にキュートな包みだなあと思いつつ、ふと側面を見ると、「!!!」・・・なんか、熊が魚を背負って歩いてるんですが?! こ、これは一体???
3ばんめ・包み紙を取ると、木の幹をイメージしたようなシンプルな模様の箱。それを開けると、小さな紙片がたくさん。「山親爺を愛す 作家・船山肇」に始まり、堀口大學の詩、中村汀女のことば、そして画像の「YamaOyaji(Bears in the Mountains)」。
4ばんめ・ことばがあったら読まずにはいられない私、やっと全ての紙片をどけると、中に何やら小さな黒いものが。異物混入が? いや違う、これは・・・熊だ!! 熊が入ってた!! 一体なんなの、このお菓子?! これは、ふつーのみやげモノじゃない!
5ばんめ・はあ、はあ、はあ・・・。やっとお菓子までたどり着いた。おせんべいの表面にも熊の絵が亡霊みたいに書かれています。さすがはみんなが愛する「山親爺」、確かに軽すぎず、重すぎず、シンプルなのに味わい深い。
・・・しかし、このセンスのよさ、すごいね北海道!!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

ポリメラくる

日曜日だったのですが。
寒さに凍えているうちに過ぎていきました。
なんたってNY! 冬が突然心を変えて、戻ってきていたのです。
しかも、暖房つきません、我が家。とはいえ壊れているわけではなく、いちど初夏の陽気にまでなったので、大抵の大家さんはもう暖房を止めてしまったらしい。
まあ、大家さんを責められないよ、だって誰が想像するかね、もう4月も終わりにさしかかろうかという時期になって、突然気温が10度を切るだなんて!!
土曜日に突然がくんと気温が下がって冷たい雨が降り、日曜の午後まで断続的に降っていたのだけれど、やっと空も気が済んだらしく、夕方には晴れ間も見えました。気温も少しは戻ったかな。
風邪を引かないようにしなくては。

ところで、100人の方に私について聞いてみました!
(ネタ提供者:MAGU-MAGUさん 毎度ありがとうございます~!)

◎100人に聞きました。「ズバリ、あすかまるさんといえば?」

 ポリープを取った …61人
 ほくろ …28人
 面白い …10人
 テクニシャン …1人

>えっ、ポリープ取ったの私?! いつの間に???

◎100人に聞きました。「あすかまるさんは誰に似てる?」

 遠藤久美子 …35人
 YUKI …30人
 大桃美代子 …19人
 羽野晶子 …14人
 菅野美穂 …2人


>やばい、これ、結構喜んでいいとこじゃない? かわいい系揃い?
 でも、大桃美代子って誰? 有名な人?
 あとさ、 羽野晶子って、誰? 羽野晶紀じゃなくて?

◎100人に聞きました。「最後に、あすかまるさんに一言!」

 例の件よろしく …36人
 絶対許さない …31人
 日本の現状をどう思ってるのか …16人
 愛してます …16人
 知ってますよ …1人

>私を許さない人、私を愛する人、悲喜こもごも。(少し違うな・・・)
 最後の、「知ってますよ」の方へ! あんた詐欺の人ね! 私はだまされませんよ! で、一体何を知っているのかね・・・?

自分も調査してほしい!という方は、あなたについて100人に聞きました!へGO!
(ちなみに画像は100人に聞きましたとは全く関係なく、NY市立図書館のライオンの横顔とおしり。)

もういっちょ、擬態語占い
(ネタ提供者:UGさん これまた毎度お世話になっております!)
あなたにピッタリな擬態語は…
--------- 8<------------- 8<---------

【メラメラ】です

一見おとなしい人だと思われがちなあなたですが、実は、心の奥底に激しい情熱を秘めています。
どんな困難にも最後には打ち勝つ粘り強さと、慎重さを持っているでしょう。
引っ込み思案で人見知りが激しいあなたですが、自分と気の合う人に対してだけは心を開きます。


●相性のいいタイプ●
 【どかーん】 【ふんわり】


おおっ! なんかすっごくうれしいぞ! 好きですメラメラ!


そいで、最後になりましたが、この下の記事の企画にのっかって、書き込みをしてくれた皆様、初めての方も、おなじみの方も、本当にありがとうございます。本気で感激して、くるくる回っておりました。
だって! 見てください! 目標の370には惜しくも届いていないとはいえ、ここここここコメント数、さささささんじゅうきゅう、だって!! ひえええーーーー!! くるくるくる・・・
とはいえ、39のうち半分プラスいくつかは、私の返答&皆様へのさらなる問いかけなんだけどさ!

初めての方、これをきっかけにまた何かあったら書いてくれてもいいし、また私がさびしくなって同様の強制企画を行う日まで、ただ黙って見に来てくれてもかまいません! 来てくれるだけで、本当にうれしいんです! マイペース過ぎる日記ですが、これからもどうぞよろしくお願いします。
それから、「毎日来てます」宣言してくれた方々! ありがたすぎます!!! こんなとこに、毎日来てはいけません!

そして、まだ書き込んでない方、気が向いたら、コメントを39よりさらに伸ばしていただければ、わたくし、回転しすぎて足から火花が出ます。この企画へのコメントは、生涯にわたって受け付けております。

えー、せっかく皆様があたたかいことばをかけてくれたにもかかわらず、きちんとした日記も書かず占いなどに興じている私で、ごめんなさーい! もう寝ちゃおうっと! おやすみなさい!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

あなたはだあれ?



なんだか最近、すごいのです。
なにがって、アクセス数。
いつからだったかなあ、1週間前ぐらいかなあ。アクセス数が1日300超の日が続いていたのです。
それまでの私のページは、平均アクセス数150ぐらい。こまめに記事を書けばぐんぐん上がって、200超だとかなりうれしい。記事を書かずに放置してるとじりじり下がって、100を切る日も出たりして、みんなに見放されるのが怖くて記事を書く。
そんなかんじだったのです。私のページ。
それが、突然の連日300!! うれしくも、不思議に思っていたのです。

そして、今日なんて! 「昨日のアクセス数:402件」・・・すごい!! っていうか、すごすぎて、こわい!!!
そこで。あすかまるさん、いいこと考えました。
名づけて! 「400件突破記念・マニュアル訪問者リスト」でございます!


これは何かというと、皆様のご協力が必要不可欠な企画です。
Doblogの機能として、「訪問者リスト」というのがありまして、Doblogやってる人同士だと、足跡が残ります。が、これはログインしていないと有効ではないし、Doblog以外の人を知ることはできません。
ですから!
この記事読んだ人は、お願いですから、お願いですから、ただひとこと、名前だけでもコメント欄に残していってください。
初めての方も、おなじみの方も、こっそりのぞいてた方も、ただの通りすがりの方も、全員!!


どこ経由で来てくれたのかとか書いてもらえればさらにありがたいですし、HPやブログがあればアドレスを書いてくれればもちろん見に行きますし、もしも私宛のコメントがあれば書いてくれたら、そりゃあもう、うひょーーーーってかんじなんですが、そんなのは本当に、なくても結構なんです。
ただただ純粋に、一体誰が来てくれたおかげで、アクセス数がこんなにのびちゃったのかが、知りたいだけなんです。

あ、でも本当は、もうひとつ理由がある!


ずばり申し上げまして、コメントがなくて、さみしいんです・・・。アクセス数は増えてるのに、コメントは減っているなんて! こわい!
コメント無=つまんない→来なくなる→遊園地のフライングパイレーツのように、上がった分だけ急降下~・・・こわい!!
いえ、いいんです。別に、おもしろいとか無理に言わせようとしてるんじゃないんです。それに、私自身も、忙しさにかまけて他の人のおうちに全然コメント残してないし。チェックする時間はほぼ毎日作ってるんだけど、コメントは体力・気力がある時でないとだめなのよね。だから分かるのです、他の人の気持ちも!
まして私のブログといったら、さぞやコメント書きづらいだろうとお察しします。だって、文章長いし!

・・・といってる間にも、こんなちょっとした企画を説明するだけで、こんなに長くなってしまいました。はあ。

ともかく。
願わくば! コメント欄に、370ぐらいの名前がずらずらずら~っと並んでほしい!


えーでは最後に、今回の記事を隣で彩ってくれた、YoCrunchを軽くご説明いたします。これはヨーグルトなんですが、カスピ海ヨーグルトを育て、カスピくん一筋のはずの私が、唯一、たまーに浮気しちゃうのが、このYoCrunchのイチゴ味なのです!(内緒よ!)

1枚目・YoCrunchはこのように、上部に歯ごたえのある何かしらが乗せられています。これは味によって、シリアルだったり、オレオだったり(この画像右)、ドライりんごチップだったりします。イチゴ味についてくるのは、王道のチョコクランチです。
2枚目・上部だけ外すとこんなかんじ。
3枚目・注ぎ入れます。
4枚目・混ぜる前。
5枚目・混ぜたあと。イチゴのヨーグルトは、カスピくんにイチゴジャムを入れたのとは全く異なり、すっぱさとかは一切なく、甘いのみ。でも、さすがにヨーグルトだから、甘すぎることはない。それがチョコクランチと一体化した、やさしいイチゴチョコ味がたまらないのです! 皆様もぜひお試しあれ!

・・・あれ、この記事の最初と主旨が全く違う終わり方になった!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・