ベーグルの穴から見えた日記

揺れ動く心

ゆらーり、ゆらーり・・・、ゆらーり・・・・・・・

bloggif_59c82f6499a62.gif

ここんとこ、まさにこんな心境!! 
じろじろと眺めまわして、行くぞ!と決意して、でも手を出しかけてやめてみたり・・・。
楽しくなくはないんだけど、さて、こんな日々が一体どれだけ続くのかしら・・・!

あっ、ところでこのおもちゃは、前回の日記でまるぴんのお尻を彩っていた、例のプレゼントの飾りですー。
まるぴんが、モーレツにかじりまくって、だんだん崩壊寸前ですが・・・!

ひとたび噛んだら、こんなかんじ。

IMG_3675a.jpg

私がおもちゃを取り上げようとするので、耳が、耳がモーレツに嫌がっています! 
これぞというものをつかまえたら、この勢いとしつこさが大事なのね、きっと。

やはり、猫に学ぶことは多いです・・・!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

夏の終わり、どころじゃない

さて9月になってしまいました。
実りある8月でしたが、相変わらず、夏らしいことはほとんどせずに終わりました。

そしてまた、ここのところニューヨークはめっきり冷え込んでいます・・・。
家の中で、震えながらもめんどくさくって夏のパジャマでがんばっていたんだけど(ばかですね)、すごく寒くて鼻水が止まらなくなったので、慌てて長ズボンはいて、まるぴん色の冬用ニットのカーディガンを羽織りました。靴下も必須!

まるぴんも、夜は必ず私の布団にもぐりこんできます。季節の変わり目に体調を崩しがちなまるぴんは、むっつり丸くなって、あんまり動かないことで体力温存しているようです・・・。

また暑い日や寒い日があるんでしょうが、ひとまずすっかり、夏は終わりのようです。
夏好きの友達と8月の終わりごろに話していて、私が「夏、終わっちゃったねー」と言ったら、「Noooooooo-------!!!」と言ってたけど。

実は、9月最初の月曜はレイバーデイで祝日、米国は3連休となっております。
しかしながら、この土日は、いろいろ大いにどたばたしておりました。いろいろすごいことが起こる年のようです、2017年。
あわただしさの証拠に、前回日記を書いたかき氷の日以来、まるぴんの写真が1枚もない!

まあ、もう何年も一緒に暮らしていて、まるぴんはいつもだいたいまるぴんですから、写真が少なくなってくるのは無理ないのかもしれませんが・・・。
(そして、かき氷の写真は、見ているだけでぶるっと震えてしまいました・・・!! とはいえ昨日は夜食にアイスクリームを食べましたが、それはそれということで・・・。)

まるぴんは、自分が人間の話題の中心にいないようだ、人間の眼中に自分が入っていないようだと察すると、不満そうによく鳴いてみたりします。相変わらず、にゃーにゃーではなく、ぺきぇ!とかぴやー!みたいな、若干変な音ですが!

はあー、明日少しはゆっくりできるといいけど・・・!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

昨日見た夢の話

今朝見た夢の話なんですが。

まるぴんとふたり、おばあちゃんちに出かけるのです。
イメージとしては、オズの魔法使いのドロシーが、犬のトトを連れて歩いてるかんじ?

途中でまるぴんが、工事中の大きな穴に落ちちゃったりして。

(下はイメージ動画。犬がまるぴんで、猫があすかまるです。ややこしいですが!)


私はおろおろと心配していましたが、この動画の中の猫ちゃんのように勇ましく助けに行ったりはできず、まるぴんは、気づいたら元気よく戻ってきてたので、きっと一人で頑張って登ったのでしょう。(シーンが変わった、ともいいますが・・・)

今回の夢は、私の夢にしてはめずらしく、終始穏やかで明るい雰囲気。
私の夢って、深刻だったり、困ってたり、もがいてたり逃げてたり、何かと暗めです。がんばって調教して、昔よりはずいぶんよくなりましたが、昔は、夢といえば悪夢、のほうが多かったなあー。

で、そうそう、私とまるぴんは、おばあちゃんちに着くのです。
本当のおばあちゃんちとは、家までの道のりも間取りも全然違うけど、そこにはおばあちゃんと、おじいちゃんがいて、それからうちのお父さんとお母さんも来ていて、おばあちゃんちなのです。

ただ問題がひとつだけあって、おばあちゃんちには、将という名前の犬がいるのです。本物のしょうくんは、ヨークシャーテリアか何かの小型犬ですが、夢の中ではなぜか、もう少し大きくて、ミニチュアシュナウザーみたいになってました。
(ドラマ「マルモのおきて」に出てきた、犬のムックですねー。なつかしいっ!)

それをいうならまるぴんも、夢の中では、今の大人のまるぴんのサイズではなく、子猫というほどではないけど一回り小さくて、ちょうどまるぴんが6年前に我が家に来たころのサイズになってました。
そりゃあね、主人公(あすかまる)だって、いいお歳のはずなのに、「イメージはドロシーです」、ですからね・・・。そのあたりはね、作者の自由ですわ。

しょうくんとまるぴん、うまくお友達になれるのかしらと、ちょっと心配してたんですが、しょうくんは全然吠えたりせず、まるぴんを受け入れてくれました。まるぴんも、マイペースでリラックス。ああよかった!

で、その後しばらくして夢はおもむろに終わり、ベッドの上で目覚めて、ぼんやりと、「しょうくんだなんて懐かしいなあ・・・」と思いにふける。
おばあちゃんは、しょうくんを溺愛していて、おじいちゃんを差し置いて、相思相愛・一心同体って感じだったんだけど、しょうくんはもう何年も前に亡くなったんです。
そしておばあちゃんも、2014年の終わりに、亡くなりました。

それなのに、なんだかすごく、当たり前みたいな夢だったなあ!

もうすぐお盆ですからね。もちろん、亡くなった人の心は、生まれ育った場所や最後を暮らした家に里帰りするのだろうけど、おばあちゃんは私のことも、ほんの少しは考えてくれたに違いない。
だから来たのに違いない。死んでしまったら、肉体からは解放されて、その意味においては、本当に自由なのだろう。

おばあちゃんとは、特に何もこれという会話もしないまま夢は終わったけど、起きてから考えてるうち、

「うわ、いま、おばあちゃんと、しょうくんと、まるぴんと私が、みんなで会うことができたんだ・・・・」

ということに思い当たり、それ、すごいなあと。すごく、特別なことが起こったんだなあと、思いました。

私、このおばあちゃんからは、かなり多めに遺伝子を引き継いでいるという自覚があります。

そういえばおばあちゃん、昔っから、朝に実家に突然電話がかかってきては、「おい、あすか! おめえ気を付けろよ! おれの夢見が悪かったんだから!」(はい、おばあちゃんは、少々べらんめえ調です)と、まくしたてたものです。
そういう日に何か悪いことが起こったという試しはないので、いつも、「はーい気を付けるよー」と、笑って済ませてたけど。

夢とか気にするほうなのです、おばあちゃんも。夢占い、みたいなことには、そんなに興味はないんだけどね。
脳の中で睡眠中にプロセスされている、起きている間に起こったいろんなことと共に、これまでに亡くなった人たちの想いが混ざり合って私に何かを見せているんだろう、ということは、あり得ると思ってます。特に、お盆みたいな時期には。

muffinandme144958.jpg

こっちがなかなか一時帰国もせずに無精をしているものだから、しびれを切らして、はるばるニューヨークまで来てくれたのでしょう。
それとも、私が飼っている猫がどんなもんか、しょうくんと二人で、確認に来たのかなあ
ニューヨークで猫飼ってるんだよー、って言ったときも、いろいろあって心配してたもんね。「おめえばか、猫なんか飼って!」って。

もしそうだったら、まるで自分たちみたいな私とまるぴんの様子を見て、きっと安心してくれたことでしょう!
おばあちゃん、ありがとね!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

そうめんの話、他1本

2017-06-11102110.jpg

いよいよNYも、暑くなってまいりました・・・・!!

そんな季節にぴったりの、「私が最近いちばんショックだったこと」をお話ししましょうか。

会社のランチ時間に、同僚(アメリカ人)の大好物が、そうめんだということが判明したのです。日本語と英語を使う私の会社にいるアメリカ人は、みんな日本に何かしらゆかりがあるので、それ自体は、まったく驚くことではないのです。
日本人のお友達がいつも作ってくれた思い出の一品なのだそう。

「大きなガラスの器に、氷を浮かべてさー・・・・」
と懐かしそうに語っていたので、私も言ったんです。

「ねー、そのお友達は、みかんを浮かべてた? 缶詰のみかんを浮かべるのが、日本の伝統的な食べ方なんだよ」

その瞬間、そのテーブルにいた全員が、日本人もアメリカ人も国境を越えて、私のほうを向いて固まったのです。

「・・・・・何それー、聞いたことない!!」という人あり、「噂には聞いたことあるけど、ちょっとないわあ・・・」という人あり、しかしながら、私の意見に賛同する人はひとりもおらず、私は驚いて、Googleに尋ねてみたのです。

そうしたら、出るわ出るわ、「そうめんにみかん置く人たまにいるが、あれは何なのか」「彩りのためだけに乗せるのやめて、そうめんにみかんとかキモイ」などの、苦情の数々!!

つまり・・・・・
缶詰のみかんを浮かべたそうめんは、伝統的な食べ方ではなかったのです・・・・・・!!!
がーん、がーーん、があああーーーーん!!!

しかし、みかんとそうめんとめんつゆの組み合わせは、とてもおいしいのです!! 彩りのためなどではないのです!! いや、お母さんは彩りのために乗せたのかもしれないけど、私にとってはもー全然違うのです!!
その証拠に、わたしが家でそうめんを食べる時は、必ず最後のひと口のために、みかんをめんつゆの中に残しておいて、最後のひとすすりのそうめんの時に、みかんも口に入れて、この3点セットでフィニッシュしていました。

そうよ、あれこそまさに、あまじょっぱい組み合わせ。
今の私を作ったのは、そうめんの上のみかんだと言っても、過言ではない!!

と、熱く語りましたが、ほんとうに知らなかったのです。Googleで見たかんじ、酢豚のパイナップルよりも、ずっと認知度が低い感じでした・・・・。おいしいのになあ!

ところで今週は、ちょっとしたパーティーに参加して、まるぴんへのおみやげにと、風船を我が家に持って帰って来たのです。

2017-06-05232046.jpg

さあー、まるぴんを探せ!

まるぴんは、ぶらぶら揺れる3つの風船を見るやいなや、この調子で、全然出てこなくなってしまいました・・・。
ま、ビビりのまるぴんだから、予想はついたけどね。

仕方なく1日目の夜は、風船を荷物の後ろに隠してあげました。そうしないと、猫が一晩中、隠れたままになりそうだったので!

2日目になると、風船も勢いがなくなったので、風船を重りから切り離す。そうだ、この風船で、まるぴんを釣ってみよう!
まるぴんは、このビニールのヒモを、しゃくしゃくとかじるのが大好きなのです。

おあつらえ向きにバスタブの中で涼んでいるまるぴんに、風船部分は見えないように、ヒモだけを垂らしてみると。

2017-06-06180350.jpg

すぐ釣れた!!

2017-06-06180423.jpg

しゃくしゃくしゃくしゃく・・・・、と熱中して噛んでいる間に、風船は引っ張られていき・・・・・

2017-06-06180427-1.jpg

入った!!!!! ひるむまるぴん!!!!!
その後どうなるかなー、走って逃げちゃうかなー、と思っていたのですが。

2017-06-06180544.jpg

まるぴん「そんなには、怖くないかも」

若干腰は引けてますが、ヒモを噛みたい気持ちのほうが勝ったみたいで、風船とお友達になれましたーー。
その後も、風船を弾ませると、ちょっとびくついてますが、しゃくしゃく気分の時には、自分から近づいて行ってます。

しゃくしゃくしゃくしゃく・・・・・

2017-06-06181101.jpg

お、やってるやってる!!!
わざわざ風船を持って帰った甲斐がありましたー!

しかし、風船が3つも床に転がってて、なんだか遊園地みたいな我が家です・・・!!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

時間切れ!

2017-04-29213815.jpg

ZZZZ・・・

先週末は、遠出して遊びほうけていたものですから、今週末はあれこれやっていて、あっという間に過ぎていきました。
もう日曜の夜中の12時半・・・つまり、月曜日! 寝ないと!!!

というわけで、また来週、改めまして失礼しまーす。おやすみなさい!!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・