ベーグルの穴から見えた日記

魔女になるための方法

パソコンつけっぱなしでちょいと買い物に出かけて、帰ってくると、まるぴんこと猫のマフィンがパソコンの前でおすまししてた。
画面を見ると、Googleで調べ物をしてたらしい!!



ee3kkkkkkkkkkkkkkkkkkk@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@-.P:{i/,\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
に一致する情報は見つかりませんでした。

検索のヒント:
キーワードに誤字・脱字がないか確認します。
別のキーワードを試してみます。
もっと一般的なキーワードに変えてみます。



さすがのGoogleも、猫語には未対応のようでした。まるぴん、何を調べようとしてたのかしら・・・。

で、今日の本題は、まるぴんとは全然別の話なんですが。

先日、夜のミュージカル鑑賞の前に、夜ゴハンを食べにふらりと立ち寄ったのは、今や品川と丸の内にもお店があるという、Oyster Bar & Restaurant
普通にお高いレストランなわけですが、それはあくまでも、ダイニングルームで食べたらの話。
今回、友達のススメで、初めてカウンター席を試してみたのです!

063_20111114111809.jpg

こんなかんじ。
カウンターに座っても同じメニューが出てくるんだけど、テーブルに着いてしっかり食べるのと違って、気軽に好きなものだけ食べて、帰れるのが、よいところ!

065_20111114111809.jpg

カウンターでも、ちゃんとパンは出してくれる。
そうそう、ここのパン、というか、クラッカーとスコーンなんだけど、どちらもすっごいおいしいんだよね~。前回このお店に来たのはもう何年も前のことだけど、このパンのことは、よく覚えてる。というか、ずーっと変わってないのね、すごいなあ!

今回は、女子2人で、カキフライと、

071_20111114111809.jpg

クリームドスピナッチ、

072_20111114111809.jpg

そして、ニシンのマリネ、マスタードディルドレッシング。

074_20111114111809.jpg

今回は、ミュージカル鑑賞前ということで、おなかいっぱいになっちゃだめ(満腹で寝てしまっては大変)、生ガキもだめ(おなかを壊したりして途中を見逃しては大変)、お酒もだめ(酔って寝てしまっては大変)、・・・と、いろいろな制約があったわけですが、このオーダーは大成功でした。

周囲を見回すと、生ガキだけぺろぺろっと食べて出て行く人がすごく多かった。そうね、もうカキの季節になったもんね! 次回は是非やる!! 生ガキぺろぺろ食べといえば、ニューオーリンズの立ち食いオイスターバーを思い出すなあ。
あとは、クラムチャウダーだけ飲みに来てる人もいた。後は、海のものをちょこちょこつまみにして、どんどんビール飲んでる人とか。
つまり、使い方はほんとに自由、ということです! 1人でも全然OKだしね!

で、ミュージカルは何を観たかと言うと、「Wicked」なのです!
2003年10月に公開され、ついこの前、8周年を迎えたというWicked。
ああもう何年もの間観たい観たいと言っていた、しかしながら、言ってるだけで実際にはチケットの高さに辟易し実現には至らなかった、そんなWickedでしたが、今回とうとう、まあまあ安い席を数カ月前からおさえておいて、やっとこさ観ることができたのです~~~!!

075_20111114121107.jpg

そしてそれは、文句なしに、私が今までに観たミュージカルの第1位となりました。ああ観てよかった。ニューヨークに住んでいながら、これを観ずにいて、後からこんな素晴らしいものだったと知ったら、あたし泣いてたよ。

お話は、「オズの魔法使い」の裏話で、オズの国にドロシーが落ちてくるよりも前のオズの世界が舞台。
「オズの魔法使い」に出てくる西の悪い魔女エルファバが、どうやって悪い魔女に、そして、良い魔女のグリンダがどうやって良い魔女になっていったのかが描かれていく。

ストーリー、音楽、舞台装置、衣装、全て素晴らしかったけど、何よりも主役の2人がそれぞれに魅力的で、最初の瞬間からすっかり引き込まれてしまいました。おいおい泣きすぎて、次の日の朝は、まだ若干目が腫れてて、会社の人がびっくりしてました。
いやー、興奮したなあ! 素晴らしいミュージカルを観ると、興奮しちゃうよ。

多分、また観に行く。数か月後に観に行けるように、今からチケットをおさえなくては。むふふ。
皆様も、ニューヨークに来たら、ぜひ!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

備忘録・・・ミュージカルナイト(家で)

今回借りてきたのは、「The Music Man」と「Mamma Mia!」、そして「Hairspray」の3本。

何か予感がして、Mamma Mia!を残り2本の間に挟んで、大正解でした。いや、だって、最初と最後が好きな作品だと、うれしいので・・・。
Mamma Mia!は、ミュージカルにこだわらず、映画として作ったほうがよかったのではないかと・・・あーー、まあいいや、イマイチだった映画の話をしてもしょうがないし!

The Music Manをどうやって知ったかというと、ついこの前のパーティ。私が歌っているバーバーショップの仲間男女(おじさまおばさま)の集まりでみんなでしゃべってた時に、「Music Manが・・・」「これはMusic Manで」と、みんなが盛り上がっていた。
大人数で何かよく分からない話で盛り上がってる時は、私はたいてい、だまってニコニコしてる。だって、ペースが速すぎてついていけないし、相当どうでもいい話の時も多いので。(すっごいまじめに議論してると思って、一生懸命聞いてたら、ただのテレビ番組の話だったりしてー・・・。)
でも、この日の話は歌にもよく関係あることのようだったので、話の切れ目を見計らって、「ねえ、Music Manって何?」と聞いてみた。そしたら、みんながぴたりと話をやめ、しばしじっと私を見た。そして、1人がとうとう口を開いて、「あすかは、Music Manを知らないらしい。」と言った。

聞けば、すばらしい曲のいっぱい入った、昔の(とか言ったらおじさまおばさまに怒られるかもだけど~、でも60年代ですよもちろん)ミュージカルだそうで。ぜひ観なさいと言われたので、さっそく観たというわけです。
有名なミュージカル映画をもっとどんどん見なくてはと思っている。オススメがあったらいろいろ教えてください。図書館で借りて見ます。でも、Hairsprayは、DVD欲しいかも・・・!!

さーて、これで3連休も終わりです。明日の朝のテーマソングはもちろん、「Good Morning, Baltimore」ならぬ「Good Morning, New York~」です!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

9 to 5!!!

というわけで。3連休も半分を過ぎてしまいました。

日曜はなぜか、家事をしっかりやる日となっておりまして、あれやこれやをしっかり済ませました。
今日はポストに郵便物を出しに一瞬外に出ただけで、後は1日ひきこもり~。

今日は、昼間に松田優作主演の「陽炎座」を観て、これもすごくよかったんだけど、夜に観た「9 to 5」に、やられてしまった。

邦題は「9時から5時まで」というこの映画、大企業で働く女性3人のコメディです。1980年の映画。古い! なのに、古くない!
ブロードウェイのミュージカルになってたなあと思って、図書館で借りてみたんです。(はい、公演はもう終わってしまいました、半年前に・・・。)
出演者の奇跡のようなコンビネーションで、素晴らしい映画だったーーー・・・!! かわいくて、おもしろくって、すかっとする!!
返す前に、もういっかい観よう。

ブロードウェイでミュージカル化された時には、この女性3人のうちグラマーなかわいこちゃんを演じ、主題歌も歌っていた、Dolly Partonというカントリー歌手の人が音楽を手掛けたそうです。Whitney Houstonがカバーしたあの有名な「I will always love you」を作った人だそうです。(超有名事実なのかもしれませんが、わたし、なーんにも知らなかったので、自分への備忘録として書いております・・・。)
そんなこんなで彼女のウェブサイトに行ってみたんだけど、なんか風貌が1980年からあんまり変わってなくてびっくりしたー。整形でしっかり美貌を保っているとのこと(by Wikipedia)。

そして、この見事な脚本を書いたColin Higginsは、エイズで若くして亡くなったとのこと・・・残念です。
しかし、この映画は私のお気に入り映画の1つとなりました。

おっと、また夜更かし。
連休もいつかは終わりが来る。明日が終わったら私もまた、9時から5時の女に変身しなきゃいけませんからねー。
では皆様、おやすみなさい!!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・