ベーグルの穴から見えた日記

歌に込めた想い

この週末は、申し訳ないぐらいに、ありがたいぐらいに、歌にまみれた週末となりました。

土曜日は、「カーネギー日米合唱祭~福島から世界へ~」という、その名の通りカーネギーホールで行われたコンサートへ。

実は・・・、私がこのコンサートに行こうと思った最初のきっかけは、それが福島のイベントだったからではなく、今回のコンサートで米国代表コーラスとして招待されたバーバーショップと呼ばれるジャンルのアカペラを歌う、Harmony Celebration Chorusを見るためでした。
そういうわけなので、バーバーショップのお友達数名(つまりみんなアメリカ人)と一緒に出かけました。

日本人の合唱団については、私はまあ日本人だから楽しめるだろうけど、一体アメリカ人の友達は日本の歌をたんまり聞かされたら、どんな反応をするのかしら・・・と、内心ドキドキしていました。

でも。
そんなくだらない心配は打ち消されて、歌というもののすごさを思い知る日になりました!

プログラムは、第1部では、NY在住の日本人クワイヤの歌と、そこに日本語学校のかわいい子供たちの合唱団が加わって、第2部では、オーケストラと歌の競演、そして、第3部でバーバーショップ・ステージ、そしてハイライトの第4部が、福島からこの日のためにやって来た、福島県の「県おかあさん合唱連盟」の140名によるステージでした。

福島のお母さんたちの歌、とても心に響いたなあ・・・。福島の人たちが、家族を失ったり、家を失ったり、当たり前の日常を失ったりしながらも、いつか故郷を取り戻すという希望を持っていることを、世界に伝えたいという、切々とした想いが歌声から伝わってきました。

歌の合間には、福島の人たちが、震災の後に作ったという俳句を紹介したり。
この俳句についても、始まる前は、「アメリカ人のお客さんもたくさんいるのに、俳句を紹介だなんて、どんなことになるのかしら・・・???」と思っていたけど、しっかりした構成で、英語と日本語で俳句を紹介しながら、俳句と歌を溶け込ませていました。
俳句の、たった5・7・5のことばが持つ強さも、なんだか初めて思い知ったような気がする。

そして、「うつくしま復興大使」なる、中学生の女の子と、高校生の女の子と、そして大人のおじさん(・・・すみません。なんて言ったらいいの、成人男性?)が、ステージでそれぞれ短いスピーチをしたのも、とてもすばらしかった。中学生と高校生の子も、紙を見ながら英語で一生懸命スピーチした。

「お母さんが地元でボランティアをしているのを見て、自分も福島のために何かしたいと思いました!」みたいなことを、はつらつとした声で元気に読み上げた。
全員、しっかり、福島の希望をお客さんに届けていた。

2年前の3月11日、ニューヨークにいて、日本が大変な状況にあるのを見ながら、何もできず、普通に生活してるしかなかった、あの時のひどくもやもやした感じを、久しぶりに思い出した。
日本の中でも、例えば東京と東北でも、その距離感はあったとよく聞く。当事者と、当事者じゃない人。
そして、私には寄付ぐらいしか結局できないまま、今でも当事者の人たちの日常は戻っていないけど、私は普通に暮らしてる。今回来た方の中にも、今でも仮設住宅に住んでいる人もいるとのこと。

私のあの時のもやもやの気持ちは、心にずっと残っている。簡単に言っちゃえば、罪悪感なんだろう。

そんな私に、罪悪感とか抱えちゃってもやもやしちゃってる私に、その当事者である福島から来た人たちが、神々しいまでの希望を、これでもかと見せつける。

歌を聴きながら、私は何度となく、涙した。
歌って、なんだか自然に、涙を流させる。別に泣ける歌詞だからとかではなくて。福島の希望に圧倒されて。
そして多分、この涙は、いい涙だと思う。

「うつくしま復興大使」の皆さんのスピーチでも、泣いた。

そして終わった後に、私のアメリカ人の友達が一様に、「すごくよいステージだった!!」といって興奮していたのが、またうれしかった。
福島のお母さんの歌の力で、その希望のメッセージは、アメリカ人にもしっかり伝わってる。


この公演のことは、福島民報ほか、日本の全国紙のウェブニュースでもたくさん取り上げられてるみたいです。

地元でもあるし、長めに取り上げているので、福島民報のリンクを上につけました。
ただ1点、文中に、

===
最後に、米国側から参加した女性合唱グループと「アベ・マリア」を合唱すると、客席から米国人らの総立ちの拍手が鳴り響いた。
===

とありますが、これ、私としては絶対、事実をここに書いておきたい!!

観客が総立ちになったのは、「アベ・マリア」の後ではなくて、「前」です!

この日の全ての合唱の参加者がステージに上がって、サウンド・オブ・ミュージックの「Climb Every Mountain(すべての山に登れ)」を歌った後に、観客は総立ちになりました。

サウンド・オブ・ミュージックにはすてきな歌がたくさんあるけど、今まで私は、Climb Every Mountainがとりたてて好きということはなかった。
でも、いい歌だなあ。
シンプルな歌詞が、福島の人たちが世界に届けようとしている希望とぴたりと合致していて、その歌を、日本人もアメリカ人も入り混じって、みんなでひとつになって力強く合唱したから、見ている人の心を打ったのだと思う。

Climb every mountain
Search high and low
Follow every byway
Every path you know

Climb every mountain
Ford every stream
Follow every rainbow
Till you find your dream

A dream that will need
All the love you can give
Everyday of your life
For as long as you live

Climb every mountain
Ford every stream
Follow every rainbow
Till you find your dream


あ、そして日曜は、自分がコーラスのみんなと一緒に歌う機会があった。(はい、バーバーショップです!)

私たち、別にプロでもなんでもないけど、言っちゃあなんですが、このエリアでは結構人気がありまして、あちこち呼ばれて歌ったりする。

私たちが力いっぱい楽しんで歌うと、みんなの顔がほころぶ。

音楽って、技術がどうこうとかじゃなくて、やっている人が音を楽しむ(つまり、音・楽!)こと、そして、それを見てる人が楽しんでくれることが大事なんだよなーと思う。
(もちろん、あんまり下手なら誰も聞きたくないわけで、お客さんをぬかりなく喜ばせるために、日々の技術の向上が必要不可欠なわけですが。)

音楽の、いちばん大事な部分を見過ごしたら、スタンディングオベーションはもらえないよ、というのが、私の今週末の結論。

コーラスのリハーサルの時には、私がバーバーショップにおいて尊敬する憧れの人が、ピアノを演奏するところを初めて見た。(私たちはアカペラで歌うのでピアノは特に要らないんだけど、たまたまリハーサル室にピアノがあったのです。)
その人の性格そのままの、やんちゃな音色で、音を奏でることが楽しくてしょうがないというような弾き方だった。ちなみに70代中盤の女性ですが、この人はとても「おばあさん」とは呼べないのです。

そんなのも、ちょっとしたことなんだけど、「そうだ、私もこういうふうに音楽と向き合おう」と再確認させてくれたのだ。

ああ、いい週末だったなあ・・・。

さあ現実。
また1週間、がんばります!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

かっこいい普通の人、おまけで忍者

ニューヨークは、日曜日から夏時間が終了しました。つまり今日は、1日が25時間!
んまー、なんてお得~・・・と思いきや、なんかもう結構眠くなってきたのにまだ夜の10時半って、いやんなっちゃう。(つまり、カラダは11時半だと思っているのです。)

で、余った1時間を使って、ブログまで書いちゃってると、まあ、こういう顛末です。

今日は、すてきな音楽を聴きに行って、充実の1日でした。
私が趣味でやっている、バーバーショップというジャンルのアカペラ合唱のショーを見てきたのです。

合唱は、日本でも放映されてるというドラマ「Glee」の影響でどーんと盛り上がり、最近はアカペラのグループがすごさを競い合う勝ち抜きテレビ番組ができたりして、若干ブームになっている気配があるんだけど、バーバーショップは、その中でも歴史が古い分、地味で渋めのイメージが多分あって、若い人にとってはマイナーだったりもして、結果して年齢層が高く、おじさまおばさまや、おじいちゃまおばあちゃまが、たくさん歌ってます。
(私たちの所属してるのはSweet Adelines Internationalという女声バーバーショップの団体ですが、バーバーショップは元々は男声合唱だったので、男の人のグループもたくさんあります。)

年をとっても歌を歌い続けてるっていうだけでももちろん素晴らしいんだけど、アカペラで歌ってちゃんと聴ける質の高さを保って、さらに、ステージの上のそのほとばしる情熱で、見ている若い人をも素直に「Wow!!」と言わせてしまう、それができてるところが、本当にかっこいいのです。

しかも、別にプロの歌手とかではなくて、主婦だったり、働いてたり、昔働いてたり、つまりそこらにいる女の人が、趣味で集まってるんだから、本当にすごい。
そんなかっこいい「普通のおばちゃん」「普通のおばあちゃん」「普通の若い女の子(はい、若い子もいますよ、ちゃんと!)」たちからたくさんのパワーをもらって、「うれしいなったらうれしいな、うれしいなったらうれしいな!」と、帰路に就いたのでした。

で、それとは無関係なんですが、歌の話だけじゃなんなので、うちのマフィンちゃんの最近のお写真をば・・・。
題して、「Muffin The Ninja」!

しゃしゃしゃしゃしゃーーーー、すたっ! しゃしゃしゃしゃしゃーーーー、すたっ! 

となっているまるぴんを、お楽しみください。

MuffinTheNinja.gif

あ、そうだ、月曜に無事終了したハロウィンでは、Trick or Treatの子供が忍者の仮装をしたりしてたようですから、ハロウィンにちなんで、っていうことにしよう、そうだ、そうしよう! ちなみに我が家では、ハロウィンにちなんで、かぼちゃプリンを作りましたよ~。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

いってきまーす!!

すみません、2週に渡り、放置してしまいました・・・。いろいろ、ばたばたっとしておりまして。

楽しいこともいろいろあって、たとえば、我が家の近くのチャイナタウン、フラッシングに出かけて、小さな食べ物やさんがひしめく、中国なんじゃないかと思っちゃうようなディープな場所に入り込んで、四川料理を出すお店で相席になった中国人のおじさんたちにすっかり気に入られ、麻婆豆腐を一口味見させてもらった事件とか、いろいろ面白ネタはあったんですけど、そんなネタも、しばらく寝かせたら、今は昔状態になってしまいました・・・。

そんなばたばたの集大成で、明日(木曜)の夜から、しばらく旅に出ます。行く先はフィラデルフィア。
でも、旅行じゃないんです。・・・あー、こんな話、去年もしましたね。

実は、歌の大会があるんです。楽しんでまいります! 縁起をかついで、今日はカツカレーを食べました!
私の出番は、米国東海岸時間、23日(金)午後5時39分ですので、うっかりそんな時間にこの記事を読んだりした方は、ぜひわたくしたちのために、ほんの一瞬、念を送ってあげてくださいませ。
えーと、日本時間だと・・・げげ、土曜日の朝6時39分!! 週末にそんな早起きしてこの日記を読む人は、ちょっといそうにありませんね・・・。もしそんな奇特な方がいらしたら、ぜひコメント残していってくださいね。

えー、日曜には帰ってまいりますが、こちらに登場するのは、来週末になるかもしれません。皆様それまで、ごきげんよう!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

音楽の街で音楽を聴く

いやはや。帰ってまいりました。テネシー州ナッシュビルに行っておりました。

059_20091026025004.jpg

Nashvilleといえば、Music City of USAと言われ、ことにカントリーミュージックで有名なようですが、今回の私の旅のメインは、カントリーではなく、バーバーショップ。
私の歌っている団体の年に1度の世界大会が、アメリカ、あるいはカナダの各所であって、今年はナッシュビルだったのです。
せっかくお金かけて行くのに何かを見逃す手はないので、火曜から土曜まで、どっぷり浸かってまいりました。

観光も少し。
060.jpg

Opryland Hotelという、何やらゴージャスなホテルは、南国チックなすばらしい巨大庭園がひとつならず、3つだか4つだかあって、その周りをホテルの部屋から取り囲んでいる。バルコニーに出れば、庭を見下ろせるわけです。

064_20091026025004.jpg

058.jpg

067_20091026025952.jpg

ボートやら、滝やら、草花やらで、不思議な世界に迷い込んだかのようでした。
私たちは、こことは別の、ダウンタウンのホテルに泊まっていたので、ここにはただ見学に行っただけなんだけど、泊っているらしき人たちが、庭を突っ切ろうとして道が分からなくてうろうろさまよっていたのをよく見かけた。広い上に庭が入り組んでて、泊まるには大変そう!

そして、帰りのタクシーを拾おうとしたら、なぜか、たまたま私たちの目の前で空車になった、白いリムジンに乗ることに! あの、やけに長くって、中にはミラーボールやらついてる車です! ・・・乗ってみると、どうってことなかったんですけどね。

079.jpg
(これは、ホテルからコンベンションセンターの道のりで見つけた、自転車置き場。チェーンを巻きつけるためのホルダーが、ト音記号になってる!)

あとは、ナッシュビル・スタイルのバーベキューを食べたり、夜に音楽を聴きに街に出たり、おみやげやさんをひやかすのもおもしろく。あ、南部でよく食べられているらしい、フライドピクルスというのを試してみたら、すごくおいしかった!
085.jpg
夕方に撮ったのでまだ明るいけど、この通りの両側の店のここそこで、ライブ演奏が行われているのです。外からのぞいて、音楽が気に入ったら1杯飲みに入って音楽を聴いて。(居心地がよければ、そのままビールを3本飲んだりして。)
バーバーショップの音楽に明け暮れてしまうかと思ったら、ナッシュビルらしい音楽も聴けたので、それもよかった。

あ、さらにうれしいことには、イベント中にもスペシャルゲストとして、Kathy Mattea(キャシー・マティア)という多分有名なカントリーのシンガーのステージも見ることができました!(カントリー音楽ファンの方が気を悪くしたらすみません・・・!!) 彼女のことは全く知らないけど、すっごくよいステージだった!

そして、会場(Sommet Center)内の様子。
092.jpg

バーバーショップのことをここで熱く語っても私にしか面白くないと思うのでそれは控えますが、とにかく、この会場が満員になるほどの数の人が、バーバーショップを歌いに、あるいは聴きに来ているのです! アメリカ、カナダだけじゃなく、ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランドからも来てるんです。しかもパフォーマーは地域予選を勝ち上がったグループだから、みんな、もう、すごいんです。

さらには、会場の外に出ても、たとえばレストランのテーブルのあちこちから、バーバーショップに関する会話が聞こえてくるという夢のような事態に!(スケジュールがタイトだから、みんな同じ時間に一斉にご飯を食べに行きますからね。)
そしてみんな、とってもフレンドリーで、見知らぬ人ともすぐに会話が始まっちゃうのです。

そんなわけで、日曜の朝早くの便でNYに帰ってきました。んー、明日からはまた仕事です! 休みまくった分、がんばるぞ!
そして、来年の世界大会は、ワシントン州シアトルかあ・・・。行きたいなあー・・・!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

祈り

今日は、私のアカペラ合唱グループのメンバーで、80歳の誕生日を迎えたおばあちゃんが、自ら企画した誕生日パーティに参加。

146a.jpg
(ケーキ入刀の図。)

親戚とかつての会社の同僚の他は、私たち歌のメンバーで占められて、レストランの一室を借りきっての会。数名の男性が来ているほかは、みんな女性。女だらけのパーティ。
そしてね、メンバーのひとりが誕生日プレゼントとして、なんと、す、す、ストリッパーを呼んだのです!!
もちろんバースデイガール(80)には、秘密で! なんとまあ、愛すべき人たちよ。きゃあきゃあ、ぴゅーぴゅーとおおはしゃぎのガールズを見てて、つくづく思いました。女って強いわー。

バースデイガールのおばあちゃん、うちのおばあちゃんに似てるのです。
国籍も違うし、似てるなんてへんな気もするんだけど、でも威勢のいい様子とかが、そこはかとなく・・・。
そんな彼女、10年以上前に癌を克服したサバイバーなのですが、また最近肺に癌をかかえている。その話を聞いた時は、何と言っていいかわからず、「でも・・・、きっとすぐにまたよくなるよ」と言ったら、「あたりまえでしょーが!」と、勢いよく返されてしまった。強い。

こっちの人って、誰かの家族が病気だとか聞くと、「教会で祈る時にその人のことも一緒に祈るから、名前を教えて」と言ったりする。ちゃんと名指しで祈るわけだ。そういうのを聞いてるうちに、私も、宗教はもたないけれど、眠る時に、いろんなことをどこかの神様に祈るようになった。(瞬速でぐうぐう眠っちゃう時は別ですが。)

神様なんていない、お祈りなんて意味がない、祈っても何も叶わない、としか思えない時期もあるかもしれないけど、夢見る今の私は、祈りが何かになるんじゃないかって信じてる。ひとりひとりの祈りが、100万分の1ずつの力になって、その集まりが人を支えてるんじゃないかとか、そんなふうに思ってしまう。

まずは自分の家族の平和と安全を大雑把に祈り、あとは私が応援したいと感じる近くや遠くの友達のことを思い出して、1人ずつ、大雑把に祈る。
・・・すみません、本気ではあるけれど、あくまで大雑把なんです。だって、私の近くの友達といえばほぼ一緒に歌ってるメンバーで占められるのだけど、彼女たちは皆、元気といっても年も上で、病気がちだったりするので、お祈りリストは結構長いのだ。

なんでこんなことを急に書いたのだっけ・・・、あ、そうそう、バースデイガール。
治療の副作用や身体へのダメージで一時はかなり元気がなかった彼女だけど、今日はとってもしゃんとしてて、とっても美しくって、相変わらずのやんちゃっぷりで、すごくうれしかった! ストリッパーのかっこいい彼に、「あなた今夜は何してるの」って聞いたけど、やんわりと断られたらしい。(!!!)
80歳の彼女が、あと50年生きる可能性は極めて低いことは分かっているけど、(彼女なら130歳まで行けそうな気もしてしまうけど!)ずっと明るく楽しく毎日を過ごして、ずっと一緒に歌っていてほしいと切に願っているのです。だから祈っているのです。

さて、今日ははしゃいだので、明日の日曜日は家でのんびりします。この後2週間、アフターファイブがやばいことになってるんです! 充電充電!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・