ベーグルの穴から見えた日記

昨日見た夢の話

今朝見た夢の話なんですが。

まるぴんとふたり、おばあちゃんちに出かけるのです。
イメージとしては、オズの魔法使いのドロシーが、犬のトトを連れて歩いてるかんじ?

途中でまるぴんが、工事中の大きな穴に落ちちゃったりして。

(下はイメージ動画。犬がまるぴんで、猫があすかまるです。ややこしいですが!)


私はおろおろと心配していましたが、この動画の中の猫ちゃんのように勇ましく助けに行ったりはできず、まるぴんは、気づいたら元気よく戻ってきてたので、きっと一人で頑張って登ったのでしょう。(シーンが変わった、ともいいますが・・・)

今回の夢は、私の夢にしてはめずらしく、終始穏やかで明るい雰囲気。
私の夢って、深刻だったり、困ってたり、もがいてたり逃げてたり、何かと暗めです。がんばって調教して、昔よりはずいぶんよくなりましたが、昔は、夢といえば悪夢、のほうが多かったなあー。

で、そうそう、私とまるぴんは、おばあちゃんちに着くのです。
本当のおばあちゃんちとは、家までの道のりも間取りも全然違うけど、そこにはおばあちゃんと、おじいちゃんがいて、それからうちのお父さんとお母さんも来ていて、おばあちゃんちなのです。

ただ問題がひとつだけあって、おばあちゃんちには、将という名前の犬がいるのです。本物のしょうくんは、ヨークシャーテリアか何かの小型犬ですが、夢の中ではなぜか、もう少し大きくて、ミニチュアシュナウザーみたいになってました。
(ドラマ「マルモのおきて」に出てきた、犬のムックですねー。なつかしいっ!)

それをいうならまるぴんも、夢の中では、今の大人のまるぴんのサイズではなく、子猫というほどではないけど一回り小さくて、ちょうどまるぴんが6年前に我が家に来たころのサイズになってました。
そりゃあね、主人公(あすかまる)だって、いいお歳のはずなのに、「イメージはドロシーです」、ですからね・・・。そのあたりはね、作者の自由ですわ。

しょうくんとまるぴん、うまくお友達になれるのかしらと、ちょっと心配してたんですが、しょうくんは全然吠えたりせず、まるぴんを受け入れてくれました。まるぴんも、マイペースでリラックス。ああよかった!

で、その後しばらくして夢はおもむろに終わり、ベッドの上で目覚めて、ぼんやりと、「しょうくんだなんて懐かしいなあ・・・」と思いにふける。
おばあちゃんは、しょうくんを溺愛していて、おじいちゃんを差し置いて、相思相愛・一心同体って感じだったんだけど、しょうくんはもう何年も前に亡くなったんです。
そしておばあちゃんも、2014年の終わりに、亡くなりました。

それなのに、なんだかすごく、当たり前みたいな夢だったなあ!

もうすぐお盆ですからね。もちろん、亡くなった人の心は、生まれ育った場所や最後を暮らした家に里帰りするのだろうけど、おばあちゃんは私のことも、ほんの少しは考えてくれたに違いない。
だから来たのに違いない。死んでしまったら、肉体からは解放されて、その意味においては、本当に自由なのだろう。

おばあちゃんとは、特に何もこれという会話もしないまま夢は終わったけど、起きてから考えてるうち、

「うわ、いま、おばあちゃんと、しょうくんと、まるぴんと私が、みんなで会うことができたんだ・・・・」

ということに思い当たり、それ、すごいなあと。すごく、特別なことが起こったんだなあと、思いました。

私、このおばあちゃんからは、かなり多めに遺伝子を引き継いでいるという自覚があります。

そういえばおばあちゃん、昔っから、朝に実家に突然電話がかかってきては、「おい、あすか! おめえ気を付けろよ! おれの夢見が悪かったんだから!」(はい、おばあちゃんは、少々べらんめえ調です)と、まくしたてたものです。
そういう日に何か悪いことが起こったという試しはないので、いつも、「はーい気を付けるよー」と、笑って済ませてたけど。

夢とか気にするほうなのです、おばあちゃんも。夢占い、みたいなことには、そんなに興味はないんだけどね。
脳の中で睡眠中にプロセスされている、起きている間に起こったいろんなことと共に、これまでに亡くなった人たちの想いが混ざり合って私に何かを見せているんだろう、ということは、あり得ると思ってます。特に、お盆みたいな時期には。

muffinandme144958.jpg

こっちがなかなか一時帰国もせずに無精をしているものだから、しびれを切らして、はるばるニューヨークまで来てくれたのでしょう。
それとも、私が飼っている猫がどんなもんか、しょうくんと二人で、確認に来たのかなあ
ニューヨークで猫飼ってるんだよー、って言ったときも、いろいろあって心配してたもんね。「おめえばか、猫なんか飼って!」って。

もしそうだったら、まるで自分たちみたいな私とまるぴんの様子を見て、きっと安心してくれたことでしょう!
おばあちゃん、ありがとね!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

オーマイガー完了!

オーマイガーーーーー

な、1週間が、無事に終わりました。やれやれです。よく遊びました。
来週はもう少し、ゆるゆると進む予定です。

さて、上の写真を撮るために、まるぴんに

「ねえねえ、オーマイガーって感じの写真をブログに載せたいんだけど、ちょっと演じてみて」

と言ったところで、まるぴんが演じられるわけもありません。

種明かしをすると、これは、あくびをしているところを激写した1枚です。
猫があくびを始めると、つい激写しまくってしまいます。というわけで、今日のまるぴんは、GIFアニメで。

IMG_20170730_193029-ANIMATION.gif

(注:このあくびと、上で加工して使った写真のあくびは、別のあくびです。というか、1日に何度も何度もあくびをするのに、そのたびに写真をばちばちと撮りまくっているんだから、猫の写真でストレージがいっぱいになるのも無理はないですね・・・!)

ニューヨークは、ぜんぜん暑くない1週間でした。
まるぴんなんて、この数日は、夜になると私の布団に入ってきます。はい、つまり人間も、布団をかぶって寝ています。
まあまだこれから8月ですから、これから暑い日もあるだろうなと思いつつも、この過ごしやすさはありがたい! 日本は暑い(もしくは熱い)のでしょうか・・・・ニューヨークの風を、送ってあげたい!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

どうしようどうしよう!

職場での大仕事が無事に終わり、こころから心安らかな週末を過ごしておりますーーー。

ああどうしよう、これから先しばらくは、楽しいことばっかりが待っている!!! どうしようどうしよう!!!

そういえば全然関係ありませんが、先日の食料品買い物中、おっ見慣れないポテトチップスが99セント…と思って自然と手を伸ばしたんですが、ポテトじゃなくって、キノアチップスだったのです。

キノアって、キヌアともいうらしいですが、まあ雑穀ですね。健康志向な響きがあります。
ふむ・・・と思ったのですが、物は試しというわけで、買ってみました。チェダーチーズ味。おいしそう。

で、それを今日食べてみたんですが、おいしかったんです。おいしかったんです、が、なんかこう・・・、中毒性が全くない。なんか、さらさらしてる。味はおいしいんだけど・・・。

そして、やっぱり日曜のスナック菓子に私が求めているものは、あの安さ、あのジャンク性なのよねー、と再確認した・・・という、ええ、どーでもいい話なんですけど、自分へのメモとしてね。

安さといっても、キノアチップスだって99セントだったんだから、安さといっても安いという意味じゃないのよねー。

ちなみに、99セントのコーンパフはポテチと同じぐらい愛していて、これはもう、時と気分によって食べたいものが変わるのみです。

スナック菓子を使って私のココロを手玉に取ろうと目論んでいる方は、ぜひ参考になさってくださいね!

さて、友人たちから、夏祭りだ盆踊りだと、日本の夏らしい素敵な話を次々と聞いたので、こちらも負けじと、まるぴんを踊らせることにしました。

IMG_3091-ANIMATION.gif

わん、つ、すりー、わん、つ、すりー・・・。ワルツですな。

もうあっという間に8月になっちゃいますね。7月は、月初の独立記念日の連休はよかったけど、そのあとはなんとなく過ぎて行ってしまった感があります。
8月には、少しは夏っぽいイベントもしなくっちゃなー! あーんどうしよう、ますます楽しいことばっかりになっちゃう!!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

まるぴんの夏の事件簿

IMGmuffin.jpg


日ごろは大きな事件もなく、穏やかに平和に暮らしている我が家ですが、この1週間は、突然にまるぴんに試練が立て続けに襲い掛かったのです。

というわけで、今週のまるぴん事件簿。

①3分間トラウマ事件

ある晩、私が家のドアを開けて中に入ると、大体いつも、とことことお出迎えに来てくれるはずのまるぴんが、いない。
帰ってきたのにも気づかないほど眠りこけているのかなと思ったけど、めぼしい休憩スペースにも、いない。
まあでも、猫って不思議なもんで、「この狭い家のいったいどこに隠れているの?!」と思うんだけど、どーーーーーしても見つからないとか、そんなこともまあ、たまーにあります。

でもそれにしたって、人間さまが帰ってきたのに、お出迎えもないなんてひどい、と思ったので、

「まるぴん、出てきてくれないなんて、失礼じゃん!!」と叫んだら、

「にゃーー」

って声がしたのです。小さく。
声がしたとおぼしき方向を見やると、白い壁があるのみ・・・。あれっ、今のは猫の声みたいに聞こえたけど、どこかの赤ちゃんの声かなんかだったかな・・・?

と思うと、

「にゃーーーー!!」

と、またしても壁の向こうから声が!

この壁の向こうにあるのは、マンションの踊り場です・・・・・・まさか・・・・

ドアを開けた途端、しっぽがラグビーボールのように膨らんだまるぴんが、矢の勢いで、部屋に飛び込んでいきました・・・。

全然気づかなかったんだけど、玄関のドアを開けて私が入って閉めるまでの間に、さっと出て行っちゃってたようです。

実はまるぴん、ずいぶん昔にいちどだけ、もっと本格的な締め出し事件に遭ってます。
まるぴんが、すーっと出たことに気づかないまま、カギ閉めて出かけちゃったのです・・・!!!

そのときは、我がマンションのひとつ上の階に住んでいる動物好きのおばさまが、うちのドアの前で狂ったように鳴くまるぴんを見つけ、我が家のドアベルを鳴らすも誰も出ず、まるぴんを自室に連れ帰り、ふだん近所の野良猫にあげている缶詰などをまるぴんにふるまいつつ、首輪についている電話番号に留守電を入れたり、我が家のドアにメモをはったりしてくれていたのです。

ただでさえビビリで、よそのお宅を突然訪れてエンジョイすることなどできない性格のまるぴんにとって、さらなる試練だったのは、そのお宅にはでっかい犬が3匹もいること・・・。
おばさまは、まるぴんを特別ルーム(=バスルーム)にかくまってくれたのですが、まるぴんは、缶詰にもろくに口をつけられず、バスルームのいちばん奥、トイレの裏で小さくなってたそうです・・・・
その間、5時間か6時間・・・・。まるぴんは心臓が縮む思いだったことでしょう。

上の階のおばさまには、後から心ばかりの御礼をしました。
偶然によい人が見つけてくれたからよかったものの、一歩間違えば、どうなっていたかわかりません。気を付けないと・・・

と思っていたのに、またやってしまいました。
今回は3分、いや2分ぐらいで気づいたからよかったですが、この間、まるぴんの脳裏に、あの日の恐ろしい体験がまざまざとよみがえっていた、かもしれません。ごめんよー。

ちなみにまるぴんは、緊急時のみ、毅然とした声で、「にゃー!」と鳴きます。鳴けるんじゃーーん!

IMG_3008.jpg

(やればできる子、まるぴん。)

②ビーフ味事件

私が朝起きて、いちばんにするお仕事は、まるぴんの朝ごはん。
我が家の猫は、朝晩1日の缶詰タイムがあり、ほかに小腹がすいた時はいつでも食べられるよう、カリカリと水が用意してあります。

まるぴんは、1回に食べる量が多くないので、1つの缶詰を何回かに分けてあげているのですが、この日はちょうど、前の缶詰が終わったところでした。

まるぴんは、なんとこの8月から7歳になります。(嗚呼!!)
次回に通販でまとめ買いする時にはもうシニア用(7歳~)の缶詰を買おうと思っているところでして、今はその間つなぎに近所のペット用品店で、いくつか見繕って買ってきた缶詰のひとつ、ビーフ味という目新しいやつを開けてみたのです。

早くごはんほしいよーとばかりに、私の足の周りをぐるぐるしていたまるぴんでしたが、お皿を出されると、

ぴたりと静止して、お皿を見つめて、それから私を見つめたのです。

「これは、なんですか?」

という顔で。

ええっ、と思って、「まるぴん、ごはんだよ」と、指ですくって鼻先に近づけてあげても、「・・・えっ、これを、どうしろと???」と、混乱している様子。

どうやら、ビーフ味を、自分のごはんと認識できていないようなのです・・・!!! がーーーーん!!!

でも確かにまるぴん、人間がごはんを食べている時も、鶏肉のにおいには目がないですが、牛肉にはまったく反応しません。
それに、ふつうに考えたら、猫が牛食べるって、サイズ的に自然界ではありえないもんね・・・。

しかししかーし! 我が家では、缶詰を食べずに捨てるなど、愚の骨頂! なんとしても、食べていただかなくては!!

ということで、お馴染みのターキー味の缶詰をかぱっと開けて、半々に混ぜてみる。ほれ食え!

まるぴんは怪訝そうにニオイを嗅いだ後・・・・・・、おっ、食べてる食べてる!!

というわけで、ターキー味で慣らして、数日のうちには、ビーフ味だけでも食べてくれるようになり、事なきを得ました・・・。

しかし、「うちの猫は、ひとつの味だとすぐに飽きちゃって、食べなくなるんですうー」という、グルメな猫ちゃんの話は聞いたことがあるけど、まるぴんは、どんな味の缶詰でも変わらずにばくばくと元気よく食べるなー、と常々思っていましたが、ビーフ味で、とんだ落とし穴でした・・・!

年を取って好みがうるさくなってきた、っていうことでもあるのかしら・・・。

IMG_30507102017.jpg

でもこうやって見ていると、年を取ったなんて思えない、いつまで経っても子猫のような、きょとんとした顔のまるぴんです。

意味もなく途中にかわいい今週のまるぴん画像を挟みながらの、事件報告でしたー。

IMG_muffiin2.jpg

そしてこれは、ウォータースライダーを滑り降りているような、緊張感に満ちた格好のように見えるかもしれませんが、猫の夏ベッドの上で最高級におくつろぎ中、の図です・・・!

来週は、まるぴん関連事件のない平和な1週間になるといいね、まるぴん!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

お菓子かじって、過去に思いを馳せる

今週は、月・火曜日がお休みだったせいで、会社に行ったのはそのあとの3日間のみ。
しかし、会社は会社でいろいろと忙しいので、金曜にはやっぱりそれなりに、「あああーーー週末!!」という気分になりました。

そしてこの週末は、先週の4連休とはうってかわって、家の掃除と洗濯以外は、だらだらとひきこもる、それはそれですばらしい2日間でした。ああー、旅行や歌のイベントなどで、あちこち遊びまわるのも楽しいけど、こういう時間が取れるって、いちばん贅沢でありがたい! 特に私のような、インドア派(またの名を出不精)には!

2017-07-08174100.jpg

(だらだらうっとりの現場を押さえられた猫の図。まるぴんの口の黒い縁取りは、じっと見ていると、紅をさしているようにも見えて、ちょっとお間抜け。(黒い紅ですが)

そしてもうひとつ、よいところは、ニューヨークのこの週末の気候!! 涼しい!!
家でだらだら過ごすにも、家の中が暑いのでは苦しいですが、この週末は、かなり過ごしやすいかんじでした。

寒がりの者(猫など)なんて、下手したら暖かいものにくるまりたい、ぐらいの!

2017-07-08230511.jpg

暑苦しいといけないと思い、意味もなく寒々しくしてみました。(暇か)
猫も、暑い日には床にぺったり伸びてますので、こんなふうに丸くなれるということは、幸せなんでしょう!

今、日曜の朝のおめざに、ひょんなことからいただいた、日本のお菓子を食べてるんですが。
このお菓子、ものすごくおいしい!!!!!

一見、なんてことのないゴーフレットなんだけど・・・・

2017-07-09105509.jpg

食感が、ちょっと、というか、全然、ちがう!!! ものすごく新しくて、なんだかクセになる・・・!

箱をよく読むと、実はこれ、片面のみ、ゴーフレットの代わりに、薄焼きクッキーを使ってるんだって!
逆に、それだけで、こんなに違った食感になることがオドロキ・・・! すごい!!
クッキアという名前のこのお菓子の公式ページを見ると、期間限定でパイナップルやマンゴー味も出てるんだとか!! 食べたいーー!!!)

赤い帽子ブランドのお菓子、ほかにもいただいたのですが、ちょっとしたクッキーのひとつひとつにも、はっとするおいしさがあり、すっかり感心しちゃいました。これは、お菓子を愛する人が作っていそうな味だわー。
お菓子屋さんなんだからそりゃそうだ、と思いそうになるところですが、会社としてモノゴトを大きくしていくと、それがそうでもないということは、この世にすごく多いと思うのです。

大学生の時、びっくりしたもんなあ・・・。
人々が就職先を選ぶ理由が、「お菓子が好きだからお菓子メーカーに行く」という種類のことでないことに。しかもこの前までは、一緒に好きなことをやっていた、バカバカしいことに一心に打ち込んでいたあの人やこの人が、時が来ると突然、「お遊びの時間はもう終わりさ」とばかりに変貌するのだから。

それが、それが立派な大人になるってことなのかしら、と、大人になれなかった私は思ったものでした。
(そして、大人になり損ねたまま時は過ぎ・・・。)

そんなわけで、ニューヨーク全然関係ないんですが、赤い帽子のファンになったので、ここに記しておきます。(わたし、すぐに忘れるんで。)

そして明日からはまた5日勤務・・・。この日が来るのはわかってたんだけど、連休のあとって、これが辛いのよねー!
私が今勤めている会社だって、お菓子が好きだからお菓子メーカーに行った種類のことでは全くなかったんだけど、お菓子に関わりお菓子のことをもっと知るにつれ、生まれついてのお菓子好きとはまた違った感じでお菓子のことを愛するようになったりもするものなんだよね。(お菓子は単なる例ですが!)

そんなふうにして、自分の仕事を好きになれれば、もちろんそれも、あるいはそれこそが、幸せなんだよね、きっと。
週5日勤務で文句言ってる場合じゃありませんね! がんばりまーす!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事